スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M22(フォトフェイシャル)にオプションの毛細血管用のチップが発売されました。 【VTF】 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、M22(フォトフェイシャル)に接続して使うオプションのフィルターについて述べてみたいと思います。

毛細血管治療用に、新しく専用のフィルターが開発・発売されましたので、当院も使用を開始しております。

従来、毛細血管拡張症や赤ら顔の治療には、560ナノメートルもしくは590ナノメートルというカットフィルターをトリートメント・ヘッドに
装着して治療しておりました。

全体的な治療は、従来のもので十分対応できるのですが、鼻や頬といった部分的に出来るちょっと太目の血管は、取れ残ることがあったんですね。

治療者側も患者さん側も、フォトフェイシャル1クール5回の治療を終えてもなお取れ残った病変を何とかしたいと思うのは、人情でして、長らく太い血管治療用のフィルターの登場が待ち望まれていました。

M22 VTF1

M22 VTF2

M22 VTF3

今回、発売されたvascular(毛細血管)用のフィルターは、ちょっと優れものなんですよ!

特殊加工により、①530~650ナノメートルの光と、②900~1200ナノメートルの2種類の幅を持った光が出るように調整されているんです。

まず、①530~650ナノメートルは、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの半波長である532ナノメーターの光を含んでいます。
また、585と595ナノメートルのダイ・レーザーの光も含まれています。
→この三つの波長の光は、主に赤あざや毛細血管専用に使用されるレーザーの波長そのものなんですね。
→だから、毛細血管を治療するには最適な波長ということになります。

一方、②900~1200ナノメートルの中には、ヤグ・レーザーの長波長1064ナノメートルの光が含まれています。
→この1064ナノメートルは、ジェントル・ヤグレーザーに使われている波長で、太い血管をしっかり焼くのに適しています。

まとめますと、毛細血管治療に使われている
1、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの532nm
2、ダイ・レーザー(SPTL1b)の585nm
3、VビームⅡの595nm
4、ロングパルス・ヤグ・レーザーの1064nm
の4種類もの波長の光が、全て含まれていることになるんです。

だから、毛細血管治療に威力を発揮できるんですね!

赤ら顔の治療の手順ですが、590ナノ・メートルのカットフィルターで、まず顔全体を一通り照射します。

その後、血管が太く浮いている部分の治療に移って参ります。
フィルターを上記「Vascular」のフィルターに交換して、適切なパワーに設定した後、目的の太い血管に対して重ね打ちしていきます。

あまりパワーを上げ過ぎますと、水ぶくれになる恐れが出てきますので、ほどほどのパワーで照射することが大切です。

この「Vascular」のフィルターを使用することで、
①小鼻周辺の浮いた毛細血管
②鼻のてっぺんとその周囲の太い血管
③ステロイドの長期使用による毛細血管拡張
④鼻と両頬に見られる赤ら顔(酒さ)
が効果的に治療できるようになりました。

フォトフェイシャル大好き人間として、このフィルターは使い勝手が良く大変気に入っております。

僕自身も、毎月1回フォトフェイシャルを受けています。
これまで、トータルで2クール10回ほど回数を重ねています。

おかげで、毛細血管としみがずいぶん減っています。
機会があればまたアップしたいと思います。

次回は、同時発売されたもうひとつのしみ専用フィルターについて触れて見たいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

症例写真です。ビスタシェイプ(ヒアルロン酸注入) 60歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ヒアルロン酸注入のビスタシェイプについて述べてみたいと思います。
患者さんは、60歳代後半の女性の方です。

大病を患われて、急激に10キログラム以上の体重減少に見舞われたと仰っておられました。
両頬がげっそりと痩せ細っておられましたので、少しでも改善できるなら改善したいというご希望でした。

そこで、アラガン社のボリューマXCを両頬に1本づつ打たせて頂きました。
注入部位は、耳の前のくぼみで頬骨より下の部分です。

2枚目と4枚目が注入後の写真となります。
口元のしわの深さが少し浅くなっているのがお分かり頂けるかと思います。

食事も余り進まないと仰っておられましたので、補中益気湯を処方していきたいと考えております。

 施術前  2016年7月6日



                            

 施術後  2016年7月12日

IMG_4937-blg1b.jpg



 施術前  2016年7月6日

IMG_4862-blg2a.jpg

                            

 施術後  2016年7月12日

IMG_4935-blg2b.jpg

この方の場合に限らず、50代、60代と年齢を重ねるにつれて、両頬が徐々にお肉が減少してこけてくるケースが多いようです。
その場合は、組織量を優位に増大させる効果が高い、ボリューマXCが特にお勧めです。

周りの組織との適合性が高いので良く馴染んでくれますし、
凸凹になったりしません。

これは、注入後の形成が割りと簡単に出来るという特徴があり、盛り上がったところは軽くつまんであげたりガーゼ越しに押さえたりすることで形を整えることができます。

僕自身は、現代によみがえるミケランジェロ見たいなんですよ、と、患者さんに自信を持って注入をお勧めしております、
実際、ボリューマXCを少しづつ注入しながら、手鏡で少しづつ改善するその過程を、患者さんにも楽しんでいただくように心がけております。

現時点で、ボリューマXCは、世界ナンバーワンのヒアルロン酸では無いかと思っています。
その理由は、繰り返しになりますが、
①注入部位の組織適合性が極めて高い。
②入れすぎても形が整えやすい。
③凸凹になりにくい。
④持続効果が、一年から一年半と長期間続く。
⑤注入手技が比較的簡単なため、術者による差が出にくい。
⑥ある講師の先生は、ボリューマXCを使うようになってから注入技術が突然上手になったように錯覚するほどでした。と、仰っておられたのが印象的でした。
⑦顔のいろいろな部位に注入可能。(こめかみ・眉毛・眉間・法令線・マリオネットライン・顎・口周囲・頬のこけた部分)
⑧皮膚や筋肉の軟部組織の増大のみならず、減少した骨の修復にも応用でき、顔の土台造りに適している。
⑨法令線やマリオネットラインに直接注入した場合でも、強力な押し上げ効果がある一方で凸凹にならず、自然な仕上がりに出来る。
といった、多くのメリットがあるからです。

注入本数の目安ですが、
①20歳代は、ボリューマXCを2本程度、
②30歳代は、ボリューマXCを3本程度、
③40歳代は、ボリューマXCを4本程度、
④50歳代は、ボリューマXCを5本程度、
⑤60歳代は、ボリューマXCを6本程度
必要になります。

年齢とともに必要な本数が多くなるのは、それだけ組織量が減少するからです。
皮膚と皮下組織と筋肉量だけではなく。骨も薄く小さく減少して参ります。

眼球を容れている眼窩と呼ばれる目のくぼみも開大しますし、梨状口と呼ばれる鼻のくぼみも開大して大きくなります。
それは、もう僕が想像していた以上でして、実際の頭蓋骨のやせ方と穴の開大を目の当たりにしまして、戦慄を覚えました。

まあ、ボリューマXCを持ってしても年齢の壁は大きく立ちはだかりますが、簡便で自然な若返りが短時間の内に、そこそこのレベルで達成できるとすれば、やはり有力な治療手段になることは間違いの無いところだと思っています。

これから、注入部位の細分化と薬剤の種類の開発が益々進んでいくことでしょう。
僕たち施術者としましては、新しい薬剤の情報と注入手技をタイムリーにアップ・デイトしていかないとならないと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。単純性血管腫(赤あざ) Vbeam×1回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、単純性血管腫のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代後半の女性の方で、上腕に硬貨大の大きさの単純性血管腫と呼ばれる赤あざが認められました。
Vビームという、ダイ・レーザーが効果的ですので、テープ麻酔のペンレスを15分間貼った後、レーザー治療を開始致しました。

レーザー治療後3ヶ月経過した状態が、二枚目の写真です。
8~9割程度改善しているかと思います。

2016年12月13日 に、二回目のレーザー治療を行いました。
この後の写真はございませんが、ほぼ取り切れているのではないかと考えています。

 治療前  2016年9月13日



                           


 治療後  2016年12月13日

IMG_0891-blg2.jpg

この患者さんの場合、血管腫の表面が小さな点状のポツポツが見て取れます。
これは、病変が表皮のごく浅いところにあることを示しております。

浅いところにあるので、レーザーに対する反応が良好です。
この方も、1~2回と言う少ない治療回数で治療が完了しております。

ところで、赤あざのレーザー治療に関して明るいお知らせがございます。
当院に健康保険対応の新しいVビームⅡが導入されました!

Vビームでも相当効果が高い治療ができるのですが、さらに上位バージョンのVビームⅡを使用すれば
、病変が皮膚の深部にあって、血管の太さが大きな病変にも対応できるようになります。

しかも、これまでVビーム治療を受けてこられた患者さんも新規の患者さんも、健康保険でVビームⅡの治療を
受けて頂けるようになりました!

これからも、赤あざのレーザー治療に関して、果敢に攻めて行きたいと意気込んでおります。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

注入療法;ジュビダーム・ビスタについて ~ボリューマXCが新発売になりました~

前回は、東京で3月に開催されましたアラガン社の講習会参加について触れました。
今回は、その内容について書いてみたいと思います。

まず、一枚目のイラストですが、老化について一目で分かる形状の変化が示されております。

①恐ろしいことですが、骨格が溶けて吸収され損失しています。さらに、後退しているんですよ!
②次に、皮下脂肪が減少して薄くなり、さらに下垂してたるみが生じています。
③筋肉は、部分的に肥大し盛り上がって、柔軟性が失われて硬くなり拘縮(ひきつれ)が起こっています。
④皮膚は、薄くなり伸びて下垂しています。かつ、弾力性が失われてしわの多い潤いの少ない皮膚に劣化してしまっています。

アラガン注入blg1

以上、老化のメカニズムについて端的に述べてみましたが、実に恐ろしい響きが感じられてなりません。
骨が溶けて吸収されるとか、骨自体が重力に引っ張られて下垂するとか・・・。
実は、ひと昔前(ほんの10年か15年前)までは、老化による顔面の骨変化については、それほど注目されておられませんでした

まず、オープニングでこのイラスト写真をお示ししたのには理由があります。
それは、ずばり老化によるしわやたるみに対して、しわそのものに着目しているだけでは、もはや不十分だと言うことを自分自身思い知らされということを、まず皆様にお話ししておきたかったからです。

次の棒グラフですが、美容治療を求められた患者さんの中でアラガン社が行ったアンケート調査の結果が記されています。
一番多い訴えが、キメ・毛穴の開き・くすみ・しみと言った症状です。
2番目が法令線が気になる・浅くしたいという訴えです。
3番目が目の下のクマですね。これには、くぼみや色素沈着の両方が含まれるかと思います。
4番目が顔の輪郭→つまりは頬のくぼみやたるみが含まれているかと思います。
5番目がずばり頬のたるみですね。
6番目以降は、目じりのしわ(カラスの足跡)と眉間のたてジワ、2重アゴと口周りのしわと続きます。

アンケートblg1


それで、次の円グラフについての説明ですが、加齢に伴って骨量が体も顔も減少することをご存知でしたか?
という質問です。
そして、骨量の減少が、しわやたるみの原因であることを知っておられましたか?
という質問が続きます。

回答は、NOと言われた方が7割前後もいらっしゃって、しわ・たるみの原因が骨量の減少であると
気付いておられない方がほとんどでした、という内容を示しています。

アンケートblg2

そこで、治療法と治療材料の説明となります。
減少した骨量を補うことが大事で、その材料となるのが、ボリューマXCという新しいヒアルロン酸と言うことになります。

ボリューマblg2
ボリューマblg3

下図のように減少した骨量を補うべき部位がポイントごとにアルファベットと数字で表記されております。
①こめかみ部分
②頬骨部分
③法令線部分
④マリオネットライン部分
⑤下あご部分
⑥下唇の下方部分
と言う風に、効果的な注入部位を非常に細かく設定がなされています。
cは、chin(下あご)
chは、cheek(頬)
eは、eyebrow(眉毛)
tは、temporal(側頭部)
nlは、nasolabial fold(鼻唇溝=法令線)
mは、marionette line(マリオネット・ライン)
のそれぞれ略号です。

施術部位blg


今回の東京での講習会は、2回目となりますが、口周りの注入を特に念入りに行う必要があると言う内容でした。
ディマイオ先生というアルゼンチンの先生が、講師役で、英語と日本語の同時通訳で講演が行われました。

そのディマイオ先生ですが、口周り特に下あごの周囲を念入りにfaundationして下さい、ということを強く訴えておられました。
恐らく、患者さん本人だけでなく施術ドクター自身も骨量の減少分を低く見積もっていることを懸念されておられたのだと思います。

ディマイオ先生は、口周りだけで3~6本のボリューマXCが必要だと仰っておられました。
事実、それだけの注入を行いますと、口周りのハリが出て10年~20年前はそうだったんだろうなと言う顔貌を取り戻されている感じが致しました。

イラストは、6-point Chin という名前で、6箇所に付き念入りに注入を行い、かつての瑞々しさとハリを再現できる魔法のテクニックが披露されています。

下顎部blg


ここからは、実際の症例写真となります。
ディマイオ先生がお示しになられた注入ポイントを、的確に行った方の術前後の写真です。

改善ポイントは、
①法令線が浅くなっています。
②マリオネット・ラインが浅くなっています。
③アゴ先が、シュッと前に出ています。
④頬の下あたり(下顎角部分)のくぼみが改善しています。
⑤頬骨辺りがハリが出て、全体的に丸みを帯びています。
⑥不整を来していた輪郭が、綺麗に整っています。
⑦こめかみのくぼみがふっくらとして、丸みを帯びています。
⑧目の下のくぼみが改善して、ふっくらと丸みを帯びています。
と言った、感じでしょうか?

ジュビダームビスタ症例blg1

お二人目の方ですね。
改善ポイントは、
①法令線が浅くなっています。
②両頬がのラインが、シュッと細くなって引き締まっています。
③口周りのハリが出て、マリオネットラインが消えています。
④アゴ先が、シュッとスマートになっています。
⑤横顔の輪郭が整い、綺麗な一本のラインを形成しています。
⑥下顎のたるみが取れて、2重アゴが改善しています。
⑦両頬が引きあがり、ハリのある丸みを帯びた頬となっています。

ジュビダームビスタ症例blg2


次に3人目の方ですが、改善ポイントは、
①法令線が浅くなって、部分的に消えてまっ平らになっています。
②マリオネットラインが、浅くなっています。
③両頬が高くなって張りが出ています。
④あごの辺りが引き締まり、シャープになっています。
⑤アゴ先が、シャープになり前にシュッと出ています。
⑥口周りのハリが出て、特に下唇の下の横一線のくぼみが消えて平らになっています。
⑦フェイスラインの不整が整って綺麗な一本の輪郭となっています。
⑧頬の下あたりのたるんだ皮膚が上に引き上げられたるみが減少しています。
と言った感じでしょうか?

ジュビダームビスタ症例blg3


最後に、4人目の方です。
改善ポイントですが、
①輪郭部分が少し改善しています。
②頬の真ん中辺りが高くなっています。
③法令線とマリオネット・ラインはあまり改善してないですね・・・。
④下顎~首にかけてのたるみが、少し少なくなっています。
⑤下まぶたのくぼみが、少し浅くなっています。
⑥全体的に改善度合いが小さいように思います。
⑦注入した量にもよりますが、もっと劇的に改善した写真をご覧に入れたいと思いますが、
皮膚の性情や骨格・余剰皮膚の多寡・皮下組織の多い少ないにより、この方のように結果が出にくい方が、
ごく一部ではございますが、いらっしゃるのはいらっしゃいますね・・・。

ジュミダームビスタ症例blg4

今回は、ヒアルロン酸のニューフェイス、ボリューマXCを用いたリフトアップとしわ治療について、その目的と原理について
イラストをご覧に入れながら説明させていただきました。

使用しました症例写真は、アラガン社提供の写真で、北里大学形成外科の佐藤英明先生が施術されたものです。
この場を借りて、アラガン社と佐藤先生に謝意を示したいと思います。
貴重な症例写真をご提供くださいまして、誠に有難うございました!

それでは、また!

のホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

3月20日 アラガン勉強会(東京)

ずいぶん前になりますが、東京でアラガンの講習会がありました。
この時の模様をかいつまんで、お話したいと思います。

アラガンは、ビスタシェイプというネーミングでヒアルロン酸とボトックス注入に力を入れています。
両方の薬剤とも、厚生労働省の承認を受けています。

今回、ボリューマという名称の新しいヒアルロン酸が発売になりまして、それを記念して講演会が開かれました。
ボリューマXCのXCはxirocaineの略で、麻酔剤入りと言う意味です。

会場の様子です。
全国から200名近いドクターが集まっています。
アラガンブログ2



アラガンblog1



3台の大きなプロジェクターを使用して、横に長い会場でした。
別室で、患者さんに注入している様子をライブでスクリーンに映し出されていました。
アラガンブログ3


僕が参加していましたよ、という証明写真です。
以前に比べて太ってしまっていますね・・・。
日課にしておりましたウォーキングが、引越しをきっかけに完全に止まってしまっています・・・。
アラガンブログ4


新製品のボリューマのディスプレイです。
綺麗にセンス良く展示されておりました。
アラガンブログ7

最後の写真に写っている、ミニ三面鏡も頂きましたよ!
アラガンブログ8

肝心のボリューマですが、当院では年明けからの3ヶ月で200本程度、患者さんに使用しましたよ!
関西では、一番本数が多かったんですって。
メーカーさんから教えて頂きました。

使用感は、従来のジュビダーム・ウルトラプラスより柔らかくて使い易いです。
皮膚の浅い部位に注入した場合でも、でこぼこにならず綺麗に皮膚に馴染んでくれます。

持続効果も2年とメーカーが謳っています。
持続効果は、これから要観察ですね。

とにかく、法令線でもマリオネットラインでも、ゴルゴラインでも頬骨部でも、どこでも快適に使用できます。
ですが、お値段がウルトラプラスより高価になりますので、僕の中では、骨膜上の深い場所に打つ場合は、安価なウルトラプラスを使用して、マリオネットラインや耳の前の皮下の浅い部分に注入する場合は、高価なボリューマを使用するようにしております。

要は、コストパフォーマンスを上げて、お支払い金額以上の価値を患者さんに感じて頂けるよう工夫しております。

今回の、東京の講演会では、注入部位がさらに細分化され、キメ細やかに注入できるようレクチャーして頂けました。
僕自身は、講演会で教えてもらった内容を、すぐに患者さんへ注入する際に、フィードバックするようにしています。

それにしましても、世の中は、どんどん移り変わっていきますね。
良い製品と、新しい技術が次々に開発されて登場してきます。
それに伴って、古い治療がどんどん蚊帳の外に追いやられたりもしてますね。
その場合は、静かに消えて行くんですけど・・・。

一箇所に留まっていますと、すぐに置いてけぼりになる恐れが高いですね。

今回は、有意義な講演会参加のお話をさせて頂きました。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。