スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。太田母斑(顔の青あざ)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×2回 30歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、太田母斑(顔の青あざ)のレーザー治療について、症例写真をご覧に入れたいと思います。
患者さんは、30歳代後半の女性の方です。

Qスイッチ・ルビーレーザーの治療を、一年間の内に2回受けて頂きました。
治療自体は、途中段階でこれで済んだわけでは無いのですが、レーザーを当てるたびに徐々に薄くなっていく経過写真をご覧頂きたいと思い、今回掲載させて頂きました。

2回のレーザー治療で、色素は50~60%減少しているかと思います。

太田母斑のレーザー治療は、通常3か月間隔で受けて頂いております。

完治するまでのレーザーの必要回数ですが、
①色調が薄い方で→2~3回程度、
②色調が濃い方で→6~8回程度、
③中間程度の濃さの方で→4~5回程度
必要となります。

この方の場合、中間程度の濃さと言えますので、合計4~5回程度の必要回数という事になります。
→実際は、治療間隔を長めに取って頂いているので、あと1回くらいで大丈夫そうではあります。

 治療前  2014年11月7日



                              

 治療後  2015年11月18日
 
IMG_1327-blg2.jpg

ところで、レーザー治療途中は、病変部に一致して炎症後の色素沈着が生じることを多く経験します。
レーザー照射を行った部分全体にモヤがかかったように茶色味がかったり、病変を取り巻くように濃いしみが生じたりすることが比較的多く認められます。

そういった場合には、炎症後の色素沈着を引かせるために、患者さんには内服剤や外用剤を使用するようにお勧めしております。

炎症後色素沈着が強く生じている場合には、2回目以降のレーザー治療を受けて頂く際に、非常に大きな障害となってしまいます。
不要なシミ部分のメラニンにレーザー光線が大部分吸収されてしまい、肝心の病変のメラニンに到達するレーザー光が減弱してしまいます。

一言で言いますと、やけどの危険性が高まり、治療効果が悪くなってしまうという事になります。

ですから、レーザー治療前後とレーザー治療期間中は、特に紫外線対策を厳重に行って頂く必要がございます。

この方の2枚目の写真にも、一過性の炎症後色素沈着(PIH)がうっすらと認められています。
このPIHは、レーザー治療を行っていく上で、大変重要な問題となりますので、患者さんにもその都度、紫外線対策とシミ対策の内服剤と外用剤の併用をお願いすることにしております。

今後、この方の経過写真を随時アップしていく予定ですので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。