FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。育毛治療×1年 50歳代後半の男性 フィナステリドの内服+ミノキシジルの内服・外用+亜鉛酵母+その他 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、育毛治療について症例写真をご覧に入れたいと思います。

写真は、50歳代後半の男性の患者さんで、丁度一年間の育毛治療を行いました。

この方に行った育毛治療は次の通りです。
①フィナステリドの内服
②ミノキシジルの内服
③ミノキシジルの外用
④亜鉛酵母の内服
⑤その他
⑥その他

治療前の状態で言いますと、男性型脱毛症に特徴的な前頭部と頭頂部に軟毛化が認められます。
周りの毛に比べて薄毛が目立ち、同時に地肌が透けて見える状態になっています。

 治療前 2014年6月17日

DSCN6121-blg1.jpg

                         

 治療後  2015年6月17日

DSCN2564-blg2.jpg

二枚目の写真が、治療後一年経過した時点での写真となります。

いつもの通り、改善ポイントを挙げたいと思います。
①前頭部の軟毛化が改善し、前髪が優位に増えています。
→その結果、前頭部の地肌がほとんど見えなくなっています。

②頭頂部のつむじ周りの軟毛化も改善し、つむじが小さくなっています。

③治療前の毛流が乱れていたのが、治療後は毛流が一定方向に整う形となっています。
→これは、治療により毛皮質を含めた毛幹が太く充実したと同時に、毛の最外層を覆っている毛小皮(キューティクル)が充実した結果、毛流が整いやすくなった結果だと考えております。

④全体的に年齢相応だった毛量が復活したことで、頭髪だけを見ましてもずいぶん若々しい印象を受けるようになりました。

と言った感じでしょうか?

もともと、猫毛の髪質の方で治療がやや難しいかなと思われた患者さんでしたが、一年と言う比較的短期間でここまで回復できましたことは、非常に喜ばしい限りです。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。