FC2ブログ

症例写真です!後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー治療×2回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)のレーザー治療について、症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、50歳代後半の女性の方で、両ほほに斑点状のしみが散在して認められました。
このしみは、「後天性メラノサイトーシス」と呼ばれたり、「ADM」と呼ばれたり、「遅発性の両側性太田母斑様色素沈着」
と呼ばれたりします。

呼び名は、いろいろありますが、すべて中身は同じことです。
原因不明のそばかす様のまだらな斑点が、両ほほの頬骨辺り一帯に生じて来る太田母斑のあざに似たしみの一種です。

後天的に生じる病変で、原因が不明です。

病態は、皮膚の深い真皮内にメラニン顆粒やメラニン細胞が落ち込んでいる像が、顕微鏡写真で確認できます。

原因は、不明ではありますが、Qスイッチ・ルビーレーザーで綺麗に消すことが可能です。

 治療前  2014年5月20日

IMG_8034-1.jpg


                              


 治療後 2015年4月4日

IMG_3055-2.jpg

この方の場合、Qスイッチ・ルビーレーザーを2回に渡り照射しましたところ、ほとんど分からないくらいにADMが薄くなっています。

通常、3ケ月おきに合計4回程度の治療回数が必要となることが多いようです。

治療期間中、炎症後色素沈着という一過性のしみが現れて、元のしみより濃く見えたりすることがあります。
あらかじめその様になることを患者さんに説明しておけば、患者さんとされましても、慌てなくて済むようです。

比較的診断がつきやすくて、レーザー治療で確実に治すことができるので、僕自身、好きなレーザー治療のひとつとなっております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です! 育毛治療×1年1ヶ月【再掲】 30歳代後半の男性 ミノキシジルの内服+外用、フィナステリドの内服、酵母亜鉛、その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、30歳代後半の男性患者さんで、育毛治療を1年1ヶ月継続された方のその後の経過をご覧に入れたいと思います。  

以前掲載したブログはコチラです!
http://fukuzumikeiseigeka.blog.fc2.com/category3-3.html

治療8カ月経過の写真が載せてありますが、その状態からさらに3カ月経過した写真が下の2枚目の写真となります。

目標であった前頭部のM字部分も順調に埋まりつつあるのが、お分かり頂けるかと思います。

 治療前  2013年12月3日




                              


 治療後  2015年1月25日

DSCN0136-3.jpg

この方に行った治療は、以下の通りです。

①ミノキシジルの外用
②ミノキシジルの内服
③フィナステリドの内服
④酵母亜鉛の内服
⑤その他
⑥その他
です。

この方の治療で特徴的だったのが、治療期間全体を通してほぼ一本調子で良くなられたことです。
通常の場合ですと、良くなったり悪くなったりと、ある程度の治療の波が生じるのが当たり前なのですが、この方は違いました。

毎月、診察に来られるたびに毛の量が増えているんですよ!
まあ、どこかで治療効果の伸びが止まる時が来るんでしょうけど、今のところは非常に順調と言えます。

外見上は、20歳代半ばと言って差し支えないほど若返られています!
誤解を恐れずに申し上げますと、治療前は40歳代後半に見えていたかもしれませんので、全体として20歳くらいの若返り効果が
得られたのではないかと、僕自身、そんな風に思っています。

今後の目標は、お薬の量を減らしながら良い状態をどこまでキープできるかという事です。

機会があれば、この方の今後もアップして行ければいいなと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。刺青のレーザー治療について。Qスイッチ・ルビーレーザー×8回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科                                        

今回は、刺青のレーザー治療について症例写真をご覧に入れながら、説明したいと思います。

症例写真は、20歳代後半の女性の方です。

刺青の状態を目を凝らして良く見て頂きますと、刺青部分の皮膚が少し盛り上がっているのが、お分かり頂けるかと思います。
これは、刺青の墨の量が非常に多いという事を示しています。

この方の場合、2か月おきに合計8回のレーザー治療を終えた段階が下の写真となります。

まだまだ、取れ残っていますので、レーザー治療を継続して頂いておりますが、あと4~5回くらいの治療が必要になると思います。

 治療前  2011年11月19日




                              


 治療後  2015年3月3日

DSCN0834-2.jpg

当院では、刺青の方は原則としてレーザー治療をお勧めしております。

多色彫りの方でも墨の量が多い方でも、最終的に取れると確信しております。

例外的に時間が取れなくてお急ぎの方や、刺青の形が長細い場合で切り取るのに都合の良い形をしたものについては、メスで切り取る手術をお勧めする場合もございます。

要は、その方のご希望に沿った内容で、治療を進めさせていただければと考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です! 太田母斑のレーザー治療 Qスイッチ・ルビー・レーザー×4回 30歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、太田母斑のレーザー治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、30歳代後半の女性の方で、左ほほ目の下に茶色あざが認められました。
思春期の頃から徐々に目立つようになってきたと仰っておられました。

太田母斑は、生まれつきか生後一年以内に発生するタイプと思春期以降に発生するタイプに大きく分かれます。
この方の場合、後者と言えます。

いずれの場合も、Qスイッチ・ルビーレーザーの良い適応で、レーザー治療に非常に良く反応します。
この方の場合、注射による部分麻酔をしたのち、Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いました。

3か月間隔で合計4回のレーザー治療を行った後の状態が、下の写真となります。

 治療前  2013年1月28日

IMG_6577-1.jpg


                              


 治療後  2015年3月10日


IMG_2607-2.jpg

太田母斑が、ほとんど分からい程度にまで薄くすることができました!

Qスイッチ・ルビー・レーザーは、選択的熱破壊という特徴を持った優れた治療器械です。
選択的熱破壊とは、周りの正常組織を傷つけることなくメラニンだけを正確に破壊して、除去することができると言う意味です。

この患者さんの場合、4回のレーザー治療を繰り返し受けて頂きましたが、治療部位が傷になったり、ケロイドになったり、その他副作用が何ら生じることなく、無事、治療を終えることができております。

あざだけを正確に治療することができるQスイッチ・ルビーレーザーですが、安全で確実な治療効果が得られる素晴らしい機械だと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です! 尋常性白斑 VTRAC(紫外線治療)×7ヶ月半 20歳代前半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、尋常性白斑の紫外線治療について、症例写真をご覧に入れたいと思います。

写真の患者さんは、20歳代前半の男性の方で、おでこに拇指頭大の大きさの白斑が認められました。

週に一回のペースでVTRAC(ヴィトラック)という名前の紫外線治療を7か月半受けて頂きました。
まだ、白斑が残ってはいるのですが、徐々に小さくなってきているのがお分かり頂けるかと思います。

 治療前  2014年9月1日




                              


 治療後  2015年4月14日

IMG_3237-2.jpg

この方には、紫外線治療以外に内服薬と外用薬を併用致しました。

その内容は、次の通りです。
①フロジン液(交感神経刺激薬)の外用
②ステロイド剤(トプシムクリーム)の外用
③セファランチン(抗アレルギー作用・血流促進作用・免疫機能増強作用があります。)の内服
④グリチロン(免疫調節作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用があります。)の内服

最終的に、白斑部分が無くなるよう頑張って参りたいと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR