FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。 イボ(足底疣贅)のレーザー治療 CO2レーザー 10歳男児 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、少し昔の症例写真となりますが、足の裏にできたイボのレーザー治療についてお話ししてみたいと思います。

患者さんは、10歳の男の子で足の裏に大小ひとつずつのイボが認められました。
(良く見ると左手の親指にもありますね・・・。)

さて、足の裏のイボは、液体窒素等の治療では治すことが非常に難しいんですね。
このお子さんも、近所の皮膚科さんで液体窒素を半年くらい受けてましたが、痛い割に一向に効く気配が無いという事で、当院を受診されました。

僕としましては、直径1cmを超える大きなイボですから、いつものブレオマイシン添加キシロカインの麻酔注射+炭酸ガスレーザーを組み合わせた治療法が最適と考えまして、ご本人さんと付添いのお母さんに治療方法について説明しました。

一枚目の写真が治療前です。

 治療前 2005年8月8日




                              

2枚目の写真が、レーザー治療後8日目の写真です。
黒い硬いかさぶたで覆われています。

 治療中 2005年8月16日 

DSCN9821-20050816.jpg


                              


3枚目の写真が、レーザー治療後、約3か月後の写真です。

 治療後 2006年11月5日

DSCN9706-20051105.jpg

大きい方のイボは、瘢痕で治癒できています。
一方、小さい方のイボは、再発してしまっています・・・。

現在では、なるべく2回目の治療をしないで済むように、肉眼的に白濁したイボより一回り大きめにレーザーをかけるようにしております。

レーザーで蒸散させる皮膚の深さも皮膚全層としております。
という事は、治療後は皮下の脂肪組織が軽く顔をのぞかせるレベルの深さまで掘り進むことになります。

これだけ掘っても、レーザー治療後の痛みはそれほど強くないんですね。
まあ、普通に歩いてお帰り頂けます。
(とんだり跳ねたり走ったりすると、少し血がにじんだりしますので、術後しばらくの間は、激しい動きはなさらないようにお願いしています・・・。)

ところで、炭酸ガス・レーザーは、波長10600ナノメートルと言う長い波長を有します。
この波長の光は、水分に吸収される性質があって、人体の皮膚に照射した場合、皮膚の細胞の水成分に吸収されて、先端温度は一瞬にして、1200度くらいになると言われています。

水が沸騰する温度は100度ですから、1200度というとそれよりもはるかに高い温度です。
炭酸ガス・レーザーを患部に照射しますと、瞬間的に水分が沸騰・蒸発してそして煙となって、皮膚は削れていきます。
これを専門用語で、「蒸散」といいます。

このとき、末梢神経が丸くコーティングされて焼かれることで、術後の痛みが少ないという特徴がございます。
できものの手術の際に、メス等の鋭利な刃物で末梢神経を斜めにスパッと切った場合は、切った所があとでシクシク・ジンジンと少々傷みますから、レーザー治療後に痛みがうんと少ないという事は大きなメリットという事になります。

それから、話しが元に戻りますが、ブレオマイシンの注射薬は、そもそもは肺癌の治療に使われる抗がん作用があるお薬です。
それを、少量だけイボのある部分に注射しますと、イボに効果があります。

ただし、ブレオマイシンの注射だけでは、これだけ大きなイボを仕留めることはできません・・・。
それで、炭酸ガス・レーザーの治療をする前の麻酔の注射薬に、少量のブレオマイシンを混ぜて少しでも治療効果を上げる、もしくはなるべく一回のレーザー治療でイボを完治させるために、こういった技法を取り入れております。

とはいうものの、小さい方のイボを再発させてしまっているので、偉そうなことは言えませんが・・・。

まあ、10年くらい前の話ですから許して下さいね。
今は、小さいものも気を抜かないで、広めに深めの治療をしておりますので、大丈夫ですよ!

足の裏のイボは、治りにくいですし、大きく成長したり、周りに衛星病変を増やしたりすることも多く、本当に厄介な病気です。

当院では、強敵な「足の裏のイボ」でも決してひるんだりせず、果敢に「取りに行きます」ので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。