FC2ブログ

症例写真です。フォトフェイシャル×5回+新型M22×4回 60歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、フォトフェイシャルを5回、その後、新型フォトフェイシャル(M22)を4回受けて頂いた方の症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、60歳代前半の女性の方です。

1枚目と3枚目の写真が、治療前の写真です。
いわゆる、紫外線と加齢変化によるエイジング・スキンの状態です。

問題点を挙げてみたいと思います。
①両頬にぱらぱらとしたそばかす様の色素沈着が認められます。
②小鼻周囲に毛細血管拡張による赤味が認められます。
③両頬に小さな1㎜前後の黒味を帯びたほくろがパラパラと認められます。
④両頬全体にモヤがかかったようなくすみが認められます。

 治療前  2014年8月26日



                         

 治療後  2015年9月18日


IMG_0472-blg2.jpg




 治療前  2014年8月26日

IMG_9408-blg3.jpg

                         

 治療後  2015年9月18日

IMG_0474-blg4.jpg

新旧のフォトフェイシャルを合計9回受けて頂いた後の写真が、2枚目と4枚目となっております。

上記問題点がそれぞれ改善されています。
おさらいの意味でもう一度復習しますね。

①両頬にぱらぱらとしたそばかす様の色素沈着が認められます。
→完全に消えたわけではございませんが、ほぼ目立たなく改善しています。

②小鼻周囲に毛細血管拡張による赤味が認められます。
→ちょろちょろした毛細血管が消えて、赤みが改善しています。

③両頬に小さな1㎜前後の黒味を帯びたほくろがパラパラと認められます。
→一部、取れ残りはございますがほとんど目立たなくなっています。

④両頬全体にモヤがかかったようなくすみが認められます。
→くすみが取れて、両頬の透明感が格段にアップしています。

それ以外の改善ポイントとしましては、
⑤両頬のハリが断然アップして、ふっくら感がすごく出ているかと思います。

ところで、フォトフェイシャルが新型のM22となって、早2年が経過します。
最近のトピックスとしては、器械の先端に付けるアダプターが2種類オプションとして追加発売となりました。

当院は、2種類とも即時購入しましたんですが、どういったケースに有効かと言いますと。
①老人斑やそばかすと言った小さな病変をピンポイントで狙い撃ちができるようになりました。
→これまで特定のシミを選択的に治療して除去するというのが、やや苦手であったのですが、これがいともたやすく可能となりました!

②小鼻の横に生じやすい毛細血管を、追加で狙い撃ちで照射出来るようになりました。
→これまでは、大きなヘッドでまったりと毛細血管を治療していたのです、取れ方もそれなりでしたが、小さなヘッドでピンポイントで照射できるようになりましたので、治療効果が格段にアップしております。

美肌治療機として、完成度が非常に高いM22ではございますが、きめ細かなバージョンアップが図られておりまして、ますます目が離せなくなっております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です!毛孔性苔癬の治療 20歳代後半の女性 ダイヤモンドトーン×5回+脱毛レーザー×5回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、二の腕のポツポツ(毛孔性苔癬)について、症例写真をご覧に入れたいと思います。

毛孔性苔癬というより一般的には、「二の腕のポツポツ」と言った方がなじみがあるかもしれませんね。

写真は、20歳代後半の女性の方です。

二の腕の外側に毛穴がポツポツと盛り上がって見えます。
生まれつきの体質が原因で、予防方法なんかは無いのですが、毛穴が何故かV字型に開いていて、てっぺん部分には肥厚した角質が厚く乗っかっています。これは「角栓」と呼ばれたりします。

この方には、ダイヤモンドの粒子でピーリングを行うダイヤモンド・トーンという施術と脱毛レーザーのアレキサンドライト・レーザーの照射を2週間ごとにそれぞれ交互に5回ずつ、合計10回受けて頂きました。

治療後の状態が、2枚目の写真となっております。

 治療前  2014年10月4日

IMG_9904-1.jpg


                     


 治療後  2015年2月21日




毛穴のポツポツは、まだ多少は残ってはおりますが、だいぶ減少したと思います。

毛孔性苔癬の治療には、その他
①ビタミンA誘導体(ロアキュテイン)の内服
②ビタミンD3製剤(オキサロール・ローション)の外用
③尿素剤(ケラチナミン・コーワ)の外用

と言った治療も効果的です。

この方にも、今後併用をお勧めしていきたいと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。育毛治療×5年7ヶ月間 40歳代前半(治療開始時)の男性 フィナステリドの内服+ミオノキシジルの内服・外用+亜鉛サプリ+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、症例写真をご覧に入れながら、男性の育毛について触れて見たいと思います。
 
患者さんは、治療開始時に40歳代前半の男性患者さんで、5年7カ月治療した状態が2枚目の写真となっています。
治療開始前は、頭頂部の軟毛化が著明で、薄毛が目立つ状態でした。
診断は、いわゆる男性型の脱毛症(AGA)です。

 治療前  2010年6月22日  



                                 


 治療後  2016年1月20日
 
DSCN6293-blg2.jpg

この方の改善ポイントを列挙したいと思います。

①頭頂部の軟毛が、硬い毛に置き換わり、黒味が増しています。
②輪郭部の毛も硬毛化が進んで、周りに毛が跳ねています。
③頭頂部のみならず、全体的に毛量が増えています。

この方に行った治療は、次の通りです。
①フィナステリドの内服
②ミノキシジルの外用+内服
③酵母亜鉛の内服
④その他
⑤その他

この方の場合、5年7カ月という比較的長期間にわたる治療となっておりますが、それまで全く効果が無かったわけではございません・・・。
治療期間中に、好不調の波が確かにあったのはあったのですが、5年7カ月と言う齢を重ねられても尚、それに打ち勝つほどの治療効果が出ているという事をお伝えしたかったのです。

今後の目標としましては、使用する薬剤の量や施術の頻度を減らしつつ現状維持を果たしていくという事です。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。フォトフェイシャル(M22)×4回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れて見たいと思います。
写真の患者さんは、50歳代後半の女性の方で、機種名がM22と言う名前のフォトフェイシャル治療を合計4回受けて頂きました。

一枚目の写真が治療前ですが、頬からこめかみにかけてそばかす様の小さなしみがパラパラと認められます。
紫外線の影響によるいわゆる光老化による現象が、ある程度進んだ状態かと思います。

この方には、月一回のペースでM22の施術を受けて頂きました。
4回受けていただいて、5回目の施術直前の状態が、2枚目と4枚目の写真です。

 治療前  2015年5月23日



                        

 治療後  2015年10月28日

IMG_1024-blg2.jpg




 治療前  2015年5月23日

IMG_3778-blg3.jpg

                        

 治療後  2015年10月28日

IMG_1022-blg4.jpg

いつものように、改善ポイントを挙げてみたいと思います。
→3枚目と4枚目の写真を見比べて頂いて、下のポイントを読んでからひとつずつ確認してみて下さいね。

①右目の下の小豆大のシミが、ほとんど分からなくなっています。
②右のこめかみ辺りにあるパラパラとしたしみが、かなり薄くなっています。
③右の下まぶたのちりめんジワが、浅くなって目立たなくなっています。
④右の頬の真ん中が、ふっくらとしてハリが出ています。
⑤右の口角部のすぐそばのくぼみが改善して、細かいしわが少なくなっています。
⑥法令線のすぐそばのしわが細かく入っていたのが、ふっくらとしてしわが消えてしまっています。
⑦肌全体のトーンが、明るく改善しています。
⑧キメが細かくなり、毛穴が目立たなくなっています。
⑨乾燥気味で全体的に小じわが目立っていたのが、ふっくらとした潤いのある肌に改善しています。

と、いった感じでしょうか?

それから、今年に入ってからM22に関して機械的なバージョンアップがありました。

老人斑に対して、ピンポイントに高出力で治療できる小さな円筒形の「ルミナス・チップ」が追加で発売になりました!
→当院もすかさず導入致しまして、すでに多くの患者さんの治療に使用しております。
→追加料金等は、特に頂かないで、通常のセットコースの患者さんにコース内の無料オプションとして提供させて頂いております。

もうひとつ、小鼻周囲の毛細血管をピンポイントで効果的に治療できる第3のチップも発売になり、すでに導入しております。
→こちらの方は、近々患者さんに治療を提供できる見通しとなっております。

フォトフェイシャルの魅力がさらに増すこれらの治療アイテムを駆使しながら、患者さんの様々なリクエストに的確にお応えできるよう頑張って参りたいと、スタッフ一同そんな風に考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。重症ニキビの内服治療 10歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、重症ニキビの内服治療について、触れて見たいと思います。

患者さんは、10歳代後半の女性の方です。

おでこから両ほほにかけて集簇性のニキビが認められます。
これまで、抗生剤の内服と外用治療を受けて来られて、一定の成果はあったものの繰り返しできてしまうニキビに大変困っておられる様子でした。

そこで、当院では、イソトレチノインの内服を開始して頂くことに致しました。
内服開始後、1年2ヶ月後の状態が2枚目の写真です。

治療前  2010年5月25日




                       


治療後  2011年7月19日

IMG_5934-aft.jpg

炎症後の赤みや色素沈着もだいぶ引いた様子で、ニキビ跡の凹凸が多少認められるものの、全体としては目立つものでもないかなと思っております。

重症ニキビの方で、抗生剤の内服・外用やその他、ビタミン剤や漢方薬、抗真菌剤の外用等に抵抗性を示される方には、ビタミンA誘導体のイソトレチノインの内服が有効な治療手段ではないかと考えています。

最後にイソトレチノインの副作用と対策について述べたいと思います。
①催奇形性
→イソトレチノインの内服期間中に妊娠した場合、胎児の催奇形性が起こる恐れがあります。
→内服期間中と内服終了後半年間の妊娠を避けて頂きます。
②紫外線に対する感受性がアップします。
→イソトレチノインの内服期間中は、これまで以上に紫外線対策を十分に行って頂く必要がありjます。
→日焼け止めクリームをこまめに塗って頂くことと、飲む日焼け止めのヘリオケアをお勧めしております。
③レチノールや肝油等、ビタミンA誘導体含有のサプリメントを飲まないようにして頂きます。
④イソトレチノインの内服により、ごくまれに肝機能異常をきたすことがあります。
→内服開始前の状態と2カ月に一回の割合で血液検査を行い、肝機能チェックを定期的に行います。
⑤イソトレチノインの内服により、抜け毛が多くなる脱毛症を来すことがごくまれにあります。
→関連性ははっきりしておりませんが、当院でもごく少数ですがおられました。
⑥イソトレチノインの内服により、ごくまれですが、うつ病が発生したり、うつ病が悪化する恐れがあります。
⑦イソトレチノインの作用として、皮脂腺を強力に委縮させる働きがあります。
→効きすぎますと、唇の粘膜が乾燥してかさつきやひび割れが生じることがあります。
→また、全身の皮脂が減少し過ぎますと、手湿疹や全身の乾燥性皮膚炎が生じることがあります。
→患者さんによって、必要量がかなり差がありますので、唇の粘膜のカサツキをバロメーターにして頂くのが良いと思います。
→唇のカサツキがつらい場合は、思い切って一錠20mgの内服を二日や三日に一度(最大週に一度)に減量して頂いております。

これらの注意点を守って頂く限りにおきましては、大丈夫な内服薬だと考えております。
他の有効な薬剤を試さないうちから、安易に使用すべき薬剤でないことは、くれぐれも付け加えておきたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。前額部 扁平母斑(茶色あざ)のレーザー治療 20歳代後半の女性 Qスイッチ・ルビーレーザー治療×4回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、前額部に認められた扁平母斑(茶色あざ)のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代後半の女性の方で、おでこの一部に生まれつきの茶色あざがあり、徐々に拡大してきている方でした。

Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を4年間の間に、合計4回ほど受けて頂いた状態が2枚目の写真です。

 治療前  2011年9月10日



                              

 治療後  2015年10月21日

DSCN4821-blg2.jpg

扁平母斑のレーザー治療は、治療後の再発が必発と言って良いほど高率に起こります。
ですが、根気よくレーザー治療を続けますと、徐々に良くなる方も多く見受けられます。

治療前後のケアとして、遮光をきっちり行って頂くことが非常に重要となります。
また、毛穴からメラニンが再生してくることが多いので、脱毛レーザーを併用したりすることも効果があります。

また、レーザー治療後に、色調が濃い部分と薄い部分がまだら状に現れることも多いのですが、こういった場合には、活性型ビタミンD3製剤の外用が有効であったりすることが経験上分かっております。

健康保険でレーザー治療を行った場合、いろいろな制約がございます。
そのため、扁平母斑の治療を行う場合には、患者さんには、なるべく自費治療をお勧めして、有効な治療手段を余すことなく組み合わせて、最大限の治療効果を上げるよう心掛けております。

扁平母斑の治療は、レーザーを使用したとしてもまだまだ確実性の乏しい治療と言わざるを得ませんが、治療者側が治療をあきらめてしまった場合、少しでも良くなりたいという気持ちの患者さんを見捨ててしまうことになります。

難しい治療ではありますが、これからもいろいろ工夫して参りたいと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です!赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療  パーフェクタ(ロングパルス・ダイ・レーザー)治療×7回 60歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、単純性血管腫のレーザー治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、60歳代前半の女性の方で、生まれつきの赤あざが大腿の内側部に認めておられました。
赤あざは、欧米ではポートワイン・ステインという名前で呼ばれることが多いのですが、赤ブドウ酒様のシミと言う意味です。
色合い的に、赤ブドウ酒の色と似ているように見えます。

治療には、Vビーム・レーザーの上位互換機種のパーフェクタというレーザーを使用しました。
2~4ヶ月おきに合計7回受けて頂いた結果が2枚目の写真です。

 治療前  2014年1月22日



                                 


 治療後  2015年9月14日

DSCN4195-blg2.jpg

パーフェクタは、現在のところ健康保険での治療が認められておりませんので、自費での治療となります。

Vビームと比べてどこが違うのかと言いますと、

①一回当たりのレーザーの発振が、Vビームが3回ランプが光って、1ショットのレーザー光線が出力されるのに対して、
パーフェクタは6回ランプが光って1ショットのレーザー光線が出力されます。
→その結果、ショットごとのパワーのばらつきが小さく、スポットの中央と周辺部のパワーの偏りが少なくなるメリットがあります。
→パワーの偏りを無くすことで、レーザー後の紫斑形成が少なくなります。
→また、最大出力もφ7mmのサイズで15ジュール/平方cmだったものが、パーフェクタでは、20ジュール/平方cmと、非常に高い出力で治療することができるようになっています。
→φ5mmのサイズなら15ジュール/平方cmだったものが、パーフェクタでは、なんと2倍の30ジュール/平方cmまで使用できます。

②φ3mmの小さなサイズのスポット径が使用できます。
→老人性血管腫のような2㎜前後の小さな病変に対して、高出力でピンポイントの治療が可能となりました。

③3mm×7mmサイズの楕円形のスポットが使用できます。
→ちょろちょろと皮膚表面に浮き出ている青色や赤色の毛細血管病変が、効果的に治療できるようになりました。

④逆にφ12mmという大きいサイズのスポットも常備されていますので、リジュビネーション・モード(赤ら顔やニキビ跡・若返りの治療)で治療する際に、安全性と治療効果が高まりました。一方、治療スピードも格段に速くなっています。

と、言った感じで、最新世代のパーフェクタは、非常に治療の幅が広がった素晴らしい機械と言えます。

当院では、Vビーム・レーザーとパーフェクタを2台とも完備し、あらゆる血管病変に対応できる体制を敷いております。

赤あざは、まるでエベレストのようです・・・。
レーザーを当てても当てても、なかなか完全に取り切ることができません。

ですが、大きな病院で10回以上Vビームレーザーの治療を受けられた赤あざの患者さんが、「治療効果が頭打ちになりました。」と、担当のドクターに告げられて、「それでも、何とかなりませんか?」と、当院に救いを求めて来院されたりします。

そんな方には、パーフェクタで治療するのが一助となります。

レーザー治療に携わって、早22年経ちますが、今でも赤あざ治療は本当に難しいと感じております。
人によっても、部位によっても、年齢によっても、レーザーの反応(取れ方)が様々です。

完全に征服するにはまだまだ力及ばずですが、赤あざと言う大きな山に、これからも果敢に挑んでまいりたいと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR