FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です! 手湿疹 ODT(密封療法)治療×14日間 40歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、手湿疹の患者さんの症例写真をご覧に入れながら、当院の治療方針について触れて見たいと思います。

患者さんは、40歳代女性の方で、繰り返す手湿疹にすごく悩んでおられました。

当院では、ひどい手荒れの方には、ODT(密封療法)を中心に内服薬と外用剤で短期間で治せるよう頑張っております。

この方の場合、2週間という比較的短期間の治療でこれだけキレイになりました!

 治療前  2015年5月19日

DSCN2064-1-1.jpg


                              


 治療後  2015年6月2日



この方に行った治療は、以下の通りです。

①ステロイド軟膏と亜鉛華軟膏を併用して、密封療法を毎日寝る前に行って頂きました。
→軟膏類は、厚く塗って頂くことが大事です。
②抗アレルギー薬(タリオン)の内服
③手湿疹に第一選択の漢方薬(温経湯)の内服
④ヒルドイドソフトの外用→ハンドクリーム代わりに、日中使用して頂きます。
→手の保護ですね。
⑤亀裂の入った部分には、ドレニゾンテープを指の周りにグルッと一周まいて頂き、補強のためジョンソン&ジョンソンのキズテープを重ねて貼って頂きました。
→痛みがうんと緩和されます!
⑥シャンプーの際、プラスチック手袋をはめて頂くようお願いしました。
→無料でサンプルをお渡ししております。
⑦なるべく石鹸・洗剤・シャンプーの使用を控えて頂き、使用する場合もごく少量にするようお願いしました。
→極度のキレイ好きは、肌を傷めてしまうことをパンフレットをお渡しして、厳に慎んで頂くようお願いしております。
⑧体に良い油を多く摂って頂くようお願いしました。
→オリーブオイル・ごま油・寒ブリ等の魚・大豆製品が吉!
→ダイエット等で油ものを遠ざけすぎると、かえって肌が乾燥してしまうという事が良くありますので・・・。

と言った感じです。
これらの内容をしつこいほどに、患者さんに繰り返しお伝えすることが、すごく大事です。

患者さんが、これまで通りのライフスタイルのままでしたら、100%再発してしまいます。

手荒れの原因を、患者さんにもよく理解して頂いた上で、心から自衛して頂ければ、これからは絶対大丈夫だと、僕自身そんな風に確信しております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。