FC2ブログ

症例写真です。リストカット痕に対するレーザー治療 フラクショナル・レーザー(モザイク+eco2)×2回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科 

今回は、リストカット痕に対するレーザー治療について触れてみたいと思います。

状態は、写真をご覧頂いたとおりですが、傷の幅が狭いものからやや広いものまで、また傷が平坦なものからやや盛り上がっているものまで、さまざまな状態の傷跡があるのがお分かり頂けるかと思います。

今回は、フラクショナル・レーザーの内、モザイク(フラクショナル・エルビウム・グラスレーザー)とeco2(フラクショナル・炭酸ガスレーザー)の2種類のレーザーを使って、2回にわたりレーザー治療を行いました。

2枚目の写真が、術後の経過写真となります。
はっきり申し上げてあまり良くなっていない様な印象を受けるかと思います。

注目すべき点がいくつかございます。
①盛り上がっていた傷が平坦に近づいています。
②治療後の色素沈着が非常に少ないです。
③幅が狭くて長さが短い傷跡から目立たなくなって来ています。
④傷の表面がつるっとした感じで光の照り返しが強かったものが、しっとりした質感に改善してテカリが少なくなってきています。
⑤全体として、グラデーションがかかりそのぼかし効果が功を奏して、傷が浮かび上がりにくくなってきています。

 治療前  2015年6月27日 



                                       


 治療経過  2015年11月21日

DSCN5321-blg2.jpg

患者さんの満足度もまずまずです。
①治療時間が短時間で済むこと。
②麻酔クリームを使用しますので、痛みがそれほど強くないこと。
③術後のケアが簡単で、ケア期間が2週間前後ち短期間で済むこと。
④治療を重ねるごとに、改善具合が目で見てご確認頂けますので、治療を継続していただく場合のモチベーションがアップすること。
⑤治療後の傷の状態を指先でなぞって頂きますと、段差があったところが解消し、平らになっていることを実感して頂けること。

といった、治療後の患者さんご自身が、傷の状態が良くなっているという実感を感じていただける点が良い点じゃないかと思っています。

そんな感じで、写真からは劇的な改善した雰囲気が伝わってこないかもしれませんが、診察室・治療室で患者さんと交わす言葉から得られる雰囲気を少しでもお伝えできればと思い、敢えて分かりにくいかもしれない写真を提示することにしました。

フラクショナル・レーザーは、すごい力を秘めたレーザーであると改めて思っています。

皮膚上にスリット状の穴を無数に空ける治療となりますが、あらたにできた小さな傷を体が自分自身で治そうとする際に、劇的な治癒機転が働きます。

インターロイキンを代表とする様々な化学伝達物質が傷の周囲に放出され、傷を早期に埋めてしまおうとする働きが活発となります。
その結果、傷がもとよりきれいに治ったり、周囲の正常な組織を引き寄せて傷の面積が却って縮小したりするのではないかと考えております。

フラクショナル・レーザーは、傷をきれいに治すという作用以外にもまだまだ可能性があるんですね。

ずばり、白斑治療に応用されつつあります。

アメリカのASLMSという学会誌で発表されて2年が経過しましたが、いよいよ日本でもいくつかの施設で治療成果を挙げていることが判明しています。

当院でも、フラクショナル・レーザーを白斑治療に応用していくのに機が熟したと考えております。
いやはや、すごい時代となってまいりました。

これまで、治療が難しいとされていた疾患に対し、どんどん解決の糸口が見つかってきています。
また、素晴らしいご報告ができるよう頑張って行きたいと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。しみの光治療(フォトフェイシャルM22)×9回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、いわゆるエイジング・スキンの状態でした。
長年の紫外線を受けられた影響で、両ほほ全体に色素沈着が大小様々にまた、色調の濃いもの薄いものがぱらぱらと認められます。

こう言った病変には、フォトフェイシャルが非常に効果的です。
月に一回のペースで合計9回受けて頂きました。

治療後の写真が、2枚目と4枚目の写真です。

 治療前  2013年9月25日 



                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2104-blg4.jpg





 治療前  2013年9月25日

IMG_5155-blg1.jpg

                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2102-blg2.jpg

いつものように改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①両ほほにパラパラと認められたそばかす様のしみが消えたり薄くなったりしています。
②肌全体のトーンが明るく改善しています。
③ほほ骨辺りのハリが出て、小じわが改善しています。
④両ほほにあったうっすらとした肝斑が薄くなって、ほとんど分からなくなっています。
⑤毛穴が小さくなり、肌のキメが細かく改善しています。
→患者さんには、お化粧のノリが大変良くなりましたと、仰って頂けました。

と、言った感じでしょうか?

フォトフェイシャルは、一言で言いますと「素肌美人」を目指す治療です。
ファンデーション等のお化粧をせずとも、素肌で通用するお肌に改善させることが可能です。

治療が進みますと、口紅やアイライン等のポイントメイクだけで大丈夫になります。

治療後のケアが特に必要ない点もうれしいポイントです。
お仕事の合間に受けて頂けますし、かさぶた等もできません。

月に一回の施術で、知らず知らずのうちにしみが取れたり薄くなったりして行きます。
1クールが5回のコースとなります。

気に入っていただいた方は、この写真の方のように2クール、3クールと受けて頂く方も多くいらっしゃいます。

院長の僕も合計10回くらい受けています。
スタッフも大好きな治療ですので、皆が受けたいと言います。

その意味で、当院のフォトフェイシャルは「みんなのフォトフェイシャル」という位置付けになっています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。尋常性白斑の紫外線治療 VTRAC(エキシマ・ランプ)の照射+ステロイドクリーム外用+フロジン(交感神経刺激薬)+その他+その他 40歳代半ばの男性 大阪市中央区天満橋

今回は、尋常性白斑の紫外線治療について触れてみたいと思います。

40歳代半ばの男性の患者さんで、腹部に原因不明の白斑が認められました。

5ヶ月でVTRAC(エキシマ・ランプ)を用いた紫外線治療を合計14回受けていただきました。

2枚目の写真が、治療開始後5ヶ月目の経過写真です。

ある治療を途中から併用することで、飛躍的に治療効果が高まりました!
偶然見つけたのですが、これまでの治療に比べて格段にメラニン再生のスピードアップが図られます。

 治療前  2015年9月8日



                              

 治経過  2016年2月2日

DSCN6517-blg2.jpg

この方に行った治療は次のとおりです。
①VTRAC(エキシマ・ランプ)を用いた紫外線照射×14回
②ステロイド外用剤→トプシム・クリームの塗布
③交感神経賦活剤の外用→フロジン外溶液の塗布
④その他
⑤その他
です。

この方の場合、白斑部のメラニン再生とその色素沈着の程度が強く、周りの正常皮膚に比べて濃い茶色を呈しておりますが、
心配には及びません。

VTRACの適正パワーを探るのに、60ミリジュール程度の低いパワーから開始するのですが、照射を行った当日もしくは翌日に
薄いピンク色を呈するのが、ちょうど良いパワーということになっております。

この方の場合、徐々にパワーを上げて、直近では170ミリジュールのパワーで治療させて頂いております。

2枚目の写真の直前1ヶ月前からある治療を追加しましたところ、白斑部に急激にメラニン再生が湧き起こりまして、こういった色素増強作用が生じたという次第です。

追加しましたある治療をここでは詳述できませんが、白斑部の紫外線に対する感受性が数倍にアップしたのではないだろうかと考えております。

ただ、指先の白斑はこの方法をもってしてもまだまだ治療効果が不十分で、すべての部位に有効というわけではなさそうです・・・。

これから先、白斑治療に対する効果的な治療方法を編み出すべく、更なる研究と考察を行って参りたいと考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。リストカット傷跡のレーザー治療 フラクショナル・レーザー(モザイク+エコツー)×3回 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、リストカットの傷跡に対するレーザー治療について触れてみたいと思います。


フラクショナル・レーザーのモザイクとエコツーという2種類のレーザーを半年ごとに合計3回受けて頂きました。

2枚目の写真が治療後の写真となりますが、非常に目立たない傷となっているのがお分かり頂けるかと思います。

 治療前  2010年3月6日

DSCN4053-blg1.jpg

                          


 治療後  2012年6月22日



フラクショナル・レーザーには、大きく分けて次の2種類のレーザーがあります。
①エルビウムグラス・レーザー(機械名→モザイク)
②炭酸ガス・レーザー(機械名→エコツー)
です。

波長の違いで前者は皮膚の浅いところに届きます。
一方、後者は、皮膚の深部にまで届きます。

当院では、両方の機械を組み合わせることで、双方の良さを引き出す治療を行っています。

具体的に言いますと、前者のモザイク・レーザーは、皮膚の浅いところに届く性質がありますので、色むらやら瘢痕の白さをぼかして目立たなくさせる効果が高いという特徴があります。
いわば、パン作り際に、小麦粉を小さなハケでまな板の上に薄くのばす感じです。

一方、後者のエコツーは、皮膚の深いところに届く性質がありますので、盛り上がった傷を削り取って浅くしたり、凹凸の激しいニキビ跡を平らに近づける効果が高いという特徴があります。
いわば、ブルドーザーで大きく地ならしをする感じです。

前者の「ぼかし効果」と後者の三次元的な「削り効果」を併用することで、いろいろな状態の傷跡に対応できるようになっています。

これまで、傷跡のレーザー治療は難しいとされていたのですが、フラクショナル・レーザーが登場してからは、患者さんにお勧めしやすい選択肢の一つとなっています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

尋常性白斑(広範囲)の紫外線治療 30歳代後半の男性 VTRAC(紫外線治療)+ステロイドクリーム外用(顔以外の部位)+フロジン液外用+ハイデルマート・クリーム外用(顔)+その他+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、前回のお約束通り、白斑治療の続きを書いてみたいと思います。

症例写真ですが、前回の患者さんと同じ方です。

治療内容の違いは、外用剤をステロイド剤の代わりにハイデルマート・クリームを使用しました。
それ以外は、紫外線治療のVTRACや内服剤は、すべて同じものを使用しました。

以下に、治療内容を再掲しますね。

①Vトラック紫外線照射→1~3週間おきに一度のペースで合計40回受けて頂きました。
②ステロイドクリームの外用→トプシクムクリームとメサデルムクリームを使用しています。
→顔には、非ステロイド系のハイデルマート・クリームを使用しました。→ハイデルマート・クリームは、漢方成分の甘草を主成分とした抗炎症剤です。
③フロジン液→交感神経の刺激作用があります。
④その他
⑤その他

1枚目と3枚目の写真が治療前の状態で、2枚目と3枚目の写真が治療後の写真となっています。

 治療前  2014年10月4日



                    

 治療途中  2016年7月23日

IMG_5223-blg4.jpg





 治療前  2014年10月4日

IMG_9933-blg5.jpg

                    

 治療途中  2016年7月23日

IMG_5226-blg6.jpg

治療前の写真は、白斑部分と正常皮膚との境界が不鮮明で白斑の所在がはっきりとしませんが、よくよく目を凝らして見て頂きますと、おでこの部分と両ほほの全体と、あごの辺りがうっすらと白いのがお分かりいただけるかと思います。

2年弱の治療で白斑を生じていたエリアの60~70%程度の範囲が改善できたのでは?と、思っています。

残念ながら、転勤で他府県に引越しされましたので、この後の治療を行うことはできなくなりました・・・。

一年ほど前から、ある治療を追加することで、メラニンの再生が飛躍的に向上しました。
そういったこともあり、治療者側としましても経過が非常に楽しみにしておりました。
いい結果が出だした矢先でしたので、最後まで治療を完結させたかったのですが、転勤が決まったので致し方ございません。

恐らく、他院様で紫外線治療を継続され、徐々に良くなっていかれることと思います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。 尋常性白斑(広範囲)の紫外線治療 30歳代後半の男性 VTRAC(紫外線治療)+ステロイドクリーム外用+フロジン液外用+その他+その他

今回は、尋常性白斑の広範囲に対して、紫外線治療を行っている方の症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、30歳代後半の男性の方です。
前胸部と背部、項部に白斑が認められます。

Vトラックを用いた紫外線治療を中心に、内服薬と外用薬を組み合わせて治療しています。

2年弱の治療を受けていただいていますが、じわじわと白斑部分面積が減少してきているのが確認できます。

 治療前  2014年10月4日



                    

 治療途中  2016年7月23日

IMG_5217-blg1.jpg





 治療前  2014年10月4日

IMG_9925-blg2.jpg

                    

 治療途中  2016年7月23日

IMG_5214-blg2.jpg

この方に行った治療は、次の通りです。

①Vトラック紫外線照射→1~3週間おきに一度のペースで合計40回受けて頂きました。
②ステロイドクリームの外用→トプシクムクリームとメサデルムクリームを使用しています。
③フロジン液→交感神経の刺激作用があります。
④その他
⑤その他

機会がありましたら、その他の部位の治療経過もご覧に入れたいと思っています。

尋常性白斑も、患者さんの背景に何かしらの原因と思われる因子が隠されているのではないかと感じております。
今なお、白斑の原因は突き止められてはおりませんが、いろいろ研究を重ねて少しでも治療効果を上げられるよう頑張りたいと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。異所性蒙古斑(腕)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×5回 20歳代の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、異所性蒙古斑(腕)のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、20歳代の女性の方です。
生まれつき腕に青あざ(異所性蒙古斑)が認められました。

病変部に部分麻酔の注射を打った後、Qスイッチルビー・レーザーの照射を5回にわたり受けて頂きました。
レーザー治療は、3ヶ月~1年置きに同じ場所に対して繰り返し行いました。

 治療前 2009年4月6日



                        


 治療後  2013年6月13日

DSCN0666-blg2.jpg

2枚目の写真が、治療後の写真です。
最終のレーザー治療を行ってから2年ほど経過した時点での状態です。

青あざがあったことがほとんどわからない位に、きれいになっているのがご覧いただけるかと思います。

青あざ(異所性蒙古斑)は、レーザーに対する反応が非常に良好です。
たいていの患者さんは、最終的には、ほとんどわからないレベルまで改善させることができます。

ただ、日焼けがあったりもともと地肌が黒い方は慎重に治療せねばなりません・・・。
色素脱失(白抜け)が起こるリスクが高いからです。

レーザー治療を受ける予定の方には、あらかじめ日焼け止めクリームを厳重に塗っていただいたり、メラニンを抑制させる内服薬を治療に先立って内服を開始して頂くことも重要となります。

レーザー治療に付随して、色素沈着や色素脱失は一定数生じることはございますが、ただ無造作に起こってしまったわ、ではなく
あらかじめ起こり得る内容を予想しておき、それに対して適切に対処しておくことができれば、望まぬ副作用が軽減することができます。

とにかく、この方の青あざにつきましては、特に副作用もなくきれいに消えましたので、めでたしめだしというところです。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR