FC2ブログ

症例写真です。単純性血管腫(赤あざ) Vbeam×1回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、単純性血管腫のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代後半の女性の方で、上腕に硬貨大の大きさの単純性血管腫と呼ばれる赤あざが認められました。
Vビームという、ダイ・レーザーが効果的ですので、テープ麻酔のペンレスを15分間貼った後、レーザー治療を開始致しました。

レーザー治療後3ヶ月経過した状態が、二枚目の写真です。
8~9割程度改善しているかと思います。

2016年12月13日 に、二回目のレーザー治療を行いました。
この後の写真はございませんが、ほぼ取り切れているのではないかと考えています。

 治療前  2016年9月13日



                           


 治療後  2016年12月13日

IMG_0891-blg2.jpg

この患者さんの場合、血管腫の表面が小さな点状のポツポツが見て取れます。
これは、病変が表皮のごく浅いところにあることを示しております。

浅いところにあるので、レーザーに対する反応が良好です。
この方も、1~2回と言う少ない治療回数で治療が完了しております。

ところで、赤あざのレーザー治療に関して明るいお知らせがございます。
当院に健康保険対応の新しいVビームⅡが導入されました!

Vビームでも相当効果が高い治療ができるのですが、さらに上位バージョンのVビームⅡを使用すれば
、病変が皮膚の深部にあって、血管の太さが大きな病変にも対応できるようになります。

しかも、これまでVビーム治療を受けてこられた患者さんも新規の患者さんも、健康保険でVビームⅡの治療を
受けて頂けるようになりました!

これからも、赤あざのレーザー治療に関して、果敢に攻めて行きたいと意気込んでおります。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。扁平母斑(茶色アザ)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー治療×3回 20歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、扁平母斑(茶色アザ)のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代前半の女性の方で、左下まぶたから左頬正面にかけてソバカス状の色素沈着が散在して認められます。
この色素沈着は、生まれつきあったご様子で、徐々に目立つ様になって来たと仰っておられました。
 
生まれつきの茶色アザは、扁平母斑もしくは太田母斑が考えられます。
この方は、扁平母斑を疑いましたが、正確には皮膚生検を行った上での判断となります。

局所麻酔の注射をアザの部分の皮下に打った後、Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いました。
3~9ヶ月おきに、合計3回のレーザー治療を行いました。

治療後半年経過した状態が、2枚目の写真となります。

★ 治療前  2014年6月20日



                                 

☆ 治療後  2016年3月22日

IMG_3131-blg2.jpg

色素の再発は、ほとんど認められておりません。
今後、部分的な再発は可能性としてありますが、その時は、再発した部分のみに対して、追加のレーザー照射を行う予定です。

レーザー後の注意点としましては、とにかく遮光して頂く事がすごく大事だと思っています。
今は、ヘリオケアと言う名前の飲む日焼け止めがありますので、塗るタイプの日焼け止めに追加する形でご使用して頂くようご案内しております。

扁平母斑のレーザー治療につきましては、レーザー治療後の再発が必ずと言って良いほど起こって参りますので、
形成外科や皮膚科の他の先生方の中には、レーザー治療をしないほうが良いと患者さんに宣言される方がおられます。

でも、治療方法が無いとなると患者さんは、すごく落胆されますので、当院では、完全に消すことは難しいかもしれませんが、
レーザー治療を根気良く受けて頂ければ、受けただけの効果はありますよと、勇気付けることにしております。

ただし、レーザーを当てっぱなしにすることは良くなくて、遮光の問題やメラニン活性を抑える内服剤や外用剤の併用にも力を入れております。

この方の場合も、レーザー治療+厳重な遮光+内服剤+外用剤を併用して頂くことで、何とかここまで改善することができました。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。異所性蒙古斑(腕)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×5回 20歳代の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、異所性蒙古斑(腕)のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、20歳代の女性の方です。
生まれつき腕に青あざ(異所性蒙古斑)が認められました。

病変部に部分麻酔の注射を打った後、Qスイッチルビー・レーザーの照射を5回にわたり受けて頂きました。
レーザー治療は、3ヶ月~1年置きに同じ場所に対して繰り返し行いました。

 治療前 2009年4月6日



                        


 治療後  2013年6月13日

DSCN0666-blg2.jpg

2枚目の写真が、治療後の写真です。
最終のレーザー治療を行ってから2年ほど経過した時点での状態です。

青あざがあったことがほとんどわからない位に、きれいになっているのがご覧いただけるかと思います。

青あざ(異所性蒙古斑)は、レーザーに対する反応が非常に良好です。
たいていの患者さんは、最終的には、ほとんどわからないレベルまで改善させることができます。

ただ、日焼けがあったりもともと地肌が黒い方は慎重に治療せねばなりません・・・。
色素脱失(白抜け)が起こるリスクが高いからです。

レーザー治療を受ける予定の方には、あらかじめ日焼け止めクリームを厳重に塗っていただいたり、メラニンを抑制させる内服薬を治療に先立って内服を開始して頂くことも重要となります。

レーザー治療に付随して、色素沈着や色素脱失は一定数生じることはございますが、ただ無造作に起こってしまったわ、ではなく
あらかじめ起こり得る内容を予想しておき、それに対して適切に対処しておくことができれば、望まぬ副作用が軽減することができます。

とにかく、この方の青あざにつきましては、特に副作用もなくきれいに消えましたので、めでたしめだしというところです。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 赤アザ(単純性血管腫)のレーザー治療 Vbeam×4回 30歳代の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科 

今回は、赤アザ(単純性血管腫)のレーザー治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、30歳代の女性の方です。

赤アザ(単純性血管腫)に対して、Vbeam(ロングパルス・ダイ・レーザー)を4回にわたり照射しました。

 治療前  2009年10月24日



                            

 治療後  2016年2月13日

IMG_2460-blg2.jpg

2枚目の写真が治療後の写真となります。

上口唇部と鼻背部の横に赤みが少し残っています。
全体としては、8割くらいの赤みが消えているかと思います。

Vbeamの照射条件は、次の通りです。
数字は、順にスポットサイズ、パルス幅、出力、クーリングスプレー照射時間/ディレイ時間です。
①回目→φ7mm、10ミリセカンド、13ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド
②回目→φ7mm、10ミリセカンド、14ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド
③回目→φ7mm、10ミリセカンド、14.5ジュール/cm2、DCD:20ミリセカンド/20ミリセカンド
④回目→φ7mm、10ミリセカンド、15ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド

今後、照射条件を変えて仕上げの治療を行っていきたいと思っています。
内容的には、パルス幅を1.5ミリセカンドと短めに設定する予定です。

一般的に、出力が同じジュール数ですと、パルス幅が20ミリセカンド、40ミリセカンドと長くなるほど、組織のダメージは小さくなり
レーザー後の紫斑形成が軽く短期間で済みます。

一方、パルス幅が6ミリセカンド、1.5ミリセカンドと短くなるほど、組織のダメージは大きくなり、レーザー後の紫斑形成が強く長期間
に及びます。

パルス幅の設定を考える上で大事なことは、細い血管病変を焼く場合は、パルス幅を短めにすると良く、
逆に太い血管の場合は、パルス幅を長めにすると良いということになっています。

これは、血管内を流れる血液の流速を考えてのことです。
細い血管を流れる血液は、流速が速いために、短時間で熱量を与えないとなりません。

一方、太い血管を流れる血液は、流速が遅いため、少々長時間かかっても大丈夫ということになります。
ただし、トータルの熱量は血管が太い方が多量に必要となりますから、大きな出力でゆっくり熱してあげると良いということになります。

治療者側としましては、赤あざの状態(盛り上がっているか平坦であるか、また浅い病変か深い部位まである病変か、血管径が細いか太いか等)を良く見極めながら、レーザーの照射条件を決定しているんですね。

また、出力調整もレーザーをある程度照射してみて、血管が焼けて黒く反応するのですが、その黒味を見ながら出力を上げたり下げたりして、適正出力を探るということになります。

出力が強すぎると、黒味を通り越して白くなります。
そうなると、やけどの心配が出てきますので、出力を下げないといけないということになります。

安全領域を踏まえた上で、少しでも治療効果を上げるために、結構いろいろなことを考えながらレーザー治療を行っているんですね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療 左前腕部 Vbeam×2回 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
左の肘から手首にかけて、生まれつき赤あざが認められました。

単純性血管腫は、Vビーム(ロングパルス・ダイ・レーザー)が良く効きます。

この方には、エムラクリームという塗るタイプの麻酔クリームをレーザー前に1時間塗らせて頂きました。
エムラクリームをたっぷり病変部に盛り付ける形で多めに塗って、さらにサランラップをかけて密封させますと、
一時間の内に、麻酔薬が皮膚内に効果的に浸透していきます。

麻酔効果が高いと、レーザー治療の痛みが格段に楽になりますので、この前処置は非常に大切です。

麻酔効果が十分出ている状態で、いよいよVビーム・レーザーの照射となります。

 治療前  2015年2月2日



                       

 治療後  2015年8月21日

DSCN3729-blg2.jpg

2枚目の写真が、Vビーム・レーザーの照射を2回行ったあと3ヶ月後の写真です。

血管腫の赤みが8~9割程度取れているかと思います。

今後、この方の経過写真を順次ブログにアップしていきたいと考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR