FC2ブログ

症例写真です!赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療 パーフェクタ(Vビームの上位機種)×6回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、赤あざの患者さんの治療経過を御覧に入れたいと思います。

この方は、当院に来られるまでの10数年の間、他院で赤あざ用のダイ・レーザーとVビーム治療を10回前後受けて来られた患者さんです。

従来の治療では、これ以上良くならない、すなわち治療効果が頭打ちになっているので、さらなる治療効果を求めて当院に来られました。

こういった赤あざの患者さんが本当に増えております。
Vビームが健康保険で受けられるように法律改正されるや否や大病院はこぞってVビーム・レーザーを導入しましたので、多くの赤あざの患者さんは、大病院で治療を受けられます(受けてしまわれます・・・)。

大病院では、手術の片手間にレーザーをやっておられる先生がほとんどですから、それほど熱心に熱意を持ってレーザー治療に当たられていることは無いと思うのです。(大病院の先生ゴメンナサイ・・・。)

待ってましたぁ!パーフェクタの出番です。

パワフルなパーフェクタは、切れ味抜群です!
安全マージンを十分広く取りつつ(DCDを用いた冷却をバッチリ効かせます!)、非常にパワフルにビシバシレーザーを照射できるんです!

取れ残っていた血管腫も何のその、取れにくかろうが深かろうが血管が太かろうが、そんなことお構いなしです。
まるでブルドーザーのごとく猛烈に地ならし(異常血管を消失させていきます!)をしてくれるのですぅ!

ただし、きちんと当てようとするあまりレーザーの重ね打ちをし過ぎると皮膚壊死を起こしてしまいます。
結果、瘢痕化(傷痕)の原因となります。
レーザー初心者のドクターに多い失敗です。

適度にレーザーを当てない場所を作りながら治療して行くという良い意味での匙(さじ)加減が大切なのです。

ちなみに現在も通院頂いておりますが、照射レベルを公開しましょう!!

~パーフェクタ 照射条件~

スポットサイズ φ5mm
照射時間 10msec
照射出力 25ジュール/cm2
DCD  40msec/20msec

従来のVビームでは、20ジュール/cm2までしか出せませんから25%増しの出力となります!
このパワーで照射できるドクターは、ごく限られると思います。

ひとつ間違えると間違いなく部分的に皮膚が死んで、瘢痕化を来す恐れが多分にありますから・・・。

クルマで言うと、1000馬力を超えたレーシングカーですね。
経験豊富なドライバーでないと、恐くて運転できたものではありません!

パーフェクタなら、MAX40ジュール/cm2(ただしスポットサイズがφ3ミリの場合)まで出せます。
日焼けや色黒の方は、照射出力に注意が必要となりますが、通常、パワーは天井知らずとなっております!!

それはそうと、最近、関東や九州のドクターらしき方が、時々、僕のつたないブログを覗きに来てくれているらしいのです。

先生っ!こんばんわ!
はじめましてっ!大阪でレーザークリニックを開業している吹角(ふくずみ)です。

来週も来てくれるかな?
いいともぉ!

・・・
・・・

残念ながら、パーフェクタはまだ健康保険の適応とはなっておりませんので、自費診療となるのが悩みの種です・・・。

 治療前 2012年8月3日

26187 20120803

               


 6回治療後 2014年1月25日

26187 20140125

この方も、6回のパーフェクタ照射でずいぶん薄くなっているのがお分かり頂けるかと思います。

小鼻の横あたりに少し瘢痕形成(傷痕)が残っていますが、僕がしでかしたものではないですよ!(ビフォーの写真にもちゃんと写っているでしょ!)
他院のレーザーで無理をして瘢痕をこさえてしまったんですね・・・。

僕も、大学を卒業してこの方21年間ずっとレーザー治療に携わっておりますので、赤あざ治療は大の得意分野です。

師匠の小川 豊教授と葛西健一郎先生という日本を代表する形成外科の重鎮お二人にレーザーの手ほどきを受けられたことは本当に光栄なことですし、運が良かったと思っています。

治療効果に頭打ちなんかないぞ!という気持ちでこれからも邁進していきたいと思います。

ブログを書くということは、自らを鼓舞する良い機会になるのと、初心を忘れない(思い出す)良い機会になりますね・・・。

小川先生!葛西先生!不肖、私ふくずみを見捨てずにこれまでご指導下さいまして本当に有難うございました。
ふくずみは、今日も元気に頑張っております!!

・・・

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。異所性蒙古斑のQスイッチ・ルビーレーザー治療×2回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

小さな女の子の背中の青あざです。
お尻以外にできる蒙古斑を異所性蒙古斑と言います。

Qスイッチ・ルビーレーザーが非常に良く効きます。

初診時、2歳でした。
術後写真は、6歳になっていますが、たった2回のレーザー治療でこんなにキレイになっています。

実は、刺青でも異所性蒙古斑でもレーザーの治療間隔を空ければ治療回数が少なくて済むということがあります。

この女の子も、4年ぶりに2回目のレーザーを受けるときには、最初と比べてものすごく薄くなっていました!!
結果、2回目のレーザー治療を当てて治療終了と言えるレベルまで薄くすることができております。

 異所性蒙古斑 治療前  2009年7月31日 

20945  20090731

               

 Qスイッチルビーレーザー2回治療後  2014年2月23日

20945 20140223

若干の色素沈着がまだ残っている状態ですが、半年くらいで自然に消えてなくなりますので心配には及びません。

異所性蒙古斑を含めた蒙古斑全般に言えることですが、東洋人の場合、生まれた時にお尻や背中みられることが多いのですが、大抵のものは1~2年で消えてなくなります。

遅くとも小学生に上がるころには目立たなくなるか、消えてしまって存在すらわからなくなることが多いのですが、非常に濃い青色の場合は、成長後も残る確率が高くなります。

あらかじめ青色が非常に濃い場合には、赤ちゃんの段階で治療を開始した方が良いメリットもあります。

体表面積が小さな赤ちゃんですと、実際の治療面積がごく小さくて済みます。
また、レーザー治療の痛みもすぐ忘れてくれるのも利点と言えます。

それに、赤ちゃんの皮膚が薄いこととメラニン細胞が幼弱であるということからレーザー治療に非常に良く反応するということも述べておかねばなりません。

自然に消えることも多い蒙古斑ではありますが、将来取れ残る可能性が高い濃い蒙古斑は、早期治療が良いという結論になります。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

再掲載 重症ニキビにはロアキュテインでしょっ!! イソトレチノイン(ロアキュテイン)の内服 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、最も重症度が高かったニキビ患者さんのその後です。

もともと皮脂の分泌が非常に多い方ですので、1年1ヶ月経った現在も、ロアキュテインの内服を少量ずつ続けて頂いております・・・。

右ほほに一つ二つニキビが発生しておりますので、ロアキュテインの内服を週に1~2錠飲んで頂く方が無難です。

ブログで次々と良くなった患者さんの症例写真を載せているせいか、最近、全国から重症ニキビの患者さんにお越し頂けるようになりました。

まず、カウンセリングの段階で最終的にひとつ残らず治して見せますからねって、断言・約束することにしております。

ひょっとすると何百人の最重症患者さんの中には、ロアキュテインを以てしても治せない方がおられるやもしれませんが、もしそうなった場合でも何とかするぞと思っておりますので、大丈夫です。

自分自身、絶対に後には引かないぞと「背水の陣」で臨んでおりますので、絶対に治しますし治して見せます!!

 治療前 2013年1月22日

IMG_2114_convert_20130122.jpg

               

 治療後 2014年2月25日

IMG_6997(2)_convert_20140225.jpg

 治療前 2013年1月22日

IMG_2109_convert_2014031112.jpg

               

 治療後 2014年2月25日

IMG_6992_convert_20140311125254.jpg

もう、写真の説明はいらないと思います。
一目瞭然、だれが見ても良くなっていることが分かりますよね!

ちなみに治療後の写真はメイク無しですので、お間違えなきように・・・。
もしメイクしているなら、小さなホクロがいくつか写っておりますが、それが隠されてしまいますから。

兎に角、まるでファンデーションがノッテいるかのような白い肌がそこにあります!!

この女性の今後の人生が変わるかもしれませんね。
良かった、良かった。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR