スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。背中と前胸部のマラセチア毛包炎+毛孔性苔癬 ロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服+抗真菌剤の外用 10代後半男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、背中と前胸部の広範囲に見られたマラセチア毛包炎+毛孔性苔癬の患者さんについて、症例写真をご覧に入れたいと思います。

患者さんは、10歳代後半の男性の方で、ロアキュテインの内服を中心に治療計画を立てました。

患者さんご自身は、これまでケミカルピーリングや抗生剤の内服と外用、漢方薬の内服等いろいろな治療を試されたご様子でした。
ある程度は改善するものの、全体としてスッキリしないので、もっと根本的な治療を求めて当院に来たと仰っておられました。

 治療前  2014年6月21日



                                   


 治療後 2015年11月18日

DSCN5258-aft1.jpg




 治療前  2014年6月21日

IMG_8750-bef2.jpg

                                     


 治療後 2015年11月18日

DSCN5261-aft2.jpg

当院での治療期間は、一年半とやや長期間となりました、ここまで改善させることができました。

当院の行った治療は、次の通りです。

①ロアキュテイン(イソトレチノイン)の内服
②抗真菌剤の外用
③尿素剤の外用
④活性型ビタミンD3製剤の外用
⑤その他
です。

特記すべき事柄としましては、イソトレチノインの内服はマラセチア毛包炎にも効果があるという事と、毛孔性苔癬にも効果があるという事です。

毛孔性苔癬の治療は、まだまだ完璧に治すことは難しいのですが、従来の尿素材の外用に加えて
①活性型ビタミンD3製剤の外用
②イソトレイノインの内服
③ダイヤモンド:トーン(物理的ピーリング)
④ロングパルス・アレックス・レーザー
→角栓物質の除去と毛穴の脱毛効果
と言った各治療を丹念に組みわせることで、80%程度の改善効果が得られることが分かっております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。