FC2ブログ

症例写真です。赤ら顔(毛細血管拡張症)のレーザー治療 Vbeam×4回 40歳代前半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、赤ら顔(毛細血管拡張症)のレーザー治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

この方は、40歳代前半の男性の患者さんで、両頬に毛細血管の浮きと紅斑が認められました。
Vbeam(ロングパルス・ダイ・レーザー)を用いて、合計4回のレーザー照射を行いました。

治療後の写真が、2枚目の写真です。

 治療前  2015年10月31日

IMG_1081-bef.jpg

                              


 治療後  2016年3月23日

IMG_3156-aft.jpg

ちょろちょろと浮いて見える太めの毛細血管が、良く取れていると思います。
また、頬全体を覆っていました紅斑も8割がた減少していると思います。

Vbeamの照射条件は、次の通りです。
①スポットサイズ→φ7mm
②パルス幅→40ミリセカンド
③出力→15ジュール/平方cm
④DCDクーリング→30ミリセカンド/20ミリセカンド

僕自身、赤ら顔の治療を行う場合、上記照射条件を好んで使用しています。
理由は、レーザー後の紫斑形成がほとんど起こらないか、起こったとしてもごく軽微で済むからです。

患者さんサイドとしましては、なるべくダウンタイムが少ない治療を好まれる傾向にあります。
毛細血管の赤みを引かせるという治療結果を十分出しつつ、紫斑形成という望まない副作用を抑えることができる点が、大変気に入っております。

この方の場合、あと1~2回のレーザー治療を行い、もう少し仕上げて行ければと考えています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。育毛 40歳代後半の男性 フィナステリドの内服+ミノキシジルの内服+外用+酵母亜鉛の内服+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、40歳代後半の男性患者さんの育毛治療について、経過写真をご覧に入れたいと思います。

この方の場合、前頭部から頭頂部にかけて、いわゆる男性型脱毛(AGA)が顕著に認められました。
残っている毛も、細い産毛の状態になっているのがお分かり頂けるかと思います。

これは、軟毛化と言いまして、デヒドロテストステロンと言う悪玉ホルモンの作用により、毛根の細胞分裂が阻害され、毛の成長が著しく悪くなって生じることが分かっています。

ですから、悪玉ホルモンを減少させることがAGA治療の根幹となります。

フィナステリドの内服
 ↓
悪玉ホルモンが減少する
 ↓
産毛の細胞分裂が活発化する
 ↓
軟毛がしっかりとした太い毛となる
 ↓
太くなった毛は容易に抜けたりせず、数年と言った長い期間、そこに定着して生え続けます
 
 治療前  2015年8月3日




                                    


 治療経過①  2015年10月30日

DSCN4995-aft1.jpg


                                    


 治療経過②  2016年2月26日

DSCN6855-aft2.jpg

この方に行った治療は、次の通りです。

①フィナステリドの内服
②ミノキシジルの内服
③ミノキシジルの外用
④酵母亜鉛の内服
⑤その他
⑥その他

2枚目の写真ですが、治療開始後3カ月で、毛量は約2倍位になっております。
3枚目の写真ですが、治療開始後7カ月で、毛量はさらに倍くらいに増えていると思います。

この方の場合、月に一回の診察にお越し頂いておりますが、来院の度、どこかしら改善しているのが確認でき、大変
良好な治療経過となっています。

また、機会がございましたらこの方の今後をアップして参りたいと思います。

最後に、ブログに写真掲載を快く承諾して頂きましたことを、この場を借りて御礼申し上げたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 シミの治療 フォトフェイシャル(新型M22)×4回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、シミの治療をフォトフェイシャルの新型機のM22で合計4回行った方の症例写真をご覧に入れたいと思います。

この方は、50歳代後半の女性の方です。

両頬部に光老化によるしみがそばかす様にパラパラと認められます。

月に一回のペースで、フォトフェイシャルを合計4回受けて頂きましたところ、2枚目の写真の状態まで改善させることができました。

 治療前  2015年1月28日




                           


 治療後  2015年6月16日

IMG_4174-2-blog.jpg

いつものように、改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①頬全体に見られたパラパラとしたしみが薄くなったり消えたりしています。
②肌のトーンが全体的に明るくなっています。
③目の周りの小じわ(ちりめんじわ)が薄くなったり消えたりしています。
④肌のキメが細かくなっています。
⑤目の周りと頬骨あたりの肌に張りが出ています。
⑥法令線と口の周りのしわが浅くなっています。
⑦小鼻と耳の丁度あいだ辺りの少しくぼんだ部分が、ふっくらとして若返っています。

といった感じでしょうか。

この方には、5回を1クールとして受けて頂いておりますが、2クール目の治療後の写真が撮影できた暁には、
また経過写真をご覧に入れたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR