FC2ブログ

症例写真 異所性蒙古斑のレーザー治療

治療前 2009年4月6日
DSCN0083_convert_20130902115450.jpg


Qスイッチルビーレーザー 4回終了 2013年6月18日
DSCN0665_convert_20130902115507.jpg

女性の左上腕部にある異所性蒙古斑です。

蒙古斑と言えば一般的に、生後直後からお尻の仙骨部に認められ、成長と共に徐々に薄くなり最終的に消えることがほとんどです。

お尻以外に認められる蒙古斑を異所性蒙古斑と言いますが、色が濃い場合は大人になっても消えずに残ることがあります。

この異所性蒙古斑は、健康保険でレーザー治療が認められています。
使用するレーザーは、Qスイッチ・ルビーレーザーです。

今回のケースでは、足かけ4年ほどの間に4回のレーザー治療を受けていただき、あざをほぼ100%消褪させることができました!

一回の治療費は、健康保険が効いて3割負担の方で9000円程度です。
通常、3ケ月以上空けて2回目、さらに3か月以上空けて3回目という風にレーザー治療を繰り返し行います。

レーザー治療は、歯医者さんと同じように部分麻酔の注射をあざのある部位に行った後に行います。
麻酔の注射は、少し痛いですが短時間で済みますので、身体と精神的な負担はそれほど大きくありません。

レーザー治療は、あざの面積にもよりますが、通常5分程度で終了となります。
レーザー照射後は、熱を帯びていますので10分程度アイスパックで冷却します。
その後、ワセリン軟膏を塗布しガーゼを貼れば終了です。

レーザー治療後は、ご自宅で軟膏塗布とガーゼの貼付を2~3週間程度行って頂きます。
この間の、入浴は短時間なら可能です。
さすがに、レーザー当日は入浴を控えて頂いた方が無難ですが、翌日からは短時間、水やお湯で濡らすのは許可しております。

サウナやプールに行かれる方は、レーザー後の茶色の痂皮が取れてからにして下さいとご案内しています。

レーザー治療を受けるたびにあざは薄くなっていきますので、それを見た患者さんも意欲的に治療に取り組んでもらいやすいと思っています。

Qスイッチ・ルビーレーザーは、真皮内の異常なメラニンだけを選択的に熱破壊しますので、正常な皮膚を全く傷つけないで、あざの青色色素だけを安全に除去することができます。

このレーザーは、しみや刺青の除去でも大活躍します。

異所性蒙古斑でお悩みの方は案外多いものです。
健康保険でレーザー治療が受けられますし、安全に確実に除去できます。

レーザーが登場する前は、ドライアイス治療や切り取る手術を行っていたんですよ。
今は、レーザー治療が常識となっております。

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



~症例写真~ ニキビ跡の凹凸もここまで治せるようになりました!!

治療前: 2010年3月5日



・CO2レーザー           6回
・モザイク(フラクショナル・レーザー)      5回
・モザイク+エコツー(フラクショナル・レーザー) 2回
・ロアキュテイン (現在も不定期に内服中)

治療後: 2012年12月15日
IMG_1711_convert_20130902104448.jpg

この患者さんは、元々非常に重症のニキビ患者さんでした。

これまで他院で処方を受けた抗生剤や抗真菌剤(内服・外用共)・漢方薬・イオウ製剤といった、あらゆるニキビ治療薬に抵抗性を示す非常に難しいタイプのニキビ患者さんだったんですね。

当院では、まずロアキュテインの内服を開始しまして、これが劇的に効きました!
そしてついに、ひとつ残らずニキビを殲滅させることができました。

肌質が元来非常に強い脂性肌の方ですから、何も治療しなければ少しづつですがニキビが出て来てしまいます。
そこで、通常よりずっと長い3~4年間のロアキュテインの内服を、現在でもごく少量ずつですが続けて頂いております。

その後、ニキビ跡の凹凸も治療を希望されまして、CO2レーザー、モザイクとエコツーの2種類のフラクショナル・レーザーを用いたレーザー治療を合計13回にわたり受けて頂けました。

写真をご覧いただきますと、あごの辺り、小鼻の周囲、頬の中央と、どこをとっても肌質とニキビ跡の凹凸が改善しているのがお分かりいただけるかと思います。

当院では、フラクショナル・レーザーによる治療を開始して以来、ニキビ痕の凹凸もかなり克服できるようになりました。
もう、これは本当にすごいことだと思うんですね。

「ニキビ跡の凹凸を病理学的に診断すると、皮膚表面から奥深くの真皮深層まで瘢痕(コラーゲン組織の
硬い傷あと)のカタマリになっているので、治療が不可能です・・・。」なんて、あらゆる学会でさんざん言われてきたことなんですけど。
ついにというか、あきらめずに結果を追い求めていると、いつかは目標に近づけるようになるんですね。

その意味で、患者さんもドクターも「目標」って大事だと思います。
「治療を諦めないこと」って、言いかえても良いかもしれません・・・。

どんな病気も病変も、今は良い治療が無くてもその内いつか克服できるようになるかも知れません。

今回、どこに出しても恥ずかしくない(治療効果がだれの目にも明らかな)症例写真をお見せできて、すごく感慨深いものがあります。

この患者さんにも、当院を信頼して何年にも渡り通い続けて頂き、そうして治療技術の進歩に貢献して頂き、また症例写真の使用を快くご了解頂きましたことを本当に感謝しております。
この場を借りまして、御礼申し上げたいと思います。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

女性の育毛患者さんの症例写真を公開します!!

今回は、女性の育毛患者さんの症例写真を提示しますね。
ここ数年、女性の育毛患者さんの数が増えています!

自毛が生えたなら、ウィッグでは得られない満足感がありますよね!

Before 2009年1月23日



dscn8612(2)_convert_20130817155020.jpg

                  
After 2013年7月17日

DSCN1082_convert_20130817154655.jpg

dscn1083(2)_convert_20130817154942.jpg

この患者さんは、かれこれ4年半通院して頂いております。
少し時間がかかっているように思われるかもしれませんが、4年半分お年を召されたわけですから何も治療しなかった場合、その年齢分だけ毛髪量が減少するはずです。

ところがどうでしょう!?

頭髪だけでも10歳以上の若返り効果が出ていると思いませんか?
時間経過を加味しますと、15歳くらい若返っておられるといってもいいはずです!!

育毛治療は、川下から川上へ船を進めるのにも似ているんですね。
年齢を重ねてのいわゆる老化に打ち勝って、なおかつそれまで以上に毛量を増やさねばなりません。

女性の発毛には、パントガールという薬剤が欠かせません。
パントガールには、
①ビタミンB1
②パントテン酸カルシウム
③薬用酵母
④L-システイン
⑤ケラチン
⑥パラアミノ安息香酸
が配合されています。

このパントガールを中心として数種類の薬剤を組み合わせて治療すれば効果的なんですね。

女性でも男性でも毛量が増えますと、一気に若返った印象を受けます。

昔はすごく毛が多かったのに、いつの間にかこんなに減ってしまって・・・。
と落胆されている女性は数多くいらっしゃいます。

でも大丈夫!!

現代の医療レベルでは、男女問わず若かりし頃の毛量を、高確率で取り戻せるようになっております。
発毛のことなら、当院にどうぞお任せあれ!!

それでは、また。

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR