FC2ブログ

粉瘤と感染性粉瘤の治療について ~アテロームでんがな(大阪弁)~ その2

本日は、アテロームでんがな(大阪弁)の2回目ということで、書き進めて参りたいと思います。

アテロームは、外傷や毛穴が詰まって真皮内に表皮成分が混じり込んでできてしまいます。
日本語で「粉瘤」と書いて「ふんりゅう」と読みますが、ここで日本語の素晴らしさを
感じることができます。

また、脱線してしまいそうですが、「粉」というのが「角質=垢(あか)」を表わしているんですね。
「瘤」は文字通り、垢の成分をためた袋がこんもり盛り上げって「瘤」状に見えるんですね。

つまり「粉瘤」という病名は、できものの「成分」と「状態」をたった漢字二文字で表現して
しまっているんですよ!
英語で、アテローム(atherome)って言いますが、字面だけ眺めていても何も分かり得ません・・・。
やっぱり日本語って素晴らしいと思いませんか!?

ちょっとここで、皮膚の断面図について触れておこうと思います。
皮膚の断面はといいますと、
上から
①角質
②表皮
③真皮
④脂肪を含めた皮下組織
と分かれます。

そして「角質」は、表皮の基底細胞(表皮突起)の一つの細胞が細胞分裂を繰り返し、
徐々に皮膚表面に上がって来ます。
最終的に細胞の「核」が消滅し、死んだ細胞である「角質=垢」になるんですね。
普通は、外に開かれた空間で角質がどんどん作られては皮膚表面から剥が落ちて行きます。
これを皮膚のターン・オーバー(turn over)と呼び、大体28日周期なんですね。

ところが、毛穴の出口付近が詰まったりしますというと、毛穴の中は”閉じられた空間”となり、
角質が排出できない状態となってしまいます。
(毛穴の竪穴は、もともと表皮細胞が取り囲んでいます。毛穴の中では、角質がどんどん作られて、
作られた角質は、次々と毛穴から排出されています。)
その結果、毛穴の出口が詰まって→中に垢が溜まって→粉瘤が出来上がります。

さて、角質をたっぷり溜めた袋なんですが、手術ではこの袋を綺麗に取り除いてあげる必要があります。
袋の内側は、「表皮細胞」で覆われているので、もし手術中に袋の一部の「表皮細胞」が取れ残ったら、
時間の経過とともに、また袋を完成させて見事に「粉瘤」が再発してしまう恐れがあります・・・。

要するに「粉瘤」を再発させないためには、袋全体を取り残しなく完全に取り除かねばなりません!!

あと、やや専門的になりますが、粉瘤を良く観察しますというと、
黒っぽく少し凹んだ毛穴みたいなのが見受けられることが多いのですが、この「黒い凹み」のことを
僕たちは、「臍(へそ)」と呼んでいます。
手術後に「粉瘤」を再発させないためには、この「臍」周囲の皮膚も丁寧に切り取らないといけません。
「臍」を残しておくと再発する恐れが高くなります・・・。

次に「粉瘤」が化膿したものを「感染性粉瘤」と言いますが・・・。
袋の中の垢なんですけど、バイ菌の格好のエサになるんですね。
ずばり化膿しやすいんですよ。

化膿した場合は、治療の手順がややこしくなります。
①赤くなって
②腫れて来て
③熱を持って
④痛くなって
⑤膿が出て来たり
します。

いわゆる「炎症症状」が出て来て、患者さんが慌てて来院されます。

でも、炎症が起こってしまった場合は、すぐに袋を取り出す手術が行えません・・・。
いわば、袋の中と周りの組織に「火事」が起こっていますので、それを鎮火させることが先決となります。

そのため、
①「粉瘤」とその周りに部分麻酔の注射のあとメスで「切開}し中の「膿」を絞り出します。
これを「排膿」と言います。
 →この時、独特の悪臭が漂ったりしますので、あらかじめベッド近くの窓を
 全開にして換気しなければ、鼻が死ぬことになります。(笑)
その後で、
②袋の中の消毒と切り口周辺部の消毒を行います。

あと、抗生剤の内服を一週間ほどして頂きます。
切開部分の消毒処置を毎日行っていきますと、「感染性粉瘤」は徐々に腫れ・赤みが治まって参ります。

7~10日後、膿が全く出なくなって切開部分が落ち着いたのを確認して、今度は仕上げの縫合手術に
入ります。

部分麻酔の注射を「粉瘤」の周辺に万遍なく打った後、炎症を起こした周囲組織をひとかたまりとして
メスおよび外科剪刃で摘出します。

炎症を繰り返した経過の長い「感染性粉瘤」は、広範囲が「瘢痕」という硬い組織で覆われている
ことが多く、こういった場合は、無理に瘢痕組織を取り除くには組織欠損が大きすぎますので、
摘出範囲は切開部分の周囲の小さい範囲に留めることになります。

瘢痕摘出後は、バイポーラーという凝固装置で出血部位を丁寧に止血操作します。
その後、埋没縫合(中縫い)を透明のナイロン糸で行います。
この中縫いは、抜糸後も傷が開かないように皮膚内に残り続けます。

中縫い後は、黒色のナイロン糸で表皮縫合(表縫い)を行います。
表縫いは、通常一週間後に抜糸を行います。

「粉瘤」は、ごくまれではありますが、悪性変化がありますので、摘出した標本は病理検査で
悪性変化が無いかどうか確認する必要があります。

今回は、処置がややこしい「感染性粉瘤」について、詳しくその経過を書きました。
感染していない素の「粉瘤」は手術が楽しいんですね。

次回は、素の「粉瘤」の手術について、その楽しさの一端に触れてみたいと思います。

お楽しみに。

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



粉瘤と感染性粉瘤の治療について ~アテロームでんがな(大阪弁)~ その1

きょうは、粉瘤と感染性粉瘤の治療について書いて見たいと思います。

粉瘤は、できもの(おでき)の中で一番多いものなんですね。
誰でも一生の間に一つや二つ体のどこかにできてもおかしくない、「おでき」です。

英語で「アテローム」と言うんですが、一般の方でも「アテローム」が通じる場合がちらほら
出てきました。

外来にて、
患者さん:「あのぉ、アテロームができたんですけど・・・。」
私:「どれどれ、どこにできましたぁ~?」
患者さん:「右肩のこの辺にぃ・・・。」
私:「ほんとほんと。あったあった。アテロームですね。」
患者さん:「やっぱりアテロームでしょう!」
私:「アテローム、アテローム。うん、アテロームに間違いないですぅ。」

てな、感じです。

「アテローム」という言葉は、動脈硬化でも使われるんですけどね。
この場合は、日本語で「粥状硬化」なんて訳されます。
血管の内部の壁にアテロームの瘤ができて(アテローム変性)、それがだんだん大きくなり、
終には血管を詰まらせてしまう恐れがあるんですね。

心臓で起これば「心筋梗塞」
脳動脈でおこれば「脳梗塞」
と、恐ろしい生命の危機に直結する重大な病気になってしまいます・・・。(コワァ)

ちょっと脱線してしまいましたが、皮膚にできる「アテローム」は99%以上が良性ですから
気が楽です。

患者さんには、
「部分麻酔の注射で、日帰り手術を行っていますよぉ!」
「手術時間は、30分くらいで、健康保険が使えて大きさにもよりますが、自己負担分は
大体1万円位ですよ~。」
「手術後当日はお風呂に入れませんけど、次の日から防水テープを貼ってもらえれば入っても
いいですよ~。」
「抜糸は一週間後ですけど、毎日通院しなくても大丈夫ですよ~。」
「消毒剤・ガーゼ・テープをすべてお渡ししますので、ご自分で消毒処置を
して下さいね。(ハート)」
「心配な方は、毎日通院して頂いても結構ですよ。当方で親切に消毒の上、ガーゼ交換させて
頂きますので。(ハート)」

なんて説明しまして、術前検査として採血にご案内します。
血液検査では、貧血の有無・血の固まりやすさに異常がないかどうか・B型肝炎やC型肝炎と言った
感染症の有無を調べます。

ややっ!?
今日は、日常の診療風景ばかり書いてしまい、「粉瘤」と「感染性粉瘤」その原因、手術内容について
まったく書いてないですね・・・。

脱線で疲れてしまったので、次回以降に書いていきますね。

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

ロアキュテインの効果(切れ味)ってすごいんですよ!!

今日は、ロアキュテインの素晴らしい効果が出た症例写真を御覧に入れたいと思います。

まずは、Before After の写真をご覧下さい!

治療前 2012年3月21日



2013年6月15日
IMG_3922_convert_20130701185431.jpg

治療期間は1年と3ケ月で、これほどまでに重症ニキビ(集族性ざ瘡)が改善できましたぁ!!
スポーツを毎日されているせいで、日焼けの色素沈着がスゴイですが・・・。
この方は、1クール20週間でニキビは一旦完全に治まったんですね。

そして、最近の猛暑とクラブ活動のせいで皮脂が戻ってきて、ニキビもポツポツ出始めたらしいんです。
頬の真ん中にニキビが少し顔をのぞかせていますので、2日に1回の内服を継続して頂くことにしました。

患者さんは、これまでありとあらゆる抗生剤の内服と外用を試され途方に暮れておられたんですね・・・。
知り合いの方に当院を紹介されて来院されました。

「年頃だから仕方ないかも・・・。」
「いろいろな治療法を試したのでもう無理かも?」
と、なっていたはずです。

イソトレチノイン(商品名:アキュテーンもしくはロアキュテーン)の内服が登場するまでは・・・。

20㎎の錠剤を毎日一錠ずつ内服して頂くだけです。(唇が一定以上に乾燥した場合は、
2~3日に1回1錠に減量して頂きます。)

何をしても治らない「重症ニキビ」には、イソトレチノイン(ロアキュテイン)の内服を
試してみる価値が十二分にあると思います!

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

フォトフェイシャル(IPL)治療について

今日は、フォトフェイシャル(IPL)治療について書いて見たいと思います。

まずは、症例写真をご覧下さい。

フォトフェイシャル 9回終了

初回 治療前 2012年9月28日


9回終了 10回目診察時  2013年6月26日
IMG_4072_convert_20130701152451.jpg

フォトフェイシャルの施術を1ヶ月ごとに9回受けて頂いた患者さんのBefore Afterです。
どうですか?
①肝斑
②そばかす
③ホクロ
が薄くなっているでしょう!
肌のトーンも明るくなっているとおもいませんか!?

フォトフェイシャルは、美肌治療の原点とも言えるものです。
一か月に一度のペースで治療を受けて頂きます。

痛みは、ほんのり暖かくてちょっとピリッとした刺激を感じるくらいのごくごく軽いものです。
治療時間は、30分程度で済みます。

治療直後からの化粧が可能です。(軟膏を塗ったりガーゼを張ったりする手間が要りません。)
→「ダウンタイムが無い」と言い方をします。
→「ダウンタイム」という言葉は、10年位前に出てきた言葉ですが、今では一般の患者さんにも
普通に浸透しているようで、診察室でも患者さんサイドからこの言葉が出てきたりなんかしますと、
時代の変化を感じずにはおられません・・・。

僕自身、フォトフェイシャルは、本当に良い治療だと思っています。
当院には、3台のフォトフェイシャルがありまして毎日大活躍です!!

フォトフェイシャルのメリットを書いて終わりにしますね。
①日光色素斑(老人斑)が薄くなる。
②雀斑斑(そばかす)をほぼ消し去ることができる。
③毛穴が縮小する。
④目の周りの小じわが改善する。
⑤ニキビ跡の赤み・色素沈着を速く消すことができる。
⑥肌のトーンが明るくなる。(明るいトーンのファンデーションが使えるようになる。)

美肌治療に最適なフォトフェイシャル!
これからも大活躍間違いなしです!!

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/

ケロイドの治療

今日は、ケロイドの病態と治療について書いてみたいと思います。

「ケロイド」は、ドイツ語で「Keliod」と書いて、「蟹の足」という意味です。
和訳では、「蟹足腫(かいそくしゅ)」と訳されています。
文字通り、四方八方に正常皮膚を侵しながら拡がって行く非常に厄介なできものです。

ケロイドの表面は、赤く緊満した状態で独特の光沢を帯びています。
活動性が高いものほど鮮やかな鮮紅色を呈しています。

自覚症状は、「痛み」や「かゆみ」です。
肩甲骨や肘・膝にできた場合はひきつれによる運動障害を
引き起こします。

病理組織は、膠原線維(コラーゲン線維)のカタマリです。

ケロイドの原因は、外傷や外科手術、ピアス、ニキビ等が引き金となりますが、
特に誘引なくできてしまうこともまれではありません。

蚊に刺されたり、女性の場合下着の肩ヒモやプラスチックの留め具が当たって、それが
刺激となってケロイドが生じることさえあります。

できやすい場所は、おおよそ決まっています。
①上腕の三角筋部(ワクチン等の注射を打つ時の肩辺り)
②胸骨部(胸の中央の骨のある辺り)
③肩甲骨部(背中)
④下顎骨部(下顎の辺り、ひどいニキビの後にできやすい)
⑤耳垂部(耳たぶ)
⑥恥骨結合部(下腹部)

すなわち、「ケロイド」は、皮下すぐに骨が触れる場所にでき易い特徴があります。

次に「ケロイド」の治療法について列挙してみますね。
①ステロイド(ケナコルト)の注射
 →ケロイド組織を委縮させて小さくする効果があります。
 →通常、一か月に一回当たりの注射を5回~10回程度繰り返します。

②トラニラスト(リザベン)の内服
 →一日3回1カプセルずつ内服します。
 →ケロイドの赤みや隆起を抑える効果と痛み・かゆみを抑える効果があります。
 →出血性膀胱炎という尿に血が混じる副作用がありますので、定期的な尿検査が必要です。

③シリコンシート(Fシート)の貼付
 →保湿効果によりケロイドの活動性が抑えられます。

④ヒルロイド・ソフトの外用
 →シリコンシートと同様に保湿作用によりケロイドの活動性が抑えられます。

⑤ステロイド剤の外用
 →ステロイド・テープ(ドレニゾンテープ、トクダーム)
 →ステロイド剤の塗布と密封療法
 →効果が限定的なことが多く、僕自身はあまり使用しません・・・。 

⑥放射線の照射
 →リニアックという電子線を2日に一回のペースで5回くらい照射します。
 →電子線は、皮膚表面にしか届きませんので、内臓に対する副作用はありません。
 →コラーゲンを作る線維芽細胞を抑制させ、手術後の再発を予防します。

⑦手術による摘出
 →⑥の放射線治療と併用することが多いです。

⑧スポンジ(レストン)による圧迫

⑨漢方薬
 →柴苓湯という漢方が、ステロイド作用があるのでケロイド治療に期待できます。

⑩ボツリヌス毒素(ボトックス)の注射
 →ケロイド周りの筋肉の緊張を解いてあげる(引っ張り力の軽減)ことで、ケロイドに対する刺激を
  緩和します。
 →通常、10単位~20単位くらいを注射します。
 →①のケナコルトの注射を併用すれば相乗効果が上がります。

これらの治療法を患者さんごとにいろいろ使い分けています。

当院の工夫としましては、特に①のケナコルトの注射の際はできるだけ浅い位置に
打つように心掛けております。
理由は、ケロイドの中心部は組織が充実しているあまり、薬液を容易く注入することが困難です。
かと言って、ケロイドの下方に打ちますと皮下組織に流れ込んで、正常な組織が委縮し凹んでしまいます。

すなわち、ケロイドのカタマリのごく表面に水ぶくれを作る気持ち(皮内反応の要領)で注入するのが
ベストです。
こうすれば、凹ませたいケロイド部分だけに薬液を反応させることができるからです!!

それから、肩や胸の中央付近にできたケロイドに対しては、ボトックスの注射を併用して
筋肉の緊張を取って上げることが大事です。

その際、正常皮膚に針を突き刺すのではなく。ケロイドの縁かケロイドそのものに針をさして
薬液を注入することにしています。
理由は、軽微な刺激でもケロイドが発生する恐れがあるのですから、治療の際のハリの刺入そのものが
ケロイドの発生の引き金になるかも知れないからです。

ここからは、余談となりますが、僕自身のケロイドの捉え方を書いて見たいと思います。

「ケロイド」は、実際のところ怒っているんじゃないかと感じています。
子供が顔を真っ赤にして、口を尖がらせて駄々をこねている感じです。

僕には、赤く緊満したはち切れそうな「ケロイド」を目の前にしますと、シリコンシートという「布団」を
そっとかけてあげて、「寝んねんころり」を静かに歌ってあげて、なだめすかして、癒してあげることが
大事なんじゃないかと、日々そんなことを考えて治療に当たっています・・・。

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科  
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR