FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。 育毛5ヶ月 20代後半男性 フィナステリドの内服、ミノキシジルの外用+内服、亜鉛酵母サプリの内服、その他  大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、20歳代後半男性の育毛について、症例写真をご覧に入れたいと思います。

この男性は、左右のM字部分の薄毛を気にされて、ご来院されました。
これまで、育毛サロンに数か所通われたり、薬局でいろいろな育毛剤購入して試されたにもかかわらず、目立った効果が認められなかったと、最初のカウンセリングの際、仰っておられました・・・。

確かに、前頭部のM字部分の薄毛治療は、一般的には難しい部位とされています・・・。
男性型脱毛症の範疇でありますから、フィナステリドの内服が必須となります。

まずは、治療前と治療後5ヶ月の写真を見比べて頂きたいと思います。

 治療前 2014年7月29日



                              

 治療後 2015年2月21日

DSCN0611-2.jpg

まだまだ、治療途中ではございますが、一定の効果が表れていると思います。

特に、注目頂きたい点がございます。
それは、前頭部正中の短い軟毛化が起こっていた部位です。

男性型脱毛症は、まず毛の成長期に軟毛化が生じて、細い3㎝前後の産毛状態のまま留まってしまいます。
そのまま治療をしないでおりますと、それ以上成長しないんですね。

成長しないどころか、簡単な刺激で容易く抜け落ちてしまう恐れがあります。
加えて、周りの太かった毛までもが徐々に細く頼りない毛になっていってしまうんですね・・・。

この恐ろしい軟毛化の減少が、この方にも認められたんです。
→それが、前頭部の真ん中寄りの毛です!

その軟毛化していた毛が、治療開始後5か月後にして、少し太くなって硬毛化しているでしょ!
それにウンと長さが伸びていますよね!
軟毛化の呪縛から離脱して、晴れやかにすくすくと成長している元気な毛がそこに認められます。

この効果は、ずばりフィナステリドの内服のおかげです。
軟毛化を引き起こす悪玉ホルモン(DHT:デヒドロテストステロン)を減少させることにより、毛の成長を促進させるんですよ。

当院では、M字部分の薄毛を気にされてご来院いただいた患者さんに、たいていこんな風に申し上げることにしております。

それは、M字部分だけに毛を生やすことは難しんですけど、前頭部全体の毛を太く長くすることは、それほど難しい事じゃないんですね、と。

治療により、前頭部全体の毛が濃くなるにつれ、つられてM字部分の薄毛も改善して来るということになります。

という訳で、当院では、育毛を求めて来院される患者さん全員に対して、「頭皮の毛髪全体を生やす!」という大きな目標を掲げております。

治療により、
①毛髪全体のボリュームが増えます。
②白髪の方でも、新規に黒髪が生えたりなんかします。
③一本一本の毛が太くなります。
④毛髪の黒味が増します。
⑤太くなった毛が立ちあがって、自然と若々しい髪形になります。
⑥M字部分の薄毛も徐々にカバーされて行きます。
⑦抜け毛が減ります。
⑧くしでとかなくても、毛流が自然とキレイに整います。(不思議ですよね、恐らく毛の一番外側の毛小皮が、厚みが増すことで、勝手に毛が揃うのだと考えております。)

最後に、「つるつるの部分には、毛根が死んでいるから毛を生やすのは無理です。」という意見が一部にございます。

僕は、この説には反対の立場です。
一見、毛根が無くなっているように見えるツルツル部分にも、治療を開始しますとちゃんと毛が生えてくるんですね!

結果的に、「つるつるの分でも、毛根はしっかり生きていたんだ!」という事が分かったりします。

兎に角、案ずるより産むが易しと言います。
治療を開始すれば、いろいろなステージを経て、徐々に毛が生えてくることが分かっています。

薄毛で悩む方は、是非、当院にお任せ下さい。
良い結果が出せるよう、全力で治療して行きますから!

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。