FC2ブログ

症例写真 なかなか治らない手荒れの方です。重層法+密封療法でホラ完璧です! 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、手荒れの方の症例写真をご覧に入れたいと思います。

写真は、30代の女性の手の平と手の甲です。
手荒れが、なかなか治らないとのことでご来院いただけました。

2週間ちょっとで、ほらこんなにキレイに治ったでしょ!

実は、当院は手荒れの治療にも力を入れているんですよ。

治療前 2014年7月2日

DSCN6413_convert_20140826150304.jpg

                    

治療後16日  2014年7月18日



治療前 2014年7月2日

DSCN6415_convert_20140826150411.jpg

                    

治療後16日  2014年7月18日

DSCN6739_convert_20140826150442.jpg

大抵の手荒れは、強めのステロイド軟膏を塗れば治ることが多いのですが、こじらせると悪い状態が続いてしまうということもまた確かです。

手荒れは、主婦手湿疹とも呼ばれ、毎日家事でお皿洗いをする主婦に多く見られます。
職業的には、美容師の方と飲食業の方にすごく多いですね。

お仕事等でひどい手荒れになってしまわれた方は、文字通り治る暇が無いんですよね・・・。
特に、美容師さんは手荒れでも素手でお客さんのシャンプーをしなければいけないそうです。

当院では、どんなにひどい手荒れの方でも,1~2週間程度で治せる方法を編み出しました。
たった、1~2週間程度で治せるその方法とは!?

簡単にその手順を示しますね。
①強めのステロイド軟膏を、手荒れのある部分にかなり厚めに塗ってもらいます。
②その上に、亜鉛華軟膏をべったりと塗っていただきます。(重層法)
③その後、フィルム付きガーゼで手全体を覆って頂きます。(密封療法)
 →ちょうど、オーブンのお皿をつかむ時に使用する「ミトン」みたいに手袋を作る感じです。
 →「ミトン」自体は、マイクロポアという通気性のあるテープでぐるぐる巻きにしてもらい、手の形に合うように上手に形を整えて頂きます。
④その後、チュービグリップという筒状の弾性包帯を上から靴下をはく要領で被せて頂きます。
これで、完成です!!

寝ている間に、手荒れのある部分に軟膏の有効成分がどんどん染み込んで行きます。
そして、強力に癒して治していくんですね。

寝ている時間を有効活用するこの密封療法は、非常に理にかなった治療法であると自負しております。

また、自家製の「ミトン」は、翌朝、手首のところに3、4センチくらい縦方向に小さくはさみを入れると上手に脱ぐことができます。この「ミトン」は、ゴミ箱にすぐ捨てずに取っておいて下さいね!
翌日も、昨晩作製の「ミトン」がまたそのまま使えますので・・・。

その場合は、「ミトン」に付着しているステロイド軟膏と亜鉛華軟膏の量を考えて、新たに手に塗る分量を少し少なめにして頂くとよろしいかと思います。

そして、そっと「ミトン」に手を差し込んで頂ければ、手間を省くことができ、お薬の量も節約できるというものです。

他に、抗アレルギー剤の内服や漢方薬も併用して頂くことが多いです。
何せ短期間で完全に治すためには、持てる力を総動員しなければなりません!!

ところで、少し話しがそれますが、今年は、花粉症治療を重点課題として取り組んだのですが、ついでに手湿疹の治療に応用することができた一年でした。
手荒れにしろ、花粉症にしろ、ありふれた病気に対し、一生懸命治療に取り組み、何とかならないものかと試行錯誤を続けるうちに、ある日パッと治療方針が見えてくることがあるんですよ!

教科書には書いてないことでも、一生懸命自分なりに取り組んでいると患者さんに教えて頂けるというか、思わぬ治療法が突然見つかったりします。
僕の場合、これまで開業後16年間、毎年と言っていいほど、必ず何らかの発見があったように思います。

あくまでも患者さんにお教えて頂いての発見ですから、沢山の患者さんを診察させて頂くということは、自分なりの新しい治療手段を編み出すのに強力な武器となります。

これまで、手荒れに関しては治すばっかりで、写真は全然撮ってこなかったんですね。
今回の症例写真は、たいして重症ではありませんが、これからどんどん重症の写真も載せていくつもりですので、どうぞご期待頂きたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。脂性肌(あぶら症)、大量の白ニキビがすっかりなくなりましたぁ! ロアキュテイン(イソトレチノイン)内服×7か月 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服で、あぶら症と白ニキビが顕著に改善した症例写真をご覧に入れたいと思います。

症例は、20代の女性患者さんです。

これまで、ビタミン剤の内服や漢方薬の内服を続けられたり、レーザー・光治療やケミカルピーリングを受けられたりといろいろな治療を受けて来られたそうですが、決め手になる治療は無かったご様子でした・・・。

あぶら症には、ロアキュテインの内服が効果てき面ですので、早速この方にもお勧めした次第です。

 治療前  2013年7月6日

IMG_4205_convert_20140809154806.jpg

                              

 治療後  2014年2月8日

IMG_6746_convert_20140809154901.jpg



 治療前  2013年7月6日

IMG_4207_convert_20140809154831.jpg

                              

 治療後  2014年2月8日

IMG_6748_convert_20140815193849.jpg

ロアキュテインは、20㎎錠を二日に一錠のペースで約7カ月間、内服して頂きました。
10㎎を毎日一錠飲むより、薬代が安くつきますので・・・。

ロアキュテインの10㎎錠と20㎎錠で、お薬代はほとんど変わりません。
メーカーから入ってくる金額がそういう風に定められているんですが、どうしてなんでしょうね?

患者さんの負担がなるべく軽く済むよう、二日に一錠にさせて頂きましたぁ!
そもそも、内服用イソトレチノインにはアキュテインという先発品がありますが、費用がものすごく高くて有名です。

通常、イソトレチノインの内服は、20週間という長期戦になりますので、一か月のお薬代が高くなると続けて頂くのが困難となります。
重症ニキビの方や、あぶら症の方には何が何でもお使いいただきたいお薬ですから、当院としましては、なるべく費用面でのハードルを下げたいと考えました。

その結果、他府県からも当院のロアキュテインを目指してお越し頂けるようになっています!
本当に嬉しい限りです!!

今回の写真の患者さんですが、改善ポイントをまとめてみたいと思います。

①お肌てかりが減って、圧倒的に皮脂量が減っています。(感覚的には10分の1程度に減少していると思います!)
 →ロアキュテインには、過形成した皮脂腺を委縮させ皮脂腺を出にくくさせる効果があります。
 →言ってみれば、皮脂腺の蛇口を思いっきり閉めて皮脂腺を絞る感じですね。

②おでこにたくさんある白ニキビがひとつ残らず消えています!
③頬の赤ニキビが消えました。
④頬の毛穴が小さくなって、お肌のキメが細かく改善されています。
⑤頬のニキビ跡が、平坦になって目立ちにくくなっています。
 →皮脂が多い状態の肌は、皮ふ表面がブヨブヨになってニキビ跡が強調され高低差が強く出ます。
 →ロアキュテインによって、皮脂の出を抑制しますと皮膚表面が引き締まってニキビ跡の高低差が小さくなるんですね。
  その結果、ニキビ跡までもが改善され目立たなくなったというわけです。

ところで、こう言った多数の白ニキビや赤ニキビでお悩みの患者さんはといいますと、大抵の方はニキビを化粧で一生懸命隠そうとされます。
でも、化粧のノリが圧倒的に悪い肌状態ですので、厚化粧をしてしまわれると却ってニキビやニキビ跡が強調されて見えてしまうという気の毒なことになってしまいます・・・。

当院では、ニキビを隠そうとする女ごころはけして否定なんて致しません!!
ですから、化粧はしてもいですよと一旦オッケイを出すんですが、そもそも化粧自体は毛穴を塞ぐことになり、あまり良い事ではありませんから、ニキビが悪化しないようになるべく薄化粧に留めて下さいね、なんてお願いすることにしております。

とにもかくにも、この方のアフターの写真をご覧頂きますと、化粧のノリが格段に良くなったなんてことは、容易に想像がつくかと思います。

めでたし、めでたし。
ちゃん♪ちゃん♪(終)

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!40代男性の育毛 5ヶ月間でこんなに生えましたよ!! 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、40代・男性の育毛写真をご覧に入れたいと思います。

初回に来院されたのは、去年の9月半ばです。

前髪が薄くなり、頭頂部の軟毛化も認められる典型的な男性型脱毛症(AGA)の患者さんです。
早速、悪玉ホルモン(デヒドロテストステロン)を抑制するプロペシアを中心に治療方針を決定しました。

治療前  2013年9月18日

DSCN2037_convert_20140809154555.jpg

                            

治療後約5ヶ月  2014年2月28日

DSCN4532_convert_20140809154624_convert_20140809154743.jpg


治療前  2013年9月18日

DSCN2038_convert_20140809154532.jpg

                            


治療後約5ヶ月  2014年2月28日

DSCN4533_convert_20140809154934.jpg

AGA治療薬と言えば、言わずと知れたプロペシアですよね!
でも、それだけでは5ヶ月という短期間でここまでは生えませんっ!

当院が、開院以来16年間の間に、治療薬の足し算と引き算を繰り返して何度も何度も試行錯誤をした結果、
現在の治療方針があるんですね。

治療方針の基本骨格は、プロペシアとミノキシジルの2大柱ですが、ここから先が腕の見せ所です。
どこよりも速く、どこよりも高い到達点に至るよう数々の工夫を織り交ぜております。

例えば、頭頂部の薄毛がプロペシアになかなか反応を示さない方がおられたりするんですね。
そういう場合は、どう考えればよいのでしょうか?
プロペシアが効きにくい体質の方なんだな~で、終わってしまっては進歩がございません・・・。

悪玉ホルモンのデヒドロテストステロンが、まだまだ多すぎるのではなかろうか?
それじゃ、攻撃サイドのプロペシアの容量を増量してみようか!?

ただ、これだけでも良い結果が得られることがあったりするんですね。
巷では、プロペシアのMAXが一日1㎎とおおよそ決められてはおりますが、正当な根拠は実は無いのですよね。

前立腺肥大の患者さんも同じフィナステリド製剤を使用するのですが、この場合は、一日5mgの錠剤となります。
ということは、5倍量でも危険ではないと言えます・・・。

さすがに5倍量を飲んで頂いている患者さんはおられませんが、2~3倍量はまったくの許容範囲です。

今回は、プロペシアの一日量について述べてみましたが、ミノキシジル製剤に関してもいろいろなタイプがあります。
ミノキシジル製剤の使い分けに関しては、次回以降に触れてみたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

モザイク(フラクショナル・レーザー) 症例写真です。  大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、モザイクという名前のフラクショナル・レーザーについて語ってみたいと思います。

モザイクのレーザーの光源は、エルビウムグラス(1550nm)が使用されていて、赤外線領域の波長ですから、レーザー光自体は目には見えません。さらに、フラクショナル技術を用いて細いビーム光を狭い範囲に何十本も照射して行きます。
具体的に言いますと、1平方cmの正方形の中に50~100本ものレーザー光線を一秒足らずの間に照射します。

照射されたレーザー光線は、すぐさま皮膚内に突き刺さり一本一本のレーザー光線は、円筒形の傷を造ります。
丁度、1センチ角の狭い範囲に針を何本も刺して針孔を造るような感じです。

新たに造られた円筒形の傷は、傷を治そうとするサイトカインという物質がたくさん放出され、修復が開始されます。
微細な傷なので、修復後は正常皮膚と見間違うくらいキレイに治るという仕掛けです。

治療する際は、1平方cm角のハンドピースを1~2秒間隔で横にずらしながら、治療したい部位の面積を埋めていきます。
治療中も痛みは、ごく軽いもので耐えられないような痛みでは決してありません。

病変部分に一通りレーザーを照射するのを、1パスというのですが、当院では治療効果を高めるために3パスから多い時で8パスほど照射するようにしています。

ここまでしつこくパス数を当てる医者は、世界広しと言えどもほとんどいないはずです・・・。
メーカーであるルートロニック社の社員さんが、そこまで当てるのはあり得ないとびっくりされていたので、間違いありません。

①モザイク(フラクショナル・レーザー)本体の写真です。


②ハンドピースの写真です。
→先端部分は、タッチセンサーが内蔵されていまして、肌に接触した時だけレーザー光線が発射されるようになっています。
→先端部分の肌に触れる部分のアタッチメントは、大きさ別に合計3種類が準備されていまして、鼻等の微細な局面も治療しやすいようにちゃんと工夫されています。
pic_mosaic2.jpg

③症例写真1です。
→5回のモザイク治療で、ニキビ痕の大きなへこみが、こんなに改善されています!
mosaic01_t.jpg


④症例写真2です。
→手術後の瘢痕で、一部ケロイド状を呈している病変です。
→4回のモザイク治療でここまで目立たなくさせることができました!!
→これまで、手術後の傷痕を綺麗にする方法なんて皆無だったんですね!
→それが、フラクショナルレーザーでぼかし効果を出しますと、見事に目立たなくすることができます!
mosaic04_t.jpg

⑤症例写真3です。
→ワキガの手術後の傷痕です。
→ひきつれや瘢痕が目立ちます。
→11回のモザイク治療で、かなりの改善効果が得られました。
mosaic05_t.jpg

モザイクは、数あるフラクショナルレーザーの中で、マイルドなレーザーなんですが、それでもこれだけの治療効果が出せています。
当院には、エコツーという名前の炭酸ガスレーザーを用いたフラクショナルレーザーも導入済みです。
この機械も非常に高性能な機械で、盛り上がっている傷を平らにしていく機能があります。

昨今は、フラクショナル・レーザー全盛時代と言えまして、同じルートロニック社から高周波を用いたインフィニという名前の最新型のフラクショナル・レーザーが登場しています。

モザイクとエコツーという2台のレーザーが当院で期待した通りの大活躍ですので、僕としましてはルートロニック社に対する信頼感は絶大です!

ですから、新しいフラクショナルが出たと聞いてすぐさま購入を決意しましたぁっ。
納品は、お盆明けとのことですからもうすぐですよ!

今度のフラクショナルも凄そうです・・・。
詳しくは、後日述べてみたいと思いますです。

最後にモザイクの適応(使い道)ですが、
①ニキビ跡・瘢痕の改善
②手術や外傷による瘢痕の改善
③肥厚性瘢痕・ケロイド・妊娠線の改善
④たるみ・小じわの改善
等があります。

当院のこれからの方向性としましては、モザイクレーザーをかけて
その後、同日にインフィニかエコツーを重ね打ちして行こうかと考えております。

上記①~④までの病変を、治療後は正常皮膚と見間違えるほど綺麗にしてみたいですね。
これが、当院の最終目標です!!

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

ウルティマについて モノポーラー+バイポーラー+IPL(フォトソール)+超音波(アンサンブル)  大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、約一年前に当院に導入したウルティマという機械について語ってみたいと思います。

ウルティマは、スペイン製の高周波とIPLと超音波を駆使した美顔治療器です。
美顔治療以外にも脱毛治療もできるマルチパーパスの優れものです!!

①ウルティマの本体写真です。
→結構大きな機械で、モノポーラとバイポーラーのヘッドが2本
それから、IPL(フォトソール)のヘッドが1本
さらに、超音波(アンサンブル)のヘッドが1本
の合計4本のヘッドがウニョウニョ生えてたりなんかします・・・。


②バイポーラRF→皮膚表面を引き締める効果があります。→従来のポラリスという機械に相当します。
モノポーラーRF→皮膚の深部を引き締める効果があります。→従来のサーマクールという機械に相当します。
ultima_graf.jpg

③症例写真です。
→ポッチャリ体型の男性のあご周りが、治療後スッキリしているでしょう!!
豁」髱「縲€Cavitation+RF+423_convert_20140718162907

④同じ男性の右側面写真です。
→治療前に首がほとんどなかったのですが、治療後はちゃんと首ができているでしょっ!!
→てぇしたもんだなぁ、おい。
1週間後 アンサンブルconvert_20140718161710

当院では、二種類のRFと超音波キャビテーションを中心とした3つのコースが人気です。

①マエストラRFコース 
すべてのたるみに対応した最新のリフトアップ治療です。
1.モノポーラーRFで肌の深部を引き締めます。
2.バイポーラーRFで肌の浅い部分を引き締めます。
両方を組み合わせることで、より高いリフトアップ効果が実現できております!!

②アンサンブルコース
超音波とRFのコンビネーションで切らない脂肪吸引が実現しました。
キャビテーション+モノポーラーRF
1.キャビテーションで脂肪・セルライトを溶かします。
2.モノポーラーRFで溶かした脂肪・セルライトを排出します。そしてたるんだ皮膚を引き締めます。
溶けた脂肪細胞の排出を促すと同時に、皮膚を引き締めます。脂肪吸引のような劇的な変化はありませんが、脂肪細胞の溶解後、きっちりと引き締めを行うことで溶解した脂肪が、再度周囲の脂肪組織に吸収されることを防ぎ、リバウンドしにくい顔痩せの効果があります。

③ミックスコース
マエストラRFとアンサンブルを組み合わせたスペシャルメニュー
キャビテーション+モノポーラーRF+バイポーラーRF
☆「脂肪のたるみ」→ 顔のたるみ(法令線やフェイスライン、首のたわみ)など
☆「皮膚のたるみ」→ おでこや口元、首のしわ、毛穴のたるみ、皮膚の引き締め
☆「むくみたるみ」→ 小顔効果、リンパ・血液の流れの改善
色んな「たるみ」に効果があります。 

次に、治療の実際ですが。治療の際、麻酔は不要です。
治療前にハンドピースの滑りを良くするジェルを塗って、約20分~30分皮膚表面をなぞります。

痛みもごく軽いもので、副作用もまずありません。
治療中は、ほんのり温かみを感じる程度です。

また、お化粧や洗顔は当日からオッケイです。
治療は、1~2ヶ月毎に合計5回セットで受けて頂くと効果的です。

多彩な治療が可能なウルティマですので、僕も大好きな機械のひとつです。
先日も、スタッフにフォトソールを当ててもらいましたよ~。

スベスベ肌になったので、とても嬉しいです。
月に一回ペースで受けております。

皆さんも是非お試しくださいね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR