FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。 マラセチア毛包炎の治療 30歳代前半の男性 抗真菌剤の外用+内服剤 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、30歳代前半の男性患者さんで、マラセチア毛包炎の治療について触れて見たいと思います。

この患者さんは、カウンセリングの際、他院でニキビ治療を受けて来られたようで、なかなか良くならないと仰っておられました。
汗を良くかく若い方に良く見られるマラセチア毛包炎ですね。

原因は、真菌に分類されるマラセチア・フルフルという名前のカビが、毛穴(毛包内)に感染して増殖することにより起こって参ります。
治療は、抗真菌剤の外用をまず行います。
塗り薬のみでは効果が弱い場合には、抗真菌剤の内服を併用することもあります。

この方の場合、全体で治療期間は5か月半ほどかかりました。
治療前半は、外用剤のみで対応ましたが、途中から内服剤も追加でお出ししております。

 治療前 2008年3月26日




                              


 治療後 2008年9月12日

DSCN5759-20080912.jpg

マラセチア毛包炎が治まった後の炎症後色素沈着に対してもご相談を受けましたので、
トラネキサム酸(トランサミン)と漢方薬の処方を行いまして、徐々に色素沈着につきましても改善させることができました。

ところで、マラセチア毛包炎は、オリーブオイルを摂りすぎると悪化することが分かっておりますので、患者さんにもこの点を注意して頂くようお伝えしております。

また、ジャンルの違う抗真菌剤を2剤混和して使用して頂くと効果が倍増しますので、重症の方には、2剤を混和して処方することも行っております。

他に、汗がマラセチア悪化の大きな原因となりますので、汗をかいた後のシャツの着替えやシャワーにかかって清潔にして頂くことをお勧めしております。

マラセチア毛包炎の特徴的な自覚症状としましては、独特の散布疹の他に、軽いかゆみを伴うという事があります。
この点も問診で、患者さんにお尋ねするようにしております。

正確な確定診断は、顕微鏡検査によるマラセチア・フルフルの確認という事になります。

当院では、マラセチア毛包炎をなるべく速く・確実に治して差し上げ、治った後の再発を予防する観点から、原因と予防をコンパクトにまとめたパンフレットを必ず患者さんにお渡しするようにしております。

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」ということで、患者さんにもマラセチア毛包炎の病態を良く知って頂くことが何より大事と考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

症例写真です。育毛治療×2年3ヶ月 60代後半の女性です。 ミノキシジルの内服+外用、フィナステリドの内服、亜鉛酵母の内服、その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、女性の育毛について触れて見たいと思います。

写真は、60代後半の女性患者さんで、育毛治療を始められてから2年3ヶ月の月日が経ちました・・・。

一枚目の写真は、治療を開始する直前の状態です。

頭頂部の地肌が透けて見えるかと思います。
前頭部の毛髪も軟毛化が起こっています。
いわゆる男性型の脱毛症です。

 治療前 2012年11月28日

DSCN7970-1.jpg


                                 


 治療後 2015年2月18日

DSCN0532-2.jpg

二枚目の写真が、治療開始後2年と3カ月経過した時点での写真です。

いつものように、改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①頭頂部の地肌は髪の毛で覆い隠され見えなくなっています。
②前頭部の軟毛化を起こしていたエリアの毛髪がしっかりとした硬毛で覆われ、ふんわりとした印象を受けます。
③全体的にぺたんと寝ていた毛が、毛幹が太くなってしっかりとしたおかげで、フワッとボリュームが出ています。
④治療前には、毛流がそろわず髪がやや乱れていますが、治療後は毛流がきちんと同じ方向に定まってキレイに整っています。

一般的に、女性の育毛・発毛治療は、男性に比べて難しいとされています。
その理由は、脱毛症の原因がはっきりとしないことが多いからです。
この方の場合も、薄毛の原因が単なる加齢変化として、かたずけられてしまう恐れがあります。

当院では、これまでの治療歴を詳しくお尋ねして今後の治療に役立てるようにしております。
また、視診・触診・ビデオルーペによる頭皮の拡大による毛の観察を念入りに行うことで、脱毛症のタイプ別分類をしっかりと行うよう心掛けております。

この方の場合、典型的な男性型脱毛症を呈しておられましたので、診断は比較的たやすく付きました。
治療開始数か月頃から、着々と毛が太くなって来ましたし、毛量が目に見えて増大してくるのが、写真を比較することで患者さんともども確認するができました。

治療を継続して頂くには、この点が非常に大事なことなんですね。
治療効果が出ていることを患者さんご本人にご確認と実感して頂くことが、何より大切です。

効いているのか効いていないのかはっきりしない状態では、治療を続けて頂くためのモチベーション・アップにつながりませんので、半年を待たずして脱落してしまわれることになります。

良くなっていることが実感として感じて頂けるなら、もっと頑張って薬を飲みましょう、塗りましょう、続けましょうという前向きな気持ちにもなります。

という訳で、この患者さんにも2年3ケ月にも渡る治療を継続して頂くことができたんです。

ちなみに、この方に行った治療は、次の通りです。
①ミノキシジルの内服
②ミノキシジルの外用
③フィナステリドの内服
④亜鉛酵母の内服
⑤その他
⑥その他

男性でも女性でも、一旦薄くなってしまった毛髪がこのように復活できたなら、外見が若返るのは勿論のことですが、内面にもはっきりとした変化が現れたりします。

すなわち、自信が取り戻せて社交性が復活したり、仕事や趣味に積極的になれたりするんですね。
良い治療結果が出せて、非常に良かったとしみじみ思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!育毛×2年 40歳代後半の男性患者さんです。プロペシアの内服+ミノキシジルの外用+ミノキシジルの内服+亜鉛酵母+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、育毛を2年間続けて頂いた 40代後半の男性患者さんの症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、これまで育毛サロンやクリニックで様々な育毛・発毛治療を続けて来られた方で、どれも今一つ効果が実感できなかったと仰っておられました・・・。

当院では、まず拡大ルーペで頭皮と薄毛の部分の毛髪の状態を患者さんと一緒に観察しました。
頭頂部の軟毛化が著明で頭皮がやや目立つ状態でした。

脂性の方で、すぐ皮脂で頭皮がべたべたするという事でした。
その為、自宅ではしっかり洗髪する習慣があると仰っておられました。

一枚目の写真が、治療開始前の状態です。

前頭部から頭頂部にかけて髪の毛が細く(AGAに特徴的な軟毛化です。)なって、頭皮が白く目立っているのが確認できます。 
一方、周辺部の毛髪は、良く保たれていまして、ご本人さんも気にならないとのことでした。

 治療前 2012年12月23日




                              


 治療後 2014年12月28日

DSCN9717-2.jpg

2枚目の写真が、治療開始して2年後の経過写真です。

患者さんが気にされていた頭頂部の薄毛はかなり改善されていまして、その結果、地肌が浮き彫りになっていた頭皮が覆い隠されているのが確認できるかと思います。

同時に、周辺部のもともと正常と思われた毛髪もあにはからんや、腰が出て毛幹が太くなりボリュームが倍増しています。
すなわち、うすかったところも濃かったところも一様に毛髪全体が太く濃くなり、ボリュームアップが果たせているという事になります。

この方の場合、急に治療を打ち切った場合、半年くらいで徐々に後退が始まると思われましたので、今後は、ペースを落としても構いませんので、少しずつでも治療を継続して頂くようお願いしました。

当院で行った治療内容は、次の通りです。

①プロペシアの内服
②ミノキシジルの外用
③ミノキシジルの内服
④亜鉛酵母の内服
⑤その他
⑥その他

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です! 40歳代女性 フォトフェイシャル×4回、インフィニ・ニードル×1回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、40歳代女性の若返り治療について語ってみたいと思います。

この患者さんには、まずフォトフェイシャルを1~2ヶ月おきに合計4回受けて頂きました。
その後、たるみ治療をという事で、インフィニ・ニードルRFを1回追加で受けられました。

一枚目の写真が初診時の写真で、何も受けられていない状態での初期の写真です。
 治療前 2014年5月27日




                              


 治療後 2015年1月30日

IMG_1774-3.jpg

2枚目の写真が、上に記しましたフォトフェイシャル×4回とインフィニ・ニードルRF×1回を受けて頂いた後、2か月後の写真です。

いつものように改善ポイントを列挙してみたいと思います。
①右ほほ中央にあったやや大きめの老人斑が、ほぼ消えております。
②肌全体が白くなり、透明感が断然アップしております。
③頬骨あたりを中心として、張りが出たおかげで若々しい印象を受けます。
④目の下のくぼみが改善しています。
⑤お肌全体に艶が増していて、瑞々しさがアップしています!

と言った感じでしょうか?

しみ、くすみと言った色素沈着病変には、フォトフェイシャルがすごく効果的です。
たるみの改善(リフットアップ効果)を出したり、張りを出すには、インフィニ・ニードルRFがすごく効きます。

この女性患者さんには、順番に2機種を受けて頂きまして、
①美白効果
②たるみの引き上げ効果
③肌のハリを出す効果
といった、美肌効果が非常に分かりやすい形で出せたのではないかと、患者さんともども大変喜ばしく思っています。

○『M22』フォトフェイシャルファースト外観


○ルートロニック社製 「インフィニ ハイブリッド」の概観です。
機能が豊富な割にコンパクトな設計で、デザインも秀逸です。

pic_infini.jpg


これからも、メスを使わない若返り治療をどんどん推進して参りたいと思います。

最後に、当院にもとうとうあこがれの焦点式超音波治療器、略してHIFU(ハイフー)が導入されました!
その名は、ウルトラ・フォーマーといいます。
近日中に、この新しい機械について語ってみたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!育毛×5ヶ月 40代後半・男性 プロペシア内服+ミノキシジル内服+ミノキシジル外用+亜鉛酵母内服+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、男性の育毛患者さんで良好な結果が得られましたので、皆さんに写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、40代後半の男性で前頭部から頭頂部にかけての薄毛を気にされて、来院されました。

一枚目の写真ですが、治療前の写真です。
右七三分け位で分けていらっしゃいますが、分け目部分の頭髪の軟毛化が認められます。

 治療前  2014年7月26日




                              


 治療後  2014年12月28日

DSCN9728-af.jpg

2枚目の写真が、治療途中で5か月目の写真です。
左右の分け目当たりの軟毛化が硬毛化しているのが確認できます。

それ以外に確認できる事柄を列挙してみたいと思います。
①分け目辺りの白髪だった部分が、黒い新しい毛が増えています。
②毛髪が寝ておられて平たくなっておられたのが、毛髪の腰が出たおかげで、全体的にヤマアラシのように毛がピンと立ってボリューミー(正しい言葉では無いですが・・・。)になっています。
③頭頂部の毛が優位に太くなり腰が出たおかげで、つむじ辺りの地肌が覆い隠されて若々しくなっています。
④もともと櫛をあまりかけない方ですが、治療後の写真では、毛流が同じ方向に流れ全体的に毛がまとまっていらっしゃいます。
→こういった毛流が治療により一定方向にそろう現象は、度々経験されます。

と言った感じでしょうか?

この方に行った治療は、次の通りです。
①フィナステリドの内服
→今年の5月から、プロペシアの後発品のフィナステリドが発売になっていまして、当院でも患者さんのご希望をお聞きした上で、順次、後発品を処方するようにしております。
→先発品のプロペシアと後発品のフィナステリドを比べましても、とくに効能効果や副作用については、特に大きな変化は無いように感じております。
→後発品は、1ヶ月当たり2000円ほどお安く提供できますので、患者さんに対するメリットは大きいなと思っています・・・。
②ミノキシジルの内服
③ミノキシジルの外用
④亜鉛酵母の内服
⑤その他
⑥その他
です。

5ヶ月と言う短期間の治療で、目を見張るような治療効果が得られたので、僕もうれしくなって、皆様にご報告させて頂いた次第です。
現在も治療を継続されておられますので、また機会があれば追加報告の方もさせて頂ければと思っております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。30歳代女性 太田母斑 Qスイッチ・アレキサンドライト・レーザー×1回+Qスイッチ・ルビーレーザー×2回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、太田母斑のレーザー治療について、語ってみたいと思います。

症例は、30歳代女性で太田母斑という青あざの診断病名です。
これまで、治療は一度も受けられたことがない未治療の患者さんです。

当院では、まず局所麻酔の注射の後、Qスイッチ・アレキサンドライト・レーザーを1回受けて頂きました。
その後、半年後と一年後に、今度は、Qスイッチ・ルビー・レーザーを2回受けて頂きました。
3回のレーザーは、すべて局所麻酔の注射後にレーザーを照射しております。

 治療前  2009年8月18日




                              

  治療後  2010年12月25日

IMG_3373-aft.jpg

下の写真では、下まぶた付近に若干の色素が残っている感じですが、一応略治という事で治療を終了しております。

また、うっすらと右ほほに全体に一過性の炎症後色素沈着が認められます。
こちらの方は、しみに効果のあるトラネキサム酸と漢方薬を処方し様子を見て頂くことにしました。

たまたま、この方の場合、Qスイッチ・アレキサンドライト・レーザーとQスイッチ・ルビー・レーザーを組み合わせて治療しましたが、
現在では、太田母斑のレーザー治療は、全例Qスイッチ・ルビーレーザー単独で治療することにしております。

経験上は、Qスイッチ・ルビーレーザーの方が、大きなスポットサイズでしかも高出力で照射することができます。
大きなスポットサイズ(直径7mm程度)が使用できるという事は、レーザーの深達度が深くなるというメリットがあります。

すなわち、Qスイッチ・ルビー・レーザーの方が、一回当たりの治療効果が高いと言えます。

ただ、両方のレーザーとも太田母斑のレーザー治療として、健康保険で治療が認められていますし、確実に効果が見込める治療ですから、あとは、術者の好みという事になります。

今回も、ちょっと昔の写真を持ち出しましたが、太田母斑のレーザー治療に関しては、恩師の葛西健一郎先生が、平成元年頃に日本で初めてQスイッチレーザー(正確には、Qスイッチ・ヤグ・レーザー)を使用されて、劇的な治療効果を世にお示しになった記念碑的な出来事があったんですね。

それまでは、ドライアイス治療が主流でした・・・。

20数年後の現在では、Qスイッチ・レーザーで太田母斑の治療を行うことは、もはや当たり前のスタンダードな治療となっています。
しかも、生後数か月からレーザー治療を開始することも普通です。
健康保険で治療できることも当たり前です。

ガイドラインが作られ、健康保険で治療が受けられるのは、素晴らしい事なんですが、何でも当たり前になってしまうと、感動が薄くなってしまうような気がしてなりません。

新たな感動を求めて、未知なる治療効果を求めて、新しいレーザー・光・超音波・高周波治療器を次々と手にする自分が居ます。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 イボ(足底疣贅)のレーザー治療 CO2レーザー 10歳男児 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、少し昔の症例写真となりますが、足の裏にできたイボのレーザー治療についてお話ししてみたいと思います。

患者さんは、10歳の男の子で足の裏に大小ひとつずつのイボが認められました。
(良く見ると左手の親指にもありますね・・・。)

さて、足の裏のイボは、液体窒素等の治療では治すことが非常に難しいんですね。
このお子さんも、近所の皮膚科さんで液体窒素を半年くらい受けてましたが、痛い割に一向に効く気配が無いという事で、当院を受診されました。

僕としましては、直径1cmを超える大きなイボですから、いつものブレオマイシン添加キシロカインの麻酔注射+炭酸ガスレーザーを組み合わせた治療法が最適と考えまして、ご本人さんと付添いのお母さんに治療方法について説明しました。

一枚目の写真が治療前です。

 治療前 2005年8月8日




                              

2枚目の写真が、レーザー治療後8日目の写真です。
黒い硬いかさぶたで覆われています。

 治療中 2005年8月16日 

DSCN9821-20050816.jpg


                              


3枚目の写真が、レーザー治療後、約3か月後の写真です。

 治療後 2006年11月5日

DSCN9706-20051105.jpg

大きい方のイボは、瘢痕で治癒できています。
一方、小さい方のイボは、再発してしまっています・・・。

現在では、なるべく2回目の治療をしないで済むように、肉眼的に白濁したイボより一回り大きめにレーザーをかけるようにしております。

レーザーで蒸散させる皮膚の深さも皮膚全層としております。
という事は、治療後は皮下の脂肪組織が軽く顔をのぞかせるレベルの深さまで掘り進むことになります。

これだけ掘っても、レーザー治療後の痛みはそれほど強くないんですね。
まあ、普通に歩いてお帰り頂けます。
(とんだり跳ねたり走ったりすると、少し血がにじんだりしますので、術後しばらくの間は、激しい動きはなさらないようにお願いしています・・・。)

ところで、炭酸ガス・レーザーは、波長10600ナノメートルと言う長い波長を有します。
この波長の光は、水分に吸収される性質があって、人体の皮膚に照射した場合、皮膚の細胞の水成分に吸収されて、先端温度は一瞬にして、1200度くらいになると言われています。

水が沸騰する温度は100度ですから、1200度というとそれよりもはるかに高い温度です。
炭酸ガス・レーザーを患部に照射しますと、瞬間的に水分が沸騰・蒸発してそして煙となって、皮膚は削れていきます。
これを専門用語で、「蒸散」といいます。

このとき、末梢神経が丸くコーティングされて焼かれることで、術後の痛みが少ないという特徴がございます。
できものの手術の際に、メス等の鋭利な刃物で末梢神経を斜めにスパッと切った場合は、切った所があとでシクシク・ジンジンと少々傷みますから、レーザー治療後に痛みがうんと少ないという事は大きなメリットという事になります。

それから、話しが元に戻りますが、ブレオマイシンの注射薬は、そもそもは肺癌の治療に使われる抗がん作用があるお薬です。
それを、少量だけイボのある部分に注射しますと、イボに効果があります。

ただし、ブレオマイシンの注射だけでは、これだけ大きなイボを仕留めることはできません・・・。
それで、炭酸ガス・レーザーの治療をする前の麻酔の注射薬に、少量のブレオマイシンを混ぜて少しでも治療効果を上げる、もしくはなるべく一回のレーザー治療でイボを完治させるために、こういった技法を取り入れております。

とはいうものの、小さい方のイボを再発させてしまっているので、偉そうなことは言えませんが・・・。

まあ、10年くらい前の話ですから許して下さいね。
今は、小さいものも気を抜かないで、広めに深めの治療をしておりますので、大丈夫ですよ!

足の裏のイボは、治りにくいですし、大きく成長したり、周りに衛星病変を増やしたりすることも多く、本当に厄介な病気です。

当院では、強敵な「足の裏のイボ」でも決してひるんだりせず、果敢に「取りに行きます」ので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。