FC2ブログ

症例写真です!女性の育毛 2年3か月でホラッこんなに・・・。 ミノシキジル外用+内服+パントガール内服+プロペシア内服+亜鉛+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、50代女性の育毛患者さんの症例写真を提示したいと思います!

ご覧の通り、前頭部から頭頂部にかけての薄毛がずいぶん改善されていると思いませんか!?
治療期間が、2年3ヶ月と少々時間がかかりましたが、時間がかかり過ぎというほどでもないかと思います。

治療前 2011年12月2日
24870 2011 1202

                             

2年3か月後 2014年3月14日
24870 20111202(2)


治療前 2011年12月2日
24870 2011 1202 (2)

                              

2年3か月後 2014年3月14日
24870 2014 0304

この女性は、おしゃれ感覚にとても敏感な方でして、薄毛をすごく気にされておいででした。
人工的なウィッグは、人目はダマせても自分の心はダマせません・・・。

非常に本物志向が強い方ですから、できれば自分の毛を増やしたいという強いご希望がありました。

年齢が50代で出産年齢を過ぎておられましたので、男性型脱毛症に効くプロペシアの内服を使用するのに、僕としましても何ら躊躇はありませんでした・・・。

プロペシアの内服は、妊婦の催奇形性の問題から、メーカーから出産適齢期の女性のみならず、すべての女性に使用が勧められませんとお触れが出されております・・・。

ですが、当院では特に危険性が無い場合には、ご本人さんの了解を得た上で、時々女性の患者さんにもプロペシアを処方すること場合があります。
男性型の薄毛を示す女性には、プロペシアが非常に良く効くという方々を実際にたくさん見てきました。

治療効果をより確実にするために、この方には、

①ミノキシジルの外用
②ミノキシジルの内服
③パントガールの内服
④亜鉛の内服
⑤プロペシアの内服
⑥その他
を組み合わせて治療することにしました。

2年3か月の間、全く同じ治療メニューを続けたわけではなく、状態に応じて適宜内容を変更したのは言うまでもありません。

巷では、男性の育毛より女性の方が結果を出すのが難しいとされています。
それは、原因がはっきりしないからです。

当院では、原因の一端を男性型脱毛症と位置づけて治療した結果、この方の場合、非常に良好な結果が得られました。

育毛関係では、これからの課題はいろいろあります・・・。

①女性・男性問わずに側頭部のみの薄毛の方。(教科書的には甲状腺ホルモンの低下で起こるとされていますが・・・。)
②円形脱毛症の方で、DPCP療法、SADBE療法に反応が乏しい方。
③多発型の円形脱毛症の方で、次々、場所を入れ替え立ち替え再発してしまう方。
④ミノキシジルの内服で、脱毛が却って悪化してしまう方。(女性に多いようです。)
 →ミノキシジルの外用療法では、かぶれ症状が出る方は時々おられますが、外用で抜け毛が増える方はまずおられません。一方、内服では抜け毛が顕著に出る方がおられたりします・・・。困った、困った・・・。

当院も、この稚ブログを御覧になった患者さんが救いを求めてはるばる遠方から来られたりします。
本当に様々なタイプの脱毛症の方がおられまして、バリエーションが本当に沢山あるものなんですね。

脱毛症の治療の世界は、実際のところとんでもなく広くて深淵です。
自分としましては、これからも基本的な治療を守りながら、スペシャルな治療にも取り組んでいければと考えております。

今日は、結構、謙虚に真面目に終わりましたね・・・。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。フォトフェイシャル×4回でしみ・そばかすが、ほら、こんなに・・・。 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、フォトフェイシャルの症例写真を御覧に入れたいと思います。
1~2ヶ月に一回のペースで4回受けて頂いた、60歳前後の女性のビフォー・アフターです。

鼻から両ほほにかけてパラパラとあるしみ・そばかすが、70%程度取れているかと思います。
さらに、頬骨あたりの皮膚は、なんとなんと張りが出ているじゃあありませんか!?

「ホンマやぁ~。」
「若返ってるわぁ~」
なんて、声が聞こえてきそうです・・・。

さて、フォトフェイシャルは、しみを薄くしたり消したりする効果のほかに、次のようないろいろな効果があるんですね。

①赤ら顔(紅斑)や毛細血管拡張症といった、顔の赤みを薄くしたり取る働き。
②小じわを消したり、肌にハリを持たせる効果。
③毛穴を縮小させる効果。
④ニキビ跡の色素沈着や赤みを速く消褪させる効果。
⑤皮脂量を調節させる効果。(脂性肌の方は、皮脂が減ります。乾燥肌の方は、逆に皮脂量が増えてしっとりします。)
⑥薄いほくろなら、消したり小さくさせる効果もあります。

 治療前 2013年9月25日

 27719 20130925


 フォトフェイシャル4回治療後  2014年2月21日

27719 201402021

フォトフェイシャルは、機械が登場してからはや13年の月日が経ちました。

新しい器械を次々に追加して、現在がありますが、当院にはフォトフェイシャル関係の治療器は全部で3種類ありますぅ!

①ナチュライト(ルミナス社の元祖IPL・フォトフェイシャルです。)×4台
②オーロラ(IPL+RF・高周波)
③ウルティマ(IPL+モノポーラーRF+バイポーラーRF+超音波)
です。

ナチュライトは、まだまだ現役です。
ナチュライトは、器械的な機能がIPL一本に絞られていますので、非常に壊れにくく安定した性能を発揮できるという特徴があります。

当院では、4台ものナチュライト(元祖IPL)が、新しい治療器導入後もその座を追われること無く、現役で大活躍中です。

院長も、今月から月に一回のペースでフォトフェイシャルを5回受けることにしました・・・。
院長も内心若返りたいですね。(現在の体脂肪年齢は、タニタの体重計で32歳です。)
ウエストは、昨日、健康診断があって計ってもらったところ78cmでした。
(ちなみに、身長は、思いっきり背伸びして計りましたよ!2cmもプラスアルファを頂いちゃいましたぁ!テヘペロ。
院長は、背が小っちゃいので大目に見てね!peace!)

院長は、昭和41年生まれ(今年、年男です・・・。)なので、体脂肪率とウエスト周りは、まずまずでしょっ!
これからは、外見をさらに若返らせて、アバクロやSCOTCH&SODAのピタピタのジーンズをはいて、颯爽と仕事をする予定です!

看護師さんに、空いてる時間に僕の施術をお願いしなくちゃです。
ご褒美は、レディボーデンのシュガーコーンにしましょうか・・・。

機会があればビフォー・アフターをアップしたいと思います。
請う、ご期待!

今回も、関係ないことを一杯書いてしまいました・・・。
反省。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!育毛期間:1年5ヶ月でこんなに生えましたよ! ミノキシジル内服・外用+プロペシア+亜鉛+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、アラフォー男性の育毛(発毛)結果です。

1年と5カ月の治療期間でこんなに生えましたよ!
頭皮全体のカバー率は80%と言ったところでしょうか。

卒業まであと半年くらいの予定ですが、残り20%部分を半年で埋めることができるでしょうか?
頑張って埋めて見せますよ~。

アラフォー男性の方ですが、もう少しでアラサーに見えるところまで若返りました。

どんな薬もプラセボ効果というのがございまして、偽薬でも効くと思えば効くことがあったりします。
逆に、患者さんに治療に関して不信感や迷いがあったりすれば、効くものも効かなくなるということがあるんですね。

当院では、偽薬は使いませんが、このプラセボ効果を非常に重要なことと捉えております。

プラセボ効果を上げるためには、どうしたら良いか!?

まず、毎回写真をお撮りして前回、半年前、1年前、2年前と比較して今はどうなっているかということを患者さんと一緒に確認をします。

治療の流れが分かりますし、効果が自分の目で確認して納得して頂ければ、患者さんとしても治療を続けて頂き易いということになります。

また、患者さんご自身が効果があると思って薬を使用して頂きますと、プラセボ効果が加算され、より一層の治療効果が出るものなんですね。

毎日、鏡を見ていると小さな変化は気付きにくいものです。
ですから、診察の際、定期的に写真を撮って確認作業を行うことは非常に大事です。

逆に、治療効果が見えにくかったり、一定年月の治療継続で効果が頭打ちになっていることも確かにございます。
そんな場合は、謙虚にその事実を受け止め、今の薬を増量するかもしくは新たな薬剤を投入するかと言った判断をすることになります。

そんな風に毎回、治療内容の微調整をかけながら、最終的にカバー率100%の到達目標に向かって治療を続けて頂くことになります。

お陰様で当院の育毛患者さんは、治療の継続率が非常に高いと思っております。

また、他の医院から移って来られる方もおられます。

そう言った場合、他院のことをとやかく詮索したりはしませんが、これまでに受けて来られた治療内容をきっちり把握することは大切です。

治療前 2012年9月21日

HR-0062 20120921 (2)


治療後 2014年2月26日 

HR-0062 20140226

治療前 2012年9月21日


HR-0062 20120921

治療後 2014年2月26日

HR-0062(2)20140226.jpg

それから、患者さんによってニーズは様々だということです。

①現状を維持さえすれば良くて、高望みはしていないという方。
②M字の薄毛で、カドだけ生やしたい方。
③ネコ毛なのでコシを出したい方。
④内服には抵抗があるので、外用のみで治療したい方。
⑤外用はべたついたりして煩わしいので、内服のみで治療したい方。
⑦必要最小限の治療を受けたい方。
⑧医学的に効果が証明されている薬剤は、どんどん使って欲しいという方。
⑨前髪は薄くても良いので、頭頂部を生やしたい方。
⑩年齢的にほとんど諦めているが、少しでも生えるなら生やしたいという方。
⑪10代の方で、薄毛の家系なので将来が心配で、今から予防的ケアをしておきたいという方。

患者さんの声(ニーズ)に耳を傾けながら、ご希望点をコンパクトにカルテに記載して行きます。

治療の基本ラインを守りつつ、患者さんのニーズに合わせて、毎回の診察で微調整をかけて治療を続けて頂くならば、生えないはずはない!!っと確信しております。

今回は、少々散漫な内容となってしまいました・・・。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR