FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。口唇の色素沈着 Qスイッチ・ルビーレーザー×2回 30歳代後半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、口唇にできた色素沈着のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、30歳代後半の男性の方です。
うわ唇と下唇の両方に、色素沈着がパラパラと認められました。

こう言った色素沈着のことを、一般的に炎症後色素沈着といいます。
唇の乾燥や荒れを繰り返したことでできるシミの一種です。

なかなか薄くならないシミですので、患者さんが良く相談に来られます。
Qスイッチ・ルビーレーザーで良く取れますので、患者さんにもお勧めしやすい治療となっております。          

 治療前  2014年6月17日



                                    


 治療後  2014年11月29日

IMG_0816-blg2.jpg

2枚目の写真が、2回のレーザー治療後の写真となります。

レーザー治療は、麻酔テープを15分ほど貼った後、さらにアイスブロックで冷やしながら行います。
レーザー治療自体は、1分前後で終わります。

レーザー照射後は、ワセリン軟膏を塗布します。
後は、ご自宅で朝夕の2回ご自分でワセリン軟膏を塗って頂きます。

2週間前後で、レーザー照射部の皮膚が薄皮となって剥がれます。
薄皮が剥がれた後は、もう何もしなくて大丈夫です。

ただ、シミの原因となるリップの乾燥や荒れに対する予防処置は行って頂いたほうがベターです。
リップクリームを塗っていただいたり、ワセリン軟膏なんかがよろしいかと思います。

いずれにしましても、結構くちびるのシミを気にされておられる方が多いので、そういった方には、簡単に取れるレーザー治療がお勧めです。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

症例写真です!ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)+SK(老人性色素斑)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×5回 40歳代前半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科 

今回は、男性のしみ治療に関して症例写真をご覧に入れたいと思います。
患者さんは、40歳代前半の男性の方で、両頬にADM(後天性真皮メラノサイトーシス)+SK(老人性色素斑)が多数散在して
認められました。

数ヶ月おきにQスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いまして、合計5回に渡り受けて頂いて一か月後の写真が2枚目と4枚目の写真となります。

 治療前  2014年4月27日




                              


 治療後  2015年6月27日

IMG_4375-1-1.jpg





 治療前  2014年4月27日

IMG_7769-1-1.jpg


                              


治療後  2015年6月27日

IMG_4374-2-1.jpg

男性の方で、頬骨の辺りに固まってこのようなしみが多数認められることは、比較的珍しいかと思います。

典型的なADM(真皮メラノサイトーシス)とは違って、斑点がやや大きいのと、色調が少し茶色味がかって見えました。

確定診断は、病理組織検査となりますが、発生部位が頬骨部に偏っていること、左右対称性であること、などからADM(真皮メラノサイトーシス)と診断致しました。

5回のレーザー治療を要しましたが、完璧と言って良いほどしみが取れています。

素晴らしい成果に、患者さんともども自分としましても非常に好感触を得ることができました。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 そばかす80%改善! M22(フォトフェイシャル・ファースト)×5回 50代前半女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、フォトフェイシャルの新型機種のM-22を5回受けて頂いた方のビフォー・アフターを皆さんにご覧頂きたいと思います。

50歳代前半の女性の方で、鼻を中心としてそばかすが両ほほにパラパラと認められます。
毛穴が少し開き気味で、両ほほに多少テカリがありますね・・・。
こめかみの辺りには、1.5cm程度の丸い日光色素班も認められます。

治療後の写真を見ながら、改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①鼻のそばかすが良く取れています。
②両ほほのそばかすは、取れたものと薄く残っているものがあります。
③こめかみ(目の外側)の大きめのしみが取れています。
④鼻と頬の毛穴が縮小しています。
⑤頬のキメが細かくなっています。
⑥鼻と頬のテカリが改善されています。

 治療前 2014年5月17日

IMG_8171-2.jpg



                              


 治療後 2014年12月16日

IMG_1080-1.jpg


この方は、割と屋外でスポーツをされておられる方で、紫外線による光老化が顕著に認められました・・・。
M-22(フォトフェイシャル・ファースト)は、こういった光老化でメラニン色素が増えているお肌の方に、うってつけの治療法となります。

通常、1ヶ月に一度のペースでM-22の照射を行います。
治療後は、ガーゼを貼ったりする必要もございませんし、すぐの化粧も可能です。

M-22照射後には、メラニン色素に反応してマイクロ・クラストと呼ばれる肉眼では確認できないほどの、ごく微小な薄皮ができます。
その薄皮は、知らず知らずの内に米ぬかのようにパラパラと数日の間に肌から浮いて落ちてしまいます。

文字通り、M-22を受けられたご本人さんがそれと気が付かないうちに、マイクロ・クラストがぽろぽろと剥がれていつの間にか、
 ・しみが薄くなったり
 ・しみが消えたり
するんですね。

こういう治り方を「ダウンタイムが無い」という言い方をします。
「ダウンタイム」とは、治療後にかさぶたが出来たり、血が滲んだりして軟膏やガーゼ処置が必要な日数・期間をいいます。
「ダウンタイム」が、10日間と言えば、治療部位に軟膏を塗ってガーゼを貼って頂く期間が、10日間であることを示します。同時に、この10日間は、化粧ができない期間となってしまいます。

M-22(フォトフェイシャル・ファースト)は、「ダウンタイムがゼロ」です。
これは、実に素晴らしい事なんですね。

治療後も普段通りの生活をして頂いて大丈夫ですし、
化粧も大丈夫ですし、
特に軟膏を付けたりする必要もございませんし、
日光をことさら注意して避けて頂くことも必要ありません・・・。

今回は、M-22について症例写真をご覧に入れながらその受けて頂きやすさについて述べてみました。
月に一回のペースで5回を1セットしてご案内しております。

すると、この症例写真の方くらいの治療効果は難なく達成することができます。
素晴らしい治療法だと思いませんか?

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です! フォトフェイシャル4回終了っ! 肌のトーンが明るくなりました! 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

前回に引き続き、今回もフォトフェイシャルの症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、50代の女性です。
月一度のペースで、4回のフォトフェイシャルを受けて頂きました!

右を向いているのが右ほほ、左を向いているのが左ほほの写真です。
写真の説明をする時は、左右が逆になるので右ほほなのか左ほほなのか、瞬時に分からないことがしばしばです。

僕は、鼻の向きに着目しています。
左に鼻が映っていて、左を向いている写真は、左の頬がメインに映っています。
逆に、右に鼻が映っていて、右を向いている写真は、右の頬がメインに映っています。

  治療前 2013年12月4日


                    

 フォトフェイシャル4回終了 2014年3月19日
IMG_7337_convert_20140618115849.jpg

 治療前 2013年12月4日
IMG_5975_convert_20140618115921.jpg

                         

 フォトフェイシャル4回終了 2014年3月19日
IMG_7339_convert_20140618120212.jpg

右ほほも左ほほも、そばかす様の小さな色素沈着が70~80%取れています!
こういったビフォー・アフターの写真を比べる場合は、チェックポイントがいくつかあるのですが、一番大事なポイントは2枚の写真が果たして同一条件で撮影されているかどうかという点です。

ひとつの判断基準をお伝えしますというと、唇の色がビフォーとアフターで同じくらいの色調と濃度で撮影されているかどうかを比べることが、判断の助けとなります。

上の写真は、ビフォーとアフターで唇の色と濃度は見事に同じでしょ!!
ということは、同じ条件で撮影された写真であることが客観的に証明できます。

唇の色が同じで、頬の肌のトーンが明るくなっているということは、取りも直さず治療効果が確かにあったんですね、ということになります。

ハレーションを起こして、白く飛んだ写真(フラッシュが強すぎた結果!)を提示してアフターの写真がさも白く良くなりました!と提示される方が時々見受けられますが、そもそもハレーションの写真自体論外です。

露出と言いますが、適度な明るさの元、自然な感じで撮影された写真で、2枚の写真を比較することがとても重要です。

当院では、プロカメラマンが使用する赤外線でカメラと連動するフードつきで据え付け型のフラッシュを使用して、写真撮影を行っております。
その際、露出は常に固定で、同じ色合い・明るさで撮影できるように気を配っております。

人の目で見た通りに写真に残すということが、実はものすごく難しいんですね。
最近のデジタルカメラは、肌の色がキレイに見えるように、カメラ側で自動で(勝手に)色調整を行ってしまうものがあります。

デジタルカメラが全盛で、ぼくも使用してはおりますが、どんなに技術が進歩しようが自然な肌色をコンスタントに一定の露出で撮影できるカメラは、ほとんど無いと言っても差し支えないかと思います。

診察用に肌の色を忠実に再現するという発想が、カメラメーカーに無いのでしょうね。
そんなことを求めているユーザーが少ないのだと思います・・・。

ぼかしがかかってふんわりと(実物以上に)キレイに写った女性の写真が、カタログに並んでしまっています。

良い治療をするは勿論大事なのですが、良い記録写真を残すことも同じくらい大事です。

今日は、カメラと写真技術について触れてみましたが、同業の先生で同じ悩みを持つ先生は意外と多いのでは無いかと思っています。

治療とは、直接関係のない話で恐縮ですが、何事にもこだわりを持って仕事をしている姿を感じて頂ければ幸いです。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!フォトフェイシャル 4回終了 肌の透明感がアップしています!張りが出て、法令線と目の周りのしわが浅くなっています! 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、根強い人気のあるフォトフェイシャルのビフォー・アフターの写真をご覧に入れたいと思います。

写真は、50歳代の女性です。
顔のしみを気にされてのご来院です。

カウンセリングの際、フォトフェイシャルをすかさずお勧めしたんですね。
理由は、フォトフェイシャルは、若返り治療のスタンダード的治療で、どなたでも治療効果を実感して
頂きやすい治療ですし、肌のトーンを明るくしたり、毛穴を小さくしたり、しみを薄くしたり消したりする
効果が高いからです。

また、目の下の小じわにもすごく効果が高く、目の周りにハリが出ることで、うんと若返って
見えるんですね!!

というわけで、この方にも月一回のペースで合計5回のフォトフェイシャルを受けて頂くことにした訳
なんです。

最初に、半年間で5回の施術と亜鉛やビタミン剤の内服を併用することで最低でも5~6歳、
できれば10歳くらい若返らせて見せますよと宣言することにしております。

この方も、厳しめに見ても5~6歳若返ってると思いませんか?
4回終了時の写真ですから、5回目の施術終了後にはさらに1~2歳若返り効果の上乗せが期待
できますし、まあ、甘めの評価では、10歳くらい若返ったと言っても差し支えないと、手前味噌では
ございますが、そんな風に思っています。

 治療前 2013年6月17日

IMG_3929_convert_20140603154815.jpg

                    

 フォトフェイシャル4回終了 2014年3月17日 



                    

 治療前 2013年6月17日

IMG_3927_convert_20140603154715.jpg

 フォトフェイシャル4回終了 2014年3月17日

IMG_7302_convert_20140603154843.jpg

この方の写真からうかがえる改善ポイントを挙げてみたいと思います。

先程、少し述べましたが、フォトフェイシャルを受けて頂くにあたって亜鉛のサプリメントの内服は
欠かせません!!
この方も、フォトを開始すると同時に亜鉛サプリメントの内服を開始して頂きましたぁ!

それでは、改善ポイントをひとつひとつ細かく見て行きましょう!!

①両ほほと目の周りがふっくらしているでしょう!!
 →亜鉛のサプリにケラチン増殖効果がありまして、体表面を覆っている皮膚の最外層はすべて
  角質=ケラチンなんですね。
  亜鉛を内服しながら、フォトフェイシャルを照射しますと、フォトにより光刺激を受けたことが
  契機となって、お肌のケラチンが優位に増殖します。その結果、角質内の水分貯留が大幅に増加し
  ふっくらするのですね!

 ほっぺた(正面写真の輪郭を見て下さいね!)も施術前は少しくぼんでいるでしょう!
 →施術後はどうでしょうか?→おお!膨らんでいるではありませんか!?

②目の下のたるみが改善している!

③法令線が浅くなっている。

④こめかみのしみが7割がた取れている。→仕上げは、Qスイッチ・レーザーでいいかもしれませんね。

⑤口元のほくろ3~4ケが取れています。

⑥おでこの横ジワが浅くなっています。

⑦頬と鼻の毛穴が小さくなっています。

⑧全体的に肌のトーンが明るくなっています。

だれの目にも、フォトフェイシャルの治療効果がはっきりとお分かり頂けるかと思います。

現在でも、美容皮膚科の世界では、次々と、新しい治療機器が出ては消えるということを
繰り返しております。
正直に言いますと、変化の激しい美容の世界にあって、フォトフェイシャルほどインパクトのある
光治療器は、この10数年間を振り返った場合、片手の指の数ほども出ていないのですね。

「フォトフェイシャル」という名前を患者さんに言いますと、「ああ知ってます。」、「昔、受けたことが
あります。」と遠い目をして言われるんですよね・・・。

ある程度結果が出たという方から、全然効果が分からなかったという方まで、いろいろな反応が
返って来ます。

効果が一律でない理由には、いくつか理由があるんですね。
「フォトフェイシャル」の類似品が、たくさん世の中に出回ったことにより、フォトフェイシャルもどきの
治療をクリニックのみならずエステ業界で受けられた方が非常に多かったんですよ・・・。

機械もまちまち、施術者もまちまち、施術方法もまちまちでは、安定した治療効果が望むべくも
ございません。

思い返せば、僕は、「フォトフェイシャル」導入に当たって、京都の鈴木形成外科の鈴木晴恵先生を
尋ねたんですね。
フォトフェイシャルのプロトタイプの大きな武骨な機械がクリニック内に鎮座してありました。

鈴木先生は、実際に患者さんへの施術風景を見せて頂いた上に、親切にもパソコンに保存された
たくさんの症例写真を見せて頂けました。
余りの素晴らしい治療後の写真の数々に、僕の後頭部から背筋にかけて、ビビビと電気が
走ったんですね。
(これまでの人生でも背筋に電気が走ったのは、数えるほどしか・・・。)

これは、凄い!凄すぎる!と、直感でそう思いました。

嬉しくなって、周りの先生に見てきたことを電話で伝えまくった覚えがあります。

これほどの感動体験をさせて頂いた鈴木晴江先生には何の恩返しもできておりませんが、ここで改めて
御礼を申し上げます。

当時のフォトフェイシャルの機械代金は、小さいマンションなら買えるくらいの高額なものでした・・・。
開業3年目の僕が買うには、資金不足でとてもおいそれと買えるシロモノでなかったことは確かです。

それでも、国民生活金融公庫で融資を受けて、さらに両親にも追加の借金を申し込んで、ようやく代金を
工面することができました。

晴れて、念願のフォトフェイシャル1号機を導入できたときは、正直、涙ぐみましたね。

自分の直感を信じて、巨大投資をしました。

すぐさま、読売テレビの「ほんわかテレビ」の取材を受けることができ、フォトフェイシャルの人気に
火が付きました。
半年後には、2台めの購入、一年後には、3台めの購入が必要になったくらいです。

それから、10年ちょっとが経ちましたが、ふくずみ形成外科は「フォトフェイシャル」と共に歩んで来たと
言っても過言ではありません・・・。

これ程シビレルほどの感動をもたらす治療機器は、その後なかなかめぐり合うことが出来ておりません。

当時のことが懐かしく思い出されるのと同時に、今でもフォトフェイシャルの魅力がまるで色褪せることなく、
輝き続けていると確信していますし、また実際そうであると断言できます。

僕に半年の猶予と、おこずかい程度の治療費用を支払って頂けるならば、あなたの肌年齢を刻む時計を
10年分、巻き戻して見せますよ!!例外なく!

約束します!

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。