FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボ治療について ~漢方薬を中心に~

今日は、イボ治療について最近の様子を書いてみたいと思います。

当院のブログやホームページを検索してご訪問頂く患者さんが、非常に熱心に読んでただいている
ページがあります。

それはイボ治療について書いたページなんですけど、非常に訪問者が多くて滞在時間も長いみたいです。

恐らく、市販の「イボころり」を試されたり、皮膚科医院で「液体窒素」を受けられたりしてもなかなか
良くならない方が実際のところ非っ常~に多いのかなと思っています。

いつの間にか簡単にできてしまうイボではございますが、「いつの間にか治ったなぁ」とか
「液体窒素をしてもらったら、すぐ取れたわ」なんて都合の良いことにはなかなかならないところが、
悩ましいところです。

簡単に治らないのが「イボ」!
開業医の先生を悩ませるのが「イボ」!
少しかゆくて、掻くと周りに拡がるのが「イボ」!

とにかく厄介です・・・。

僕も「イボ」と格闘している開業医のひとりですが、漢方薬が結構というかすごく良く効くので、
それについて書いてみたいと思います。

その名も「ヨクイニン」という漢方薬です。
「ヨクイニン」はハト麦の成分で、免疫力をアップさせる効果があります。

イボの原因のパピローマ・ウイルスは毒性が弱いので、体の免疫機能がなかなか本気を出さないせいで
長期間抗体が作られない傾向にあります。

そのせいで、イボがいつまでたっても治らないということになるんですが、ヨクイニンが免疫機能を
高めることで、マクロファージやNK(ナチュラル・キラー)細胞等が活性化され、イボの撃退を
強力に推し進めるんですね。

液体窒素の治療と漢方の「ヨクイニン」の内服を併用すれば、相乗効果がかなり期待できます。
ずばり治りが早いんですね。

「ヨクイニン」は、他に肌に潤いを持たせキメを整える効果があります。
何を隠そう、僕も2カ月ほど前から飲んでいるんですけど、ほっぺたがツルツルになって来ましたよ!!
家内にも飲むように勧めているところです。

それから、「ヨクイニン」は、子宮頸ガンの原因となるパピローマ・ウイルスにも効果があることが分かって
来たんですね!!

実際、副作用の怖いワクチンなんて全然打つ必要なんて無いんですよ。

水イボや尖圭コンジローマにも効果があるんですね。
ただし、健康保険で認められているのは、「尋常性疣贅(イボ)」と「青年性扁平疣贅(顔にできやすいイボ)」
の2種類だけです。

「ヨクイニン」は、市販で安く売られているのでお勧めですよ!!
食品感覚で飲んで頂ける安全性の高い漢方薬と言えます。

イボの人と美肌を目指す方は、薬局に行って買って下さいね!!

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

短期間でこんなに発毛できるようになったんですよ!!

治療前

20120829_convert_20130621175238.jpg


1か月後

20120926_convert_20130621175312.jpg


3か月後

20121128_convert_20130621175359.jpg



5か月後

20120125_convert_20130621175424.jpg



7か月後

20130313_convert_20130621175448.jpg

写真は、40代半ばの薄毛に悩む患者さんの治療経過です。

7か月でこんなに毛を生やすことができました!
1~2か月ごとの通院ですが、毎回来られるたびに毛が増えているんですね。

一方、患者さんは写真を撮ってお見せするまでは、「あまり変わっていないような気がします。」なんて
いまいちな返事が返って来ます。

恐らく数年前の自分に戻っているだけなので、有難みが薄いのか違いが分からないのだと思います。
ビフォー・アフターの写真を並べて初めて効果に気付く方も少なくありません・・・。

治療内容をすべてここで明かすことはできませんが、

①プロペシアの内服
②ミノキシジルの外用もしくは内服
③微量元素・ビタミン製剤の内服
④漢方製剤の内服
⑤抗アレルギー剤の内服
⑥フラクショナル・レーザーの照射
 
の中から複数の治療を選択して治療しております。

最近の傾向としましては、寝不足の方が非常に多いですね。
脱毛原因の中で、大きなウェートを占めるものに
①睡眠不足
②過大なストレス
があります。

薄毛の悩みで来られる患者さんと世間話を含めて、診察室でいろいろなお話しをさせて頂いておりますが、
昨今の不況で、どうも仕事量が増えて、賃金がむしろ低下しているなんておっしゃる方も少なくありません。

人間関係もギスギスしがちで、大きなストレスを抱えておられる方が多く見受けられます。
家に帰る時間が遅いにも関わらず、朝早くの出勤を余儀なくされていると仰います。

それこそ、貴重な時間とお金をかけて育毛・発毛を期待して通って頂いていることが
しみじみと伝わってきます。

患者さんには、「睡眠時間が十分取れないほどお忙しい中、わざわざ通って来て頂き有難うございます。」と、
素直な気持ちでそう言います。

患者さんが帰られる際には、「頑張って生やしますので、期待しておいて下さいね。」と言います。

患者さんには、「頑張って下さい。」とは決して言わないようにしています。
十分すぎるほど頑張っておられる患者さんの姿を前にして、僕には「頑張って下さい。」とは
とても言えない気持ちでいます。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

フラクショナル・レーザーで水疱瘡アトを何とかしよう!! ~モザイクとエコツーを駆使して~





写真は、大きな深い水疱瘡アトが顔に多数散在する患者さんです。
モザイクとエコツーというフラクショナル・レーザーを同時に使用する治療を5か月の間に合計3回
行いました。

切り立ったへこみ部分のエッジが、少しなだらかになっていると思いませんか!?

当院では、クレーターのエッジ部分を重点的にレーザーをかけ角を落とします。
一方、クレーターの周辺の正常皮膚にも面積的に3倍から4倍くらいの範囲に渡り十分広く
レーザーをかけます。

こうすることで、クレーターを含めた層で皮膚表面を浅くスライスする感じになります。
結果、光が斜めに当たっても影ができたりしません。
結果、どの角度からもクレーターのへこみは目立たなくなるという寸法です。

少しでも良い治療効果を上げようと、フラクショナル・レーザー後に剥離した層に
bFGF(フィブラストスプレー)という肉芽を盛り上げる作用のある薬剤を噴霧しております。
(後処置)

フラクショナル・レーザーをかなりアグレッシブにかけますので、治療後に赤みや色素沈着
が確実に生じてしまいます。

こういった場合には、あらかじめメラニン生成を抑制させる目的で、トラネキサム酸や漢方製剤
の内服を併用して対処しております。(前処置)

前処置と後処置をきっちり行いますと、おのずと治療成果が高まると思っています。

まだまだ、平坦な状態には程遠いですが、これまで切り取る手術くらいしか方法が無かった
病変に対して、新しい治療方法として一定の方向性を示せたのではないかと思っています。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

ミラドライのその後 ~多汗症治療に関する雑感~

今日は、今大人気のミラドライの治療について、感じたことを率直に書きたいと思います。

当院スタッフのHさんが、当院のミラドライ治療第一号なんですが、彼女にも聞き取り
調査を行いました。

Hさんがミラドライ治療を受けたのは、平成24年の9月です。
6月21日現在、治療後9カ月経過した時点での感想は、受けて非常に良かったという
意見です。彼女自身は、治療前の汗の量は平均よりやや多いといった感じでした。

彼女の施術直後の様子から、経時変化を書いてみたいと思います。

①まず、麻酔の注射は痛かったが細い針だったのでまだ我慢できた。
②治療中の痛みは、麻酔が良く効いていたせいかまったく苦痛ではなかった。
③家に帰ると、目に見えて腫れてきているので少々不安になった。
④二の腕あたりまでしびれが出た。→あらかじめ聞いていたのでこのことだなと思った。
⑤1週間程度は、患部に熱を持つが汗はまったく出ていない。
⑥1ヶ月ほどかけて腫れとしびれが徐々になくなってきた。
⑦一か月した頃、緊張したりすると汗を感じることはあった。
⑧腫れとしびれがなくなると、皮膚表面のごわごわ感と色素沈着が多少気になった。
→9ヶ月経った時点で、ほとんど気にならない。
⑨日常生活で汗を感じることはあまりない。
⑩9カ月経った現在、施術後直後に比べて少し汗は感じるが、施術前に比べると断然少ない。

治療後、Hさんが感じたミラドライのメリットを書きますね。

①スプレー等の制汗剤は、はぼ使用しないで過ごせている。使用しなければという意識自体が頭にない。
②汗が出ないことで、ニオイを気にすることがまったく無くなった。
③汗が出ないことが、とても快適。
④施術後、日常生活を送るのにほとんど制限が無い。
⑤緊張による汗は少し出るが、暑さによる汗が出ないので着用する服に制限が無い。

一方、Hさんが感じたミラドライのデメリットを書きますね。

①施術を受けて、腫れが引くまでのダウンタイムがかなりある。
②腫れが引いても、二の腕のしびれが当分続くので、「このまま痺れがなくならないかもしれない。」
という不安感が募った。
③手術のようにアポクリン腺やエクリン腺を眼で確認しながらマイクロ波を当てるわけではないので、
本当に効果があるか、また、効果が長い間続くのか不安はある。
④保険の手術と金額を比べてしまう。

Hさんがミラドライを受けた全般的な感想

①受けて本当に良かったと思う。
②費用を考えたら、手術に流れてしまう人もいると思いますが、多少高くても傷痕が残らない
ミラドライの方がメリットは大きいと思います。
③施術を受けた後に、デメリット部分を感じることはありましたが、受けてからの快適さに比べると
あまり大したことには感じない気がする。
④ワキガ・多汗症の患者さんは、夏が精神的に苦痛に感じるでしょうが、思春期を迎える未成年者にも
お勧めできると感じます。
⑤周囲の目を気にすることなく、また気づかれること無く治療できるので、多感な時期を過ごす若い子
にも是非受けて頂きたいです。
⑥もちろん、はたらく社会人や主婦の方たちにも周囲を気にせず治療できる治療法として、
受けて頂きたいです。
⑦私は、一度の施術ですが、2回施術を受けた方の感想を聞いてみたいです。
⑧1回と2回では、汗の出方に違いがあるのか、アポクリン腺とエクリン腺をマイクロ波で
破壊しているが、2回目も1回目と同様の腫れ方なのか気になるところです。

Hさんには、非常に細かい点まで施術直後から現在までの様子を語ってもらえました。
なるべく体験者の「生の声」をお伝えするために、Hさんの表現方法を忠実に載せてみました。

ここからは、施術する側として院長自身の感想を述べてみたいと思います。
ミラドライは、多汗症・腋臭症の治療として本当に良く効きます。

良く効くということは、副作用も起こりうるということです。
当院では、幸いなことに重大な副作用は経験しておりませんが、お一人だけ
やせ型の患者さんで、術後の腕と手の平のしびれ感が数ヶ月間残ってしまった方がおられます。
その後、徐々に回復しましたので私自身もホッとしたのですが、良く効く機械だけに効き過ぎは
副作用の元となりかねません。

副作用がまったく無いワケではありませんが、安全に配慮して治療をすれば避けられることばかりです。

治療回数についてですが、当院では2回目の治療が必要になった方は今のところ一人もおられません。
これはとりもなおさず、お一人お一人の患者さんに対して治療効果が確実に出せているということの
証左でもあると思っています。

通院回数が少なくて済むのも大きなメリットです。

お仕事で忙しいサラリーマンやOLの方、子育てや家事に忙しい主婦の方、クラブ活動や塾通いで
忙しい学生の方には、手術よりミラドライの方がお勧めしやすい時代になって参りました。

ミラドライのカウンセリング料は、現在無料で行っております。
お気軽にお問い合せ頂ければと思います。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

ニキビの治療に関する雑感 ~イソトレチノインの内服を中心に~ その2

きょうは、イソトレチノインの効果と副作用について書いてみたいと思います。

イソトレチノインの第一の効果は、何と言っても皮脂を減少させることです。
患者さんには、2~3ヶ月間の内服をして頂くと皮脂量が内服前の
10分の1か2くらいになりますよと説明しています。

飲み始めてすぐにでも実感される効果で、1週間も内服すれば皮脂は
半分以下になるはずです。

過剰な皮脂は、ニキビができる大きな原因のひとつですから、皮脂の分泌を
強力に抑えることができるイソトレチノインは正に夢のような薬です。

クスリの作用機序は、直接皮脂腺に働いて皮脂を分泌する腺組織を委縮させます。
委縮した腺組織は、短時間では回復しません。

通常、20週間の内服が標準的となりますが、この期間に皮脂腺組織が急激に委縮します。
このことは、重度の脂性(あぶらしょう)の患者さんの内服前後の肌質を観察していると
良く分かります。

内服を中止した後でも、数ヶ月~半年くらいの間は皮脂が多少増える程度でギトギト
アブラはなりを潜めています。そのおかげで、一旦治ったニキビが再発しにくく
美肌が持続します。

ただし、夏場で皮脂分泌が促進される時期には、1週間に一錠(20㎎)~二錠程度の内服を
継続して頂くことをお勧めしております。






写真の方は、抗生剤の内服と外用に抵抗性を示す嚢腫型のニキビの患者さんです。
イソトレチノインの内服を10週間続けて頂きまして、ニキビをほぼ全滅させることができました。
年齢的に皮脂がまだまだ多いので、内服はさらに続けて頂いています。

クスリが効きすぎると乾燥肌となります。
一番顕著に乾燥が出始めるのが、唇の粘膜です。
乾燥が進み過ぎると、亀裂(ひび割れ)が起こってしまいます。

同時に手の甲やお腹や腕がかゆくなったりします。
こういった乾燥性皮膚炎の症状が現れた場合は、クスリが効き過ぎだと
判断できますので、内服するペースを落とす必要があります。

毎日20㎎内服していたのを10㎎に減量するか、20㎎を二日に一辺に
減らしたりするといいでしょう。

人によっては、もっと減らす必要がある場合があります。
クスリの増減を考える場合のバロメーターになるのが、先程言いました
口唇粘膜の乾燥度合なんですね。

イソトレチノインの内服には、その他にも様々な効果があります。

角質の分化異常を改善させる効果を応用して、
①毛孔性苔癬(二の腕や背中にできる赤黒いポツポツ)
②慢性膿皮症(お尻にできる治りにくい炎症を繰り返すおでき)
③顔面毛嚢性紅斑黒皮症(北村病:青年に多い耳前部のザラツキを伴った赤黒いポツポツ)
に劇的効果が認められます。

また、ニキビ跡の凹凸にも効果があります。
ニキビ跡の凹凸は、肌の状態を良く観察すれば分かるのですが、
固定したものではないんですね。

言ってみれば、海綿に油を染み込ませてブヨブヨに膨らんだ状態に
なっているんですよ。

そこで、イソトレチノインを内服して頂き、皮脂(あぶら)をギュッと
絞りますというと、あら不思議、デコボコが改善するんですね。

それは、ものの見事に!

患者さんにお渡しするパンフレットには以下の記載をしております。

イソトレチノインの効能・効果
①ニキビが早く治る
②ニキビができにくくなる
③皮脂が減る
④毛穴が小さくなる
⑤しみが薄くなる
⑥凹凸がなめらかになる

副作用についても、述べないといけませんね。

一番は、妊娠した場合の胎児の催奇形性です。
一年以内の妊娠を予定している女性にはお出しできません。

欧米では、イソトレチノインと避妊用ピルをセットでお出しするのが標準のようです。
日本(当院)の場合、催奇形性のお話を強く説明し自己管理で避妊をして頂くよう
お願いしております。

当院では、大雑把に半年間の内服と内服終了後半年間の合計1年間は、
妊娠を避けて頂くようお願いしております。

2番目の副作用は、肝機能障害です。
当院では、初回と2カ月ごとに血液検査を行い肝機能異常が出ていないかどうか
チェックしています。
実際のところ、めったに肝機能障害は出てないですね。

3番目の副作用は、日焼けをしやすくなることです。
日焼け止めクリームを厳重に塗って頂いたり、日焼け止め効果のある内服剤を
お勧めしたりしています。

4番目は、皮脂が減りすぎることによる肌の乾燥です。
唇の粘膜にまず症状が現れます。

副作用を良く理解した上で、適切な使用をして頂くとこれほど素晴らしい
薬は無いと思います。

素晴らしい治療薬ではありますが、ここで釘を刺しておかないといけないことがあります。

それは、ニキビ治療に際して使用しても良い場合は、従来の方法では治療が困難な
重症ニキビの患者さんに限るということです。

様々な抗生剤や真菌剤の外用・内服を試して、日常生活上のいろいろな注意点を守ったうえでも
尚しつこくニキビが治らないケース、あるいは一旦治っても短期間でニキビが
再発してしまう場合などです。

次回は、ミラドライのその後について書いてみたいと思います。
それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。