FC2ブログ

症例写真です。 赤アザ(単純性血管腫)のレーザー治療 Vbeam×4回 30歳代の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科 

今回は、赤アザ(単純性血管腫)のレーザー治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、30歳代の女性の方です。

赤アザ(単純性血管腫)に対して、Vbeam(ロングパルス・ダイ・レーザー)を4回にわたり照射しました。

 治療前  2009年10月24日



                            

 治療後  2016年2月13日

IMG_2460-blg2.jpg

2枚目の写真が治療後の写真となります。

上口唇部と鼻背部の横に赤みが少し残っています。
全体としては、8割くらいの赤みが消えているかと思います。

Vbeamの照射条件は、次の通りです。
数字は、順にスポットサイズ、パルス幅、出力、クーリングスプレー照射時間/ディレイ時間です。
①回目→φ7mm、10ミリセカンド、13ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド
②回目→φ7mm、10ミリセカンド、14ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド
③回目→φ7mm、10ミリセカンド、14.5ジュール/cm2、DCD:20ミリセカンド/20ミリセカンド
④回目→φ7mm、10ミリセカンド、15ジュール/cm2、DCD:30ミリセカンド/20ミリセカンド

今後、照射条件を変えて仕上げの治療を行っていきたいと思っています。
内容的には、パルス幅を1.5ミリセカンドと短めに設定する予定です。

一般的に、出力が同じジュール数ですと、パルス幅が20ミリセカンド、40ミリセカンドと長くなるほど、組織のダメージは小さくなり
レーザー後の紫斑形成が軽く短期間で済みます。

一方、パルス幅が6ミリセカンド、1.5ミリセカンドと短くなるほど、組織のダメージは大きくなり、レーザー後の紫斑形成が強く長期間
に及びます。

パルス幅の設定を考える上で大事なことは、細い血管病変を焼く場合は、パルス幅を短めにすると良く、
逆に太い血管の場合は、パルス幅を長めにすると良いということになっています。

これは、血管内を流れる血液の流速を考えてのことです。
細い血管を流れる血液は、流速が速いために、短時間で熱量を与えないとなりません。

一方、太い血管を流れる血液は、流速が遅いため、少々長時間かかっても大丈夫ということになります。
ただし、トータルの熱量は血管が太い方が多量に必要となりますから、大きな出力でゆっくり熱してあげると良いということになります。

治療者側としましては、赤あざの状態(盛り上がっているか平坦であるか、また浅い病変か深い部位まである病変か、血管径が細いか太いか等)を良く見極めながら、レーザーの照射条件を決定しているんですね。

また、出力調整もレーザーをある程度照射してみて、血管が焼けて黒く反応するのですが、その黒味を見ながら出力を上げたり下げたりして、適正出力を探るということになります。

出力が強すぎると、黒味を通り越して白くなります。
そうなると、やけどの心配が出てきますので、出力を下げないといけないということになります。

安全領域を踏まえた上で、少しでも治療効果を上げるために、結構いろいろなことを考えながらレーザー治療を行っているんですね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。しみの治療 フォトフェイシャル(M-22)×12回 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れてみたいと思います。

 患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
フォトフェイシャル(M-22)を用いたIPL光治療を合計12回に渡り受けていただきました。

1枚目の写真が治療前の写真です。

問題点は、
①左ほほに、濃い目立つしみが2ヶ所、薄いしみが5~6ヶ所認められました。
②点状の黒いほくろが、5箇所ほど認められます。


 治療前  2013年11月13日




                          

 治療後  2016年1月12日

IMG_1925-blg2.jpg

2枚目の写真が、治療後の写真となります。

改善ポイントは、上記①のしみと②のほくろが目立ちにくくほぼ取れているかと思います。

一方、治療後に赤みが少し目立つようになっていますので、今後、赤み対策として590ナノメーター
のグラスを使用して対応していきたいと思っています。

フォトフェイシャルは、
①しみ・そばかすといったメラニン病変
②赤ら顔・毛細血管拡張・ニキビ跡の赤み病変
③毛穴の縮小効果
④肌のキメ(肌理)を整える
⑤ちりめんジワの改善
⑥皮脂の分泌調整(脂性の方は普通肌に改善、乾燥肌の方も普通肌に改善させることができます。)
⑦ニキビ肌の方に、ニキビの改善効果とできにくい肌質に変える効果もあります。
といった、さまざまはお肌改善効果が期待できます。

一言で言いますと、透明感のあるみずみずしいお肌を手に入れることができます。
月に一回のペースで、まずは5回を目安に受けていただくことにしております。

「素肌美人」という言葉がぴったりな状態に仕上げることが可能となっています。

何を隠そう院長の僕自身も、定期的にフォトフェイシャルを受けているんですよ。
スタッフと患者さんに、院長はしみがないですね!なんていってもらえると、やっぱりうれしいものですね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 育毛治療×4年10ヶ月 40歳代後半の男性 フィナステリドの内服+ミノキシジルの内服・外用+亜鉛酵母+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、育毛治療の症例写真をご覧に入れたいと思います。
患者さんは、40歳代後半の男性の方で、かれこれ4年10ヶ月間もの長期間、育毛治療を受けていただきました。

一枚目の写真が治療前の状態です。
男性型脱毛症(AGA)特有の、前頭部と頭頂部の薄毛が認められます。

この薄毛の原因は、男性ホルモンの一種であるDHA(デヒドロテストステロン)が毛母細胞の細胞分裂を阻害することで引き起こされます。

治療の中心となるのは、この悪玉ホルモンを減少させる内服薬のフィナステリド製剤です。

4年5ヶ月の治療期間中には、いろいろな薬剤をその都度変更を加えました。

最終的に落ち着いた現在の治療内容は、次のとおりです。

①フィナステリドの内服
②ミノキシジルの内服+外用
③亜鉛酵母の内服
④その他
⑤その他
です。

 治療前  2010年10月18日



                              

 治療後  2015年8月23日

DSCN3807-blg2.jpg

2枚目の写真が、治療後の写真となりますが、改善ポイントを挙げて行きたいと思います。

①前頭部と頭頂部の軟毛化により細く薄くなっていた毛髪が改善し、太く濃くなって地肌が見えなくなっています。
②前頭部から頭頂部にかけて毛髪のボリュームが回復し、フワッとした若々しい印象を受けるようになりました。
③毛髪の色調が、薄い茶色だったものが、黒味が深い黒々とした色調に改善しています。

毛髪が10歳くらい若々しくなりましたので、治療期間がざっくり5年として、都合15歳ほど若返られたのかなと勘定しております。

今後、さらなる毛髪の安定化と治療効果アップを目指すとすれば、今人気の新しいAGA治療薬「ザガーロ」を投入する可能性が出てきます。

はてさて、選択権は患者さんのご意思に委ねることに致しましょう。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療 左前腕部 Vbeam×2回 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
左の肘から手首にかけて、生まれつき赤あざが認められました。

単純性血管腫は、Vビーム(ロングパルス・ダイ・レーザー)が良く効きます。

この方には、エムラクリームという塗るタイプの麻酔クリームをレーザー前に1時間塗らせて頂きました。
エムラクリームをたっぷり病変部に盛り付ける形で多めに塗って、さらにサランラップをかけて密封させますと、
一時間の内に、麻酔薬が皮膚内に効果的に浸透していきます。

麻酔効果が高いと、レーザー治療の痛みが格段に楽になりますので、この前処置は非常に大切です。

麻酔効果が十分出ている状態で、いよいよVビーム・レーザーの照射となります。

 治療前  2015年2月2日



                       

 治療後  2015年8月21日

DSCN3729-blg2.jpg

2枚目の写真が、Vビーム・レーザーの照射を2回行ったあと3ヶ月後の写真です。

血管腫の赤みが8~9割程度取れているかと思います。

今後、この方の経過写真を順次ブログにアップしていきたいと考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR