スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。重症ニキビ(膿疱性ざそう)の治療 ロアキュテインの内服×3ヶ月 20才代後半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、治療が難しい膿疱性のニキビ治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20才代後半の男性の方です。
これまで、抗生剤の内服・外用治療・漢方治療・ケミカルピーリング・レーザー治療等ありとあらゆる治療を受けて来られた方です。

抗生剤の内服中は、少し改善効果があったのですが、止めるとすぐ大きな膿疱が再発してくると訴えておられました。

そこで、当院では、イソトレチノイン(ビタミンA誘導体:商品名 ロアキュテイン)の内服をすぐに開始致しました。

★ 治療前  2015年7月10日




                              

☆ 治療後  2015年9月30日

IMG_0659-blg2.jpg


★ 治療前  2015年7月10日

IMG_4537-blg3.jpg


                              

☆ 治療後  2015年9月30日

IMG_0657-blg4.jpg

治療3ヵ月後の状態が、2枚目と4枚目の写真となります。

膿疱型のニキビが、なりを潜めているかと思います。
同時に、ニキビ跡の凹凸も改善しキメ(肌理)が改善しています。

こう言ったにきびの重症の方には、ビタミンA誘導体の内服が著効します。
作用機序は、皮脂腺に働きかけて皮脂腺を萎縮させる作用があります。
その結果、皮脂の分泌量が10分の1~2程度まで減少し、過剰皮脂による毛穴の閉塞が改善されます。

ニキビ治療につきましては、この数年の間に沢山の外用剤が発売されています。
一例を挙げますと、
①酸素を吐き出し、嫌気性菌に効果が高い過酸化ベンゾイル(商品名:ベピオゲル)
②ベピオゲルと抗生剤のダラシンゲルを混合したデュアックゲル
③アダパレンというビタミンA誘導体様物質配合のディフェリンゲル
④ディフェリンゲルとベピオゲルを配合したエピデュオゲル
等が立て続けに発売となっています。

当院でも、時々こう言った薬剤を処方することがありますが、肌の傷んだ方にはどうしても積極的に使用する気になれないでいます・・・。

重症にきびの方に対しても、これらの薬剤で治し切るのは非常に困難だと考えております。

重症にきびに対する、ロアキュテインの位置づけは、さしずめ伝家の宝刀だと思っています。

肝機能異常や胎児に対する催奇形性の問題をクリアすれば、使用に際して不必要に恐がる薬ではないと思っています。

一方、軽症のニキビの方には処方すべきでもないと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

ワキガ・多汗症治療について ~ミラドライ・アンケート調査結果を踏まえて~ 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ミラドライのアンケート調査からワキガと多汗症の治療について考察してみたいと思います。

★ 23歳 女性 ミラドライ:術後2週間




★ 43歳 女性  ミラドライ:術後1ヶ月

SKM_C36817081218150_0002.jpg


★ 23歳 女性 ミラドライ:術後2週間

SKM_C36817081218150_0003.jpg


★ 18歳 女性  ミラドライ:術後2週間

SKM_C36817081218150_0004.jpg

当院が、ミラドライを使ってワキガと多汗症の治療を始めまして、丁度5年が経過しました。

その間、沢山の患者さんに受けていただきましたが、治療成績は年々良くなっているように感じております。
学会に参加したり、他の施設の先生の発表を拝聴したりしながら、施術効果をアップさせる工夫を絶えず取り入れて来ました。

その一端を挙げてみますと、

①施術前の麻酔注射の深さ調節を一定に行うようにしました。
→浅すぎず・深すぎず、アポクリン腺とエクリン腺が分布する層に集中的に麻酔薬の注入を行うように改善しました。

②麻酔の注射量を片ワキあたりをやや多目の80~100ml使用することにしました。
→安全性が高まると同時に、熱量を目的のエリアに集中的に届ける事ができるようになり治療効果がアップしました。

③施術範囲を腋毛の生えている範囲より少し広めにするようにしました。
→広範囲にミラドライを照射することで、汗の量も臭いの量もさらに減少したように思います。

④照射範囲の中央部分が最もアポクリン腺が多い部位ですので、ミラドライの照射量を2倍に増大させました。
→一番ターゲットが多く集まっている部分を念入りに照射することで、汗の量も臭いの量も優位に減少しました。

⑤仰向けに寝た場合、胸側に近いエリアは上腕神経の走行が皮下の浅い部位にあるため、この部分に関しては出力を落として
慎重に照射しなければなりませんが、安全な部位には最大パワーで照射することに致しました。
→熱量をターゲットに大量に送り込むことで、やはり治療効果が格段に良くなる事が実感されています。

といった感じです。

ところが、ミラドライを導入して以降、この5年間の間、ミラドライ一辺倒になっていたわけでは無いんですね。

患者さんは、どの治療を受けるにしろ結果が伴えば何だっていいはずです。

当院では、汗を抑えるプロバンサイン(抗コリン剤といいます。)という内服薬をお出しすることもしております。
漢方薬では、防己黄ぎ湯というお薬も汗を抑える効果があります。

外用剤としては、塩化アルミニウム塩というものがありまして、これは、制汗剤として非常に有名です。

それ以外にも、体臭を抑えるための日常生活上の注意点も点検させていただいております。

ギトギト脂の食事をあまり頻繁に摂らないようにして頂いたり、にんにくや唐辛子といった臭いが強かったり刺激が強い食べ物も
ほどほどにして下さいね、とお願いしております。

食べ物以外にも、ストレスや睡眠不足、入浴や歯磨きのケア、肌着や衣類のケア、靴下や靴のケア、足のケア、髪の毛のケアも大事です。

治療法、日常生活上の注意点は、まだまだありますが、要は、ミラドライが一番良い治療法で、それしかないということでは決して無いんですね。

やるべきことは沢山あります。

これまで、ミラドライのメリットは、メディアやホームページでさんざん謳われて来ていると思います。
これからは、機械ありきの治療の提案ではなく、患者さん本位の提案をもっともっとしていかないといけないと痛感しています。

先にも述べた通り、患者さんは臭いと汗が減るなら治療法は何だって良いのだと思います。

これからも、あらゆる治療方法を網羅的に見渡して、患者さんの希望される優先順位を良くお聞きしながら、最善の治療手段を患者さんと一緒に選んで行ければいいな、と思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

M22(フォトフェイシャル)にオプションの毛細血管用のチップが発売されました。 【VTF】 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、M22(フォトフェイシャル)に接続して使うオプションのフィルターについて述べてみたいと思います。

毛細血管治療用に、新しく専用のフィルターが開発・発売されましたので、当院も使用を開始しております。

従来、毛細血管拡張症や赤ら顔の治療には、560ナノメートルもしくは590ナノメートルというカットフィルターをトリートメント・ヘッドに
装着して治療しておりました。

全体的な治療は、従来のもので十分対応できるのですが、鼻や頬といった部分的に出来るちょっと太目の血管は、取れ残ることがあったんですね。

治療者側も患者さん側も、フォトフェイシャル1クール5回の治療を終えてもなお取れ残った病変を何とかしたいと思うのは、人情でして、長らく太い血管治療用のフィルターの登場が待ち望まれていました。

M22 VTF1

M22 VTF2

M22 VTF3

今回、発売されたvascular(毛細血管)用のフィルターは、ちょっと優れものなんですよ!

特殊加工により、①530~650ナノメートルの光と、②900~1200ナノメートルの2種類の幅を持った光が出るように調整されているんです。

まず、①530~650ナノメートルは、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの半波長である532ナノメーターの光を含んでいます。
また、585と595ナノメートルのダイ・レーザーの光も含まれています。
→この三つの波長の光は、主に赤あざや毛細血管専用に使用されるレーザーの波長そのものなんですね。
→だから、毛細血管を治療するには最適な波長ということになります。

一方、②900~1200ナノメートルの中には、ヤグ・レーザーの長波長1064ナノメートルの光が含まれています。
→この1064ナノメートルは、ジェントル・ヤグレーザーに使われている波長で、太い血管をしっかり焼くのに適しています。

まとめますと、毛細血管治療に使われている
1、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの532nm
2、ダイ・レーザー(SPTL1b)の585nm
3、VビームⅡの595nm
4、ロングパルス・ヤグ・レーザーの1064nm
の4種類もの波長の光が、全て含まれていることになるんです。

だから、毛細血管治療に威力を発揮できるんですね!

赤ら顔の治療の手順ですが、590ナノ・メートルのカットフィルターで、まず顔全体を一通り照射します。

その後、血管が太く浮いている部分の治療に移って参ります。
フィルターを上記「Vascular」のフィルターに交換して、適切なパワーに設定した後、目的の太い血管に対して重ね打ちしていきます。

あまりパワーを上げ過ぎますと、水ぶくれになる恐れが出てきますので、ほどほどのパワーで照射することが大切です。

この「Vascular」のフィルターを使用することで、
①小鼻周辺の浮いた毛細血管
②鼻のてっぺんとその周囲の太い血管
③ステロイドの長期使用による毛細血管拡張
④鼻と両頬に見られる赤ら顔(酒さ)
が効果的に治療できるようになりました。

フォトフェイシャル大好き人間として、このフィルターは使い勝手が良く大変気に入っております。

僕自身も、毎月1回フォトフェイシャルを受けています。
これまで、トータルで2クール10回ほど回数を重ねています。

おかげで、毛細血管としみがずいぶん減っています。
機会があればまたアップしたいと思います。

次回は、同時発売されたもうひとつのしみ専用フィルターについて触れて見たいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。ビスタシェイプ(ヒアルロン酸注入) 60歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ヒアルロン酸注入のビスタシェイプについて述べてみたいと思います。
患者さんは、60歳代後半の女性の方です。

大病を患われて、急激に10キログラム以上の体重減少に見舞われたと仰っておられました。
両頬がげっそりと痩せ細っておられましたので、少しでも改善できるなら改善したいというご希望でした。

そこで、アラガン社のボリューマXCを両頬に1本づつ打たせて頂きました。
注入部位は、耳の前のくぼみで頬骨より下の部分です。

2枚目と4枚目が注入後の写真となります。
口元のしわの深さが少し浅くなっているのがお分かり頂けるかと思います。

食事も余り進まないと仰っておられましたので、補中益気湯を処方していきたいと考えております。

 施術前  2016年7月6日



                            

 施術後  2016年7月12日

IMG_4937-blg1b.jpg



 施術前  2016年7月6日

IMG_4862-blg2a.jpg

                            

 施術後  2016年7月12日

IMG_4935-blg2b.jpg

この方の場合に限らず、50代、60代と年齢を重ねるにつれて、両頬が徐々にお肉が減少してこけてくるケースが多いようです。
その場合は、組織量を優位に増大させる効果が高い、ボリューマXCが特にお勧めです。

周りの組織との適合性が高いので良く馴染んでくれますし、
凸凹になったりしません。

これは、注入後の形成が割りと簡単に出来るという特徴があり、盛り上がったところは軽くつまんであげたりガーゼ越しに押さえたりすることで形を整えることができます。

僕自身は、現代によみがえるミケランジェロ見たいなんですよ、と、患者さんに自信を持って注入をお勧めしております、
実際、ボリューマXCを少しづつ注入しながら、手鏡で少しづつ改善するその過程を、患者さんにも楽しんでいただくように心がけております。

現時点で、ボリューマXCは、世界ナンバーワンのヒアルロン酸では無いかと思っています。
その理由は、繰り返しになりますが、
①注入部位の組織適合性が極めて高い。
②入れすぎても形が整えやすい。
③凸凹になりにくい。
④持続効果が、一年から一年半と長期間続く。
⑤注入手技が比較的簡単なため、術者による差が出にくい。
⑥ある講師の先生は、ボリューマXCを使うようになってから注入技術が突然上手になったように錯覚するほどでした。と、仰っておられたのが印象的でした。
⑦顔のいろいろな部位に注入可能。(こめかみ・眉毛・眉間・法令線・マリオネットライン・顎・口周囲・頬のこけた部分)
⑧皮膚や筋肉の軟部組織の増大のみならず、減少した骨の修復にも応用でき、顔の土台造りに適している。
⑨法令線やマリオネットラインに直接注入した場合でも、強力な押し上げ効果がある一方で凸凹にならず、自然な仕上がりに出来る。
といった、多くのメリットがあるからです。

注入本数の目安ですが、
①20歳代は、ボリューマXCを2本程度、
②30歳代は、ボリューマXCを3本程度、
③40歳代は、ボリューマXCを4本程度、
④50歳代は、ボリューマXCを5本程度、
⑤60歳代は、ボリューマXCを6本程度
必要になります。

年齢とともに必要な本数が多くなるのは、それだけ組織量が減少するからです。
皮膚と皮下組織と筋肉量だけではなく。骨も薄く小さく減少して参ります。

眼球を容れている眼窩と呼ばれる目のくぼみも開大しますし、梨状口と呼ばれる鼻のくぼみも開大して大きくなります。
それは、もう僕が想像していた以上でして、実際の頭蓋骨のやせ方と穴の開大を目の当たりにしまして、戦慄を覚えました。

まあ、ボリューマXCを持ってしても年齢の壁は大きく立ちはだかりますが、簡便で自然な若返りが短時間の内に、そこそこのレベルで達成できるとすれば、やはり有力な治療手段になることは間違いの無いところだと思っています。

これから、注入部位の細分化と薬剤の種類の開発が益々進んでいくことでしょう。
僕たち施術者としましては、新しい薬剤の情報と注入手技をタイムリーにアップ・デイトしていかないとならないと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。単純性血管腫(赤あざ) Vbeam×1回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、単純性血管腫のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代後半の女性の方で、上腕に硬貨大の大きさの単純性血管腫と呼ばれる赤あざが認められました。
Vビームという、ダイ・レーザーが効果的ですので、テープ麻酔のペンレスを15分間貼った後、レーザー治療を開始致しました。

レーザー治療後3ヶ月経過した状態が、二枚目の写真です。
8~9割程度改善しているかと思います。

2016年12月13日 に、二回目のレーザー治療を行いました。
この後の写真はございませんが、ほぼ取り切れているのではないかと考えています。

 治療前  2016年9月13日



                           


 治療後  2016年12月13日

IMG_0891-blg2.jpg

この患者さんの場合、血管腫の表面が小さな点状のポツポツが見て取れます。
これは、病変が表皮のごく浅いところにあることを示しております。

浅いところにあるので、レーザーに対する反応が良好です。
この方も、1~2回と言う少ない治療回数で治療が完了しております。

ところで、赤あざのレーザー治療に関して明るいお知らせがございます。
当院に健康保険対応の新しいVビームⅡが導入されました!

Vビームでも相当効果が高い治療ができるのですが、さらに上位バージョンのVビームⅡを使用すれば
、病変が皮膚の深部にあって、血管の太さが大きな病変にも対応できるようになります。

しかも、これまでVビーム治療を受けてこられた患者さんも新規の患者さんも、健康保険でVビームⅡの治療を
受けて頂けるようになりました!

これからも、赤あざのレーザー治療に関して、果敢に攻めて行きたいと意気込んでおります。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。