スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケロイドの治療について 「Fシート」という名前のシリコンシートがあります。 保湿してあげると、ケロイドの赤みやピリピリ感が治まってきますよ。 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ケロイドの治療で欠かせない「Fシート」について、語ってみたいと思います。


keroido.jpg


ケロイドは、.痛みやかゆみを伴うことが多く、徐々に周りの正常皮膚に拡大・浸食することが多い厄介な病変です。
当院でも、ケロイドの治療で来られる患者さんが非常に多いのですが、まずお勧めするのが、この「Fシート」なんですね。


fsheet3.jpg


シリコン製の貼付用シートは、各社からいろいろなタイプの物が発売されているとは思うのですが、この「Fシート」が一番すぐれていると思っています。
理由は、厚みが分厚くて①クッション性・②進展性・③粘着性・④耐久性に、優れているからです。

ケロイドの治療は、外用剤としてはヒルドイドソフト軟膏が有名で、健康保険でも使用が認められております。

診察の際、赤く盛り上がったケロイドですが、キンキンに皮が張っている状態を見ますと、まるでケロイドが顔を真っ赤にして怒っているように感じられるんですね。

ですから、ヒルドイドソフト軟膏で保湿してあげて、その後にシリコンシートを貼ってあげると、ケロイドが喜ぶというか落ち着くような気がしております。

fsheet1.gif


まるで、駄々をこねる赤ちゃんに、そっとお布団(「Fシート」)を被せてあげて、そばでお母さんが子守唄を唄っているようなイメージです・・・。
ケロイドの患者さんに、「Fシート」をお勧めする場合には、怒っているケロイドという「赤ちゃん」を、なだめすかせる感じですよと説明しております。

それでは、ケロイドは一体、何に対して怒っているのでしょうか?

原因は、はっきりしておりませんが、僕なりの意見というか考えがあるんですよ。

①知覚が過敏になっているかもしれない。
②ストレスが大きいのかも知れない。
③傷を治そうとする修復過程のコラーゲン合成が、間違った神経刺激により、傷の無いもしくは軽微な傷に対して、超過剰に持続的に起こっているのではないだろうか?
④一旦できてしまったケロイドが、引っ張られたりよじれたりすることが契機となって、余計に成長してしまうのかもしれない。
⑤数センチ大に大きく成長してしまった「ケロイド」は今度は、「こんなに大きくなったじゃないか」と、「必要ないのにこんなに成長してしまって、引くに引けないじゃないかと・・・。」
⑥大きくなったケロイドは、言います。
⑦「動かさないでっ!」「引っ張らないでっ!」「よじらないでよっ!」
⑧「お願いだから・・・。」
⑨「でないと、刺激を受けたら、勝手にもっと大きくなっちゃうし・・・。」
⑩「傷を治すのが目的だったのに、間違えて出てきたんだけど、」
⑪「気が付いたら、自分でも引っ込みがつかなくなっちゃった・・・。」
⑫そんな事に対して、「ケロイド」はご主人と自分自身に対して、腹を立てているんじゃないでしょうか?
⑬顔を真っ赤にして・・・。

なんか、「ケロイド」のことを、意識のある生き物みたいに書いちゃいましたが、僕自身は、こんな風に想像を膨らませて治療に当たっています。

「ケロイド」の患者さんには、「ケロイドの気持ち」を推し量ってアドバイスするようにしております。

①ストレスが大きい場合は、ケロイドが成長するかもしれないので、ストレスを軽減するよう、心身ともに穏やかに過ごして頂くようお願いしています。
②窮屈な衣類を着て、ケロイド部分が擦れたりしないようにお願いします。
③「ケロイド」は、駄々をこねる赤ちゃんなので、「ヒルドイドソフト」というクリームを塗ってあげて、「Fシート」というお布団を被せてあげましょうね。
④そうすると、スヤスヤと静かに眠ってくれますからね。
⑤「末梢の神経刺激」がケロイドの成長原因になっているとしたら、神経刺激を感じなくさせる「非ステロイド系抗炎症薬」が効くんじゃないかと考え、アコニンサン錠やインテバンと言った鎮痛剤の内服を処方したり、「ボルタレンゲル」と言った外用鎮痛剤を処方することが時々あります。結構、効いたりなんかします・・・。

さて、「ケロイド」に関して、あれこれ普段から思いを巡らせていることを、今回いろいろと書いてみましたが、エビデンス的(根拠・証明)には何ら触れては無いので、いち開業医の妄想と思って頂けたらと思います。

それにしましても、ケロイドの患者さんは、本当にお困りなんですね。
整容的にも感覚的にも・・・。
なかなか決め手になる治療法も見つかっておりませんし・・・。

治療する側の一人として、少しでも治療の選択肢を広げようと、また治療の確実性を高めようと、日々そんな風に思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。