FC2ブログ

M22(フォトフェイシャル)にオプションの毛細血管用のチップが発売されました。 【VTF】 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、M22(フォトフェイシャル)に接続して使うオプションのフィルターについて述べてみたいと思います。

毛細血管治療用に、新しく専用のフィルターが開発・発売されましたので、当院も使用を開始しております。

従来、毛細血管拡張症や赤ら顔の治療には、560ナノメートルもしくは590ナノメートルというカットフィルターをトリートメント・ヘッドに
装着して治療しておりました。

全体的な治療は、従来のもので十分対応できるのですが、鼻や頬といった部分的に出来るちょっと太目の血管は、取れ残ることがあったんですね。

治療者側も患者さん側も、フォトフェイシャル1クール5回の治療を終えてもなお取れ残った病変を何とかしたいと思うのは、人情でして、長らく太い血管治療用のフィルターの登場が待ち望まれていました。

M22 VTF1

M22 VTF2

M22 VTF3

今回、発売されたvascular(毛細血管)用のフィルターは、ちょっと優れものなんですよ!

特殊加工により、①530~650ナノメートルの光と、②900~1200ナノメートルの2種類の幅を持った光が出るように調整されているんです。

まず、①530~650ナノメートルは、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの半波長である532ナノメーターの光を含んでいます。
また、585と595ナノメートルのダイ・レーザーの光も含まれています。
→この三つの波長の光は、主に赤あざや毛細血管専用に使用されるレーザーの波長そのものなんですね。
→だから、毛細血管を治療するには最適な波長ということになります。

一方、②900~1200ナノメートルの中には、ヤグ・レーザーの長波長1064ナノメートルの光が含まれています。
→この1064ナノメートルは、ジェントル・ヤグレーザーに使われている波長で、太い血管をしっかり焼くのに適しています。

まとめますと、毛細血管治療に使われている
1、Qスイッチ・ヤグ・レーザーの532nm
2、ダイ・レーザー(SPTL1b)の585nm
3、VビームⅡの595nm
4、ロングパルス・ヤグ・レーザーの1064nm
の4種類もの波長の光が、全て含まれていることになるんです。

だから、毛細血管治療に威力を発揮できるんですね!

赤ら顔の治療の手順ですが、590ナノ・メートルのカットフィルターで、まず顔全体を一通り照射します。

その後、血管が太く浮いている部分の治療に移って参ります。
フィルターを上記「Vascular」のフィルターに交換して、適切なパワーに設定した後、目的の太い血管に対して重ね打ちしていきます。

あまりパワーを上げ過ぎますと、水ぶくれになる恐れが出てきますので、ほどほどのパワーで照射することが大切です。

この「Vascular」のフィルターを使用することで、
①小鼻周辺の浮いた毛細血管
②鼻のてっぺんとその周囲の太い血管
③ステロイドの長期使用による毛細血管拡張
④鼻と両頬に見られる赤ら顔(酒さ)
が効果的に治療できるようになりました。

フォトフェイシャル大好き人間として、このフィルターは使い勝手が良く大変気に入っております。

僕自身も、毎月1回フォトフェイシャルを受けています。
これまで、トータルで2クール10回ほど回数を重ねています。

おかげで、毛細血管としみがずいぶん減っています。
機会があればまたアップしたいと思います。

次回は、同時発売されたもうひとつのしみ専用フィルターについて触れて見たいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。 シミの治療 フォトフェイシャル(M22)×9回 50歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、両ほほのしみ治療について触れてみたいと思います。

提示しました症例写真ですが、50歳代前半の女性患者さんです。

フォトフェイシャルを一ヶ月から一ヶ月半置きに合計9回に渡り受けて頂きました。

2枚目と4枚目の写真が治療後の写真です。

 治療前  2015年3月3日

IMG_2424-blg3.jpg

                           

 治療後  2016年1月16日

IMG_2008-blg4.jpg


 治療前  2015年3月3日

IMG_2422-blg1.jpg

                           

 治療後  2016年1月16日

IMG_2006-blg2.jpg

いつものように、治療後の改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①両ほほのしみですが、パラパラと多数散在して認められました。大小さまざまの大きさで、色調も薄いものから濃いものまでいろいろでした。
→治療後は、いろいろな状態のしみが一つ一つ消えたり薄くなったりしております。
②鼻の近辺の毛穴が治療前は開き気味でしたが、治療後は毛穴が引き締まっています。
→肌全体のキメが細かく改善しています。
③目元や口元、鼻のそばにスポット的に黒いほくろがいくつか認められましたが、治療後は薄くなったり消えたりして、目に付かなくなっています。
④目の下の小じわが改善しています。
⑤鼻周囲の赤み(毛細血管拡張)が、治療後はほぼ分からないくらいにまで改善しています。

と、言った感じでしょうか?

僕自身は、もっともっと治療効果を上げてしみが完全に消えてなくなることを目標としておりますが、患者さんによっては
ある程度薄くなったら、少しはしみが残っている方が却って自然で良いんですよ、なんて仰る方もおられたりします。

この方も、そんな感じで、治療効果に大層喜んで頂けました。

フォトフェイシャルは、院長の僕も定期的に受けております。
おかげでしみがあまり気にならなくなっております。

お肌の状態もすべすべになった感じがしております。

機会があれば、また、院長自身のお肌の状態をご覧に入れたいと思います。
実際は、少し恥ずかしいですよね。
やっぱり・・・。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。しみの光治療(フォトフェイシャルM22)×9回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、いわゆるエイジング・スキンの状態でした。
長年の紫外線を受けられた影響で、両ほほ全体に色素沈着が大小様々にまた、色調の濃いもの薄いものがぱらぱらと認められます。

こう言った病変には、フォトフェイシャルが非常に効果的です。
月に一回のペースで合計9回受けて頂きました。

治療後の写真が、2枚目と4枚目の写真です。

 治療前  2013年9月25日 



                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2104-blg4.jpg





 治療前  2013年9月25日

IMG_5155-blg1.jpg

                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2102-blg2.jpg

いつものように改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①両ほほにパラパラと認められたそばかす様のしみが消えたり薄くなったりしています。
②肌全体のトーンが明るく改善しています。
③ほほ骨辺りのハリが出て、小じわが改善しています。
④両ほほにあったうっすらとした肝斑が薄くなって、ほとんど分からなくなっています。
⑤毛穴が小さくなり、肌のキメが細かく改善しています。
→患者さんには、お化粧のノリが大変良くなりましたと、仰って頂けました。

と、言った感じでしょうか?

フォトフェイシャルは、一言で言いますと「素肌美人」を目指す治療です。
ファンデーション等のお化粧をせずとも、素肌で通用するお肌に改善させることが可能です。

治療が進みますと、口紅やアイライン等のポイントメイクだけで大丈夫になります。

治療後のケアが特に必要ない点もうれしいポイントです。
お仕事の合間に受けて頂けますし、かさぶた等もできません。

月に一回の施術で、知らず知らずのうちにしみが取れたり薄くなったりして行きます。
1クールが5回のコースとなります。

気に入っていただいた方は、この写真の方のように2クール、3クールと受けて頂く方も多くいらっしゃいます。

院長の僕も合計10回くらい受けています。
スタッフも大好きな治療ですので、皆が受けたいと言います。

その意味で、当院のフォトフェイシャルは「みんなのフォトフェイシャル」という位置付けになっています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。しみの治療 フォトフェイシャル(M-22)×12回 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れてみたいと思います。

 患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
フォトフェイシャル(M-22)を用いたIPL光治療を合計12回に渡り受けていただきました。

1枚目の写真が治療前の写真です。

問題点は、
①左ほほに、濃い目立つしみが2ヶ所、薄いしみが5~6ヶ所認められました。
②点状の黒いほくろが、5箇所ほど認められます。


 治療前  2013年11月13日




                          

 治療後  2016年1月12日

IMG_1925-blg2.jpg

2枚目の写真が、治療後の写真となります。

改善ポイントは、上記①のしみと②のほくろが目立ちにくくほぼ取れているかと思います。

一方、治療後に赤みが少し目立つようになっていますので、今後、赤み対策として590ナノメーター
のグラスを使用して対応していきたいと思っています。

フォトフェイシャルは、
①しみ・そばかすといったメラニン病変
②赤ら顔・毛細血管拡張・ニキビ跡の赤み病変
③毛穴の縮小効果
④肌のキメ(肌理)を整える
⑤ちりめんジワの改善
⑥皮脂の分泌調整(脂性の方は普通肌に改善、乾燥肌の方も普通肌に改善させることができます。)
⑦ニキビ肌の方に、ニキビの改善効果とできにくい肌質に変える効果もあります。
といった、さまざまはお肌改善効果が期待できます。

一言で言いますと、透明感のあるみずみずしいお肌を手に入れることができます。
月に一回のペースで、まずは5回を目安に受けていただくことにしております。

「素肌美人」という言葉がぴったりな状態に仕上げることが可能となっています。

何を隠そう院長の僕自身も、定期的にフォトフェイシャルを受けているんですよ。
スタッフと患者さんに、院長はしみがないですね!なんていってもらえると、やっぱりうれしいものですね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。フォトフェイシャル×5回+新型M22×4回 60歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、フォトフェイシャルを5回、その後、新型フォトフェイシャル(M22)を4回受けて頂いた方の症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、60歳代前半の女性の方です。

1枚目と3枚目の写真が、治療前の写真です。
いわゆる、紫外線と加齢変化によるエイジング・スキンの状態です。

問題点を挙げてみたいと思います。
①両頬にぱらぱらとしたそばかす様の色素沈着が認められます。
②小鼻周囲に毛細血管拡張による赤味が認められます。
③両頬に小さな1㎜前後の黒味を帯びたほくろがパラパラと認められます。
④両頬全体にモヤがかかったようなくすみが認められます。

 治療前  2014年8月26日



                         

 治療後  2015年9月18日


IMG_0472-blg2.jpg




 治療前  2014年8月26日

IMG_9408-blg3.jpg

                         

 治療後  2015年9月18日

IMG_0474-blg4.jpg

新旧のフォトフェイシャルを合計9回受けて頂いた後の写真が、2枚目と4枚目となっております。

上記問題点がそれぞれ改善されています。
おさらいの意味でもう一度復習しますね。

①両頬にぱらぱらとしたそばかす様の色素沈着が認められます。
→完全に消えたわけではございませんが、ほぼ目立たなく改善しています。

②小鼻周囲に毛細血管拡張による赤味が認められます。
→ちょろちょろした毛細血管が消えて、赤みが改善しています。

③両頬に小さな1㎜前後の黒味を帯びたほくろがパラパラと認められます。
→一部、取れ残りはございますがほとんど目立たなくなっています。

④両頬全体にモヤがかかったようなくすみが認められます。
→くすみが取れて、両頬の透明感が格段にアップしています。

それ以外の改善ポイントとしましては、
⑤両頬のハリが断然アップして、ふっくら感がすごく出ているかと思います。

ところで、フォトフェイシャルが新型のM22となって、早2年が経過します。
最近のトピックスとしては、器械の先端に付けるアダプターが2種類オプションとして追加発売となりました。

当院は、2種類とも即時購入しましたんですが、どういったケースに有効かと言いますと。
①老人斑やそばかすと言った小さな病変をピンポイントで狙い撃ちができるようになりました。
→これまで特定のシミを選択的に治療して除去するというのが、やや苦手であったのですが、これがいともたやすく可能となりました!

②小鼻の横に生じやすい毛細血管を、追加で狙い撃ちで照射出来るようになりました。
→これまでは、大きなヘッドでまったりと毛細血管を治療していたのです、取れ方もそれなりでしたが、小さなヘッドでピンポイントで照射できるようになりましたので、治療効果が格段にアップしております。

美肌治療機として、完成度が非常に高いM22ではございますが、きめ細かなバージョンアップが図られておりまして、ますます目が離せなくなっております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR