FC2ブログ

毛孔性苔癬(二の腕のポツポツ)について

今日は、二の腕のポツポツについて書きたいと思います。

二の腕のポツポツは、皮膚科的には「毛孔性苔癬」と書いて
「もうこうせいたいせん」と読みます。

統計では、ポッチャリ気味の女性にできやすいとされています。
家族内で発生することが多く、遺伝性の皮膚病変です。

上腕の外側と背中に認められることが多く、表面はザラザラしています。
毛穴が大きく開き、中に角質が層状に積もって付着しています。

毛穴の中には、変形し縮れた中途半端な毛が埋もれていることが多いようです。

毛穴が赤く盛り上がっている場合も多く、軽いかゆみを伴います。

ふつう、二の腕のポツポツが気になった場合には、皮膚科に行って先生に
相談するのですが、ケラチナミン軟膏という尿素成分でできた角質を
柔らかくする軟膏を出してもらうことが多いと思います。

少しは効果があるにはあるのですが、変化はほとんど分からない
と、患者さんは言います。

そこで、ふくずみ形成外科に何とかしてもらえませんか?とお鉢が
まわってくるんですね。

二の腕のポツポツに対する僕の治療方針は、次の通りです。

①尿素クリームと活性型ビタミンD3クリームをダブルで使用して頂きます。

②ダイヤモンド・トーンという物理的ピーリングと
 脱毛用のロングパルス・アレキサンドライト・レーザーを当てます。
 →毛穴の中の縮れた毛がターゲットです。

③〇〇〇の内服を併用します。(詳しい内容は、当日発表します)(笑)
 
④ポッチャリ体型の方には、痩せていただけるようダイエットの
 アドバイスを行います。

といった感じです。

この治療法を組み合わせれば、ビフォー・アフターの写真で
変化がはっきりとわかるくらいの効果が出せるんですね。
治療期間は、面積や程度にもよりますが、通常ですと3か月から
半年間くらいかかります。

ここまで、踏み込んだ治療を行っているクリニックはまだ少ないようで、
当院が多少のアドバンテージを持っているのかな、なんて思ったり
しています。

とにかく、女性の背中や二の腕にできるポツポツは半袖を着たり
背中のあいたウェディングドレスを着るときに目立ってしまうので、
年頃の女性は特に気になるんですよね。

皮膚科の先生の中には、40歳くらいになったらだんだん薄くなるから、
今は気にしないでねなんて、お話しする方もおられるようなんですが・・・。

患者さんにとっては、若いうちに治したいわけで、40代になって
しまってから目立たなくなったんでは遅過ぎるんですけど・・・。
なんてことになっているようです。

二の腕のポツポツは、当院の得意分野なのでお困りの方はどしどし
お越し下さいね。
待ってま~す。

それでは、また。


クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



「手湿疹(手荒れ)」について

最近、手荒れで受診される方が増えています。

クリニックの近所に美容師さんの専門学校がありまして、そこの
学生さんが良く来られます。
美容師さんの世界も厳しそうですね。

役割分担があるようで、駆け出しの頃は一日中シャンプーを任される
そうです。
これでは、どんなに丈夫な肌でも手荒れを起こしてしまいますよね。

手荒れがあるのに、それをおしてシャンプーを続けていますと、傷の
ついた部分に洗浄成分が入り込んでいきます。

また、髪の毛一本一本がまるでカミソリのようになって硬くなった手の皮膚
に傷をつけてしまいます。

手荒れの患者さんに対する注意点は、

①手を洗う回数を減らして下さい。
②お皿洗いの時は、必ずゴム手袋をはめて下さい。
③シャンプーの際は、生ごみ用のプラスチック手袋をはめて下さい。
 →実際、窓口でプラスチック手袋のサンプルを2、3枚差し上げて
  必ず使って下さいねって念を押しています。

と言っています。

手荒れを治療する上でのポイントは、

①かゆみ止めとして、毎日抗アレルギー剤の内服を飲んで頂きます。
②外用剤は、寝ている間の6~7時間の間に集中的に使用します。
③軟膏をただ塗るだけでは不十分な場合が多いので、「密封療法」という
 方法で、軟膏を塗った後、手全体をガーゼと包帯で覆ってしまいます。
④日中は、ヒルロイドソフトという保湿剤をハンドクリーム代わりに
 塗って頂き手を保護します。 

「密封療法」の手順は、次の通りです。

 ①ステロイド剤の非常に強いタイプのものをまず患部に厚めに塗って
  頂きます。
 ②その上に亜鉛華軟膏をたっぷりとのせます。
 ③そのあと、セロハンのついたメロリンという特殊なガーゼで手全体を
  覆います。
 ④マイクロポアという名前の通気性の良いテープで手全体をぐるぐる巻き
  にします。
 この時点で、「ミトン」(オーブンをつかむときの手袋)みたいになります。
 
 ⑤最後に、チュービグリップという管状の弾力包帯で指先から前腕の
  中ほどまで通していただくと完成です。

「密封療法」を行いますと、ただ軟膏を塗布する場合に比べて、クスリの
効き味は、2倍から3倍にアップします。

当院では、さらに、亜鉛華軟膏を重ねる「重層法」を足し算していますので、
効果はさらに倍増します。

こういった工夫をすれば、寝ている間に集中ケアができ重症の手荒れでも
治すことができるのです。

朝、起きた時には、いったん「ミトン」を外して、ティッシュ等で軟膏類を
ふき取って頂きます。

一度作成していただいた、「ミトン」は何回でも繰り返し使用できます。
再利用することで、2回目以降の処置の時間も短縮されますし、「ミトン」
内にステロイド剤の成分が残っていますので、効果のアップも期待できます。

この「ミトン」を使用した場合、たいていの場合は4~5日で手荒れが
治ってしまいます。

こういった、「密封療法」と「重層法」は、皮膚科的には非常に有名な
治療法のひとつではあるのですが、案外見過ごされていることが多いのではと
感じています。

強めのステロイド剤であるダイアコート軟膏、デルモベート軟膏を塗るだけで
軽症の手荒れは簡単に治ってしまうことも確かです。

しかしながら、先にお話しした美容師さんのように職業病としての手荒れは
治る暇がないのですね。

でも、何とかしてあげないことには手荒れがどんどん悪化して、最悪、
美容師さんという仕事をあきらめないといけなくなるかも知れません・・・。


そんな中、何とか治すには寝ている間に強力な集中ケアをしないと追っつ
かないと考えたわけです。

そうこうしているうちに、何年にもわたり手荒れが治らずに困っておいでの
重症の患者さんが、次々来院されるようになりました。

ホームページにも手荒れの治療について、事細かに載せていますし、
どんな手荒れも絶対治しますよ!!と豪語してますので、それを見て
他府県からわざわざお越し頂くケースもまれではございません。

もともとレーザー治療を専門にしている僕ですから、手湿疹を真剣に
考えたことは昔はまるで無かったんですね。

それでも、たまたま来院された目の前の患者さんを何とか治せないものか
と頭をひねっておればいつの間にか、「手荒れ」がスゴイ得意分野に
なってしまいました・・・。

開業する際、東地区医師会の副会長さんのK医師に教えて頂いた言葉があります。

「僕達開業医が日々目にするのは、common disease(ありふれた病気)ですよね。」
「先生は、これからcommon diseaseに対して、先生独自のやり方を編み出して
下さい。」

という言葉をはなむけとして頂いたんです。

開業後、14年が経過しましたが、この言葉を今でも胸の中にに大切に
締まってあります。

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

「AGA」その3

ゴールデンウィークが終わりましたね。
みなさんは有意義に過ごせましたか?

僕は、家族で九州は熊本にある阿蘇ファームビレッジに行って来ました。
雄大な自然の中、アルパカと遊んできましたよ。
アルパカは東レのミラバケッソのコマーシャルに出てくる白いラクダの小型版みたいな
動物ですが、みなさんご存知でしょうか?

アルパカの毛は、高級コートなんかに使われているそうです。

アルパカには、キャベツの切れ端を200円で買ってちびちびあげましたよ。
そのお礼に、アルパカの背中や頭や首をなでなでさせてもらいました。

アルパカは高山に住んでいて、暑さに弱いそうで、毛を刈り込んでいました。
でも、頭としっぽあたりはトイ・プードルみたいに丸く毛を残してあるんですよ。
それがかわいらしくて、僕はずっと触っていたい気分でした。

さわり心地は、高級じゅうたんみたいにフカフカでした。

さて、今回はAGAの話題で3回目ですが、何についてお話ししましょうか・・・。
前回は、なるべく髪の毛と体は洗うなということを書きました。

今回は、薄毛になった髪の毛は本当に生えるのかという疑問に
お答えしたいと思います。

AGAと一言で言いましても、症状は様々です。
ごく軽いM字部分の薄毛や頭頂部が軽く薄いかなという軽症の方から、
側頭部だけに毛を残して上の方はまったく毛が残っていない重症の
方までいろいろです。

その中で、治療すれば軽症の方はまったく正常になります。
中等度の薄毛の方は軽症になります。
中等度の方でもうまくいけば正常になります。

重症の方は中等度くらいになります。

というわけで、それぞれの方で一段階かうまくいけば二段階元の
状態に戻す(改善させる)ことができるんですね。

確率でいうと90%は軽く超えている印象です。
気持ち的には、全例生やす覚悟で毎日の診療に臨んでおります。

何とかして生やそうと思うと、いろいろ工夫するものですね。
生えなきゃ患者さんが離れて行ってしまいます。

いろいろ頑張って新しい治療法を取り込んでいったんですけど、
その過程で薄毛は確実に治せるようになったんですね!!

最近、髪の毛を生やすのが何だかうれしくなっちゃって、
はじめて薄毛の治療で来られる患者さんには、堂々と
治療一か月めから髪の毛を生やしますからね!
なんて、豪語しております。

髪の毛が生えると患者さんはもちろんうれしいと思うんですけど、
治療側の僕もすごくうれしいんです。
よっしゃ~みたいな。

執念で生やして見せますからね。
薄毛の人はどこからでもかかってらっしゃい!!(笑)

それでは、また。


クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR