FC2ブログ

症例写真です。 tattooのレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×6回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、刺青のレーザー治療について触れてみたいと思います。
患者さんは、20歳代後半の女性の方で、左の肩甲骨の場所に比較的濃い刺青がありました。

1~2ヶ月間隔で、Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いまして、合計6回終了時点での状態が二枚目の写真となります。
色素沈着が病変部周囲に見られますが、これは最終的に消えて無くなるものですから、心配には及びません。

点状のとれ残りが一部にまだ残っていますので、今後は、この部分のみの治療となります。 

 治療前  2010年4月6日



                           

 治療経過  2016年5月10日

IMG_3927-blg2.jpg

比較的濃い色調の刺青だったのですが、一回ごとにレーザーを念入りに重ね打ち(2~3パス)しましたので、6回の治療でここまで薄くすることができました。

レーザーを一通り当てることを1パスといいます。
同じ日に、同じ面を2回当てることを2パスといいます。

1パス後は、ホワイトニングという表皮が白く浮き上がる現象が見られますので、少し時間を置いてホワイトニングがある程度収まってから2パス目の照射となります。

2パス目は、1パス目よりさらに強いパワーで無いと色素まで届きませんから、必然的にパワーを上げての照射となります。
パワーを上げますと、スポットサイズが小さくなりますので、治療する側としましてはたくさんのショット数を当てる必要が出てきます。
2パスが終了した時点で、ホワイトニングを起こした表皮の間から黒い色素が顔を出している部分がありましたら、その黒い部分にさらに3パス目をもっと強いパワーで照射します。

麻酔の注射を行ってからのレーザー治療となるのですが、麻酔の注射が結構痛みを伴いますから、麻酔効果が効いている間に出来るだけ治療効果を上げるために、レーザーを当てられるだけ、たくさんハイパワーで高密度に当てるように心掛けております。

その甲斐もあって、濃い刺青でも、以前より少ない治療回数でどんどん薄く出来るようになって来ています。

もちろん、同一箇所にあまり熱量を加えすぎますと、瘢痕化が生じて色抜けや傷跡の原因となりますので、一定の安全領域の範囲内で治療を行うことが大切です。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



症例写真です。 シミの治療 フォトフェイシャル(M22)×9回 50歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、両ほほのしみ治療について触れてみたいと思います。

提示しました症例写真ですが、50歳代前半の女性患者さんです。

フォトフェイシャルを一ヶ月から一ヶ月半置きに合計9回に渡り受けて頂きました。

2枚目と4枚目の写真が治療後の写真です。

 治療前  2015年3月3日

IMG_2424-blg3.jpg

                           

 治療後  2016年1月16日

IMG_2008-blg4.jpg


 治療前  2015年3月3日

IMG_2422-blg1.jpg

                           

 治療後  2016年1月16日

IMG_2006-blg2.jpg

いつものように、治療後の改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①両ほほのしみですが、パラパラと多数散在して認められました。大小さまざまの大きさで、色調も薄いものから濃いものまでいろいろでした。
→治療後は、いろいろな状態のしみが一つ一つ消えたり薄くなったりしております。
②鼻の近辺の毛穴が治療前は開き気味でしたが、治療後は毛穴が引き締まっています。
→肌全体のキメが細かく改善しています。
③目元や口元、鼻のそばにスポット的に黒いほくろがいくつか認められましたが、治療後は薄くなったり消えたりして、目に付かなくなっています。
④目の下の小じわが改善しています。
⑤鼻周囲の赤み(毛細血管拡張)が、治療後はほぼ分からないくらいにまで改善しています。

と、言った感じでしょうか?

僕自身は、もっともっと治療効果を上げてしみが完全に消えてなくなることを目標としておりますが、患者さんによっては
ある程度薄くなったら、少しはしみが残っている方が却って自然で良いんですよ、なんて仰る方もおられたりします。

この方も、そんな感じで、治療効果に大層喜んで頂けました。

フォトフェイシャルは、院長の僕も定期的に受けております。
おかげでしみがあまり気にならなくなっております。

お肌の状態もすべすべになった感じがしております。

機会があれば、また、院長自身のお肌の状態をご覧に入れたいと思います。
実際は、少し恥ずかしいですよね。
やっぱり・・・。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/

症例写真です。広範囲の尋常性白斑 VTRAC(紫外線治療) 30才代前半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、広範囲の尋常性白斑の方の紫外線治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、30歳代前半の男性の方です。
前胸部と背部と両肩に広範囲の白斑が認められました。

白斑が発生した時のエピソードをお聞きしましたところ、合成洗剤のボディシャンプーで体を洗い倒したら、白斑がどんどん拡がってしまったと仰っておられました・・・。

この方に行った治療は、次のとおりです。
①VTRAC(エキシマランプを用いた紫外線治療)の照射×103回
②フロジン液(交感神経刺激薬)の外用
③オキサロール軟膏(ビタミンD3製剤)の外用
④トプシム・クリーム(ステロイド剤)の外用
⑤その他
⑥その他
をその時々で、使い分けました。

 治療前  2012年11月27日



                                      

 治療経過  2015年8月22日

DSCN3761-blg1b.jpg





 治療前  2012年11月27日

DSCN7964-blg2a.jpg

                                      

 治療経過  2015年8月22日

DSCN3763-blg2b.jpg



 治療前  2012年11月27日

DSCN7963-blg3a.jpg

                                

 治療経過  2015年8月22日

DSCN3765-blg3b.jpg

2枚目・4枚目・6枚目の写真が治療途中の経過写真となります。
白斑部分の7割程度がメラニンで覆われているかと思います。

治療年数が、3年弱となっておりますが、かなり長期間に及んでおります・・・。
現在も、治療を続行中ですので、機会がございましたら、その後の写真をご覧に入れたいと思います。

今後、治療期間の大幅な短縮を狙って以下の治療を併用していきたいと考えております。
①フラクショナル・炭酸ガス・レーザーの部分照射
②1㎜パンチを用いたミニグラフト(皮膚移植術)

良い結果が出ましたら、順次ブログにアップして参りたいと思います。
どうぞご期待下さいね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR