FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。角質増殖型足白癬(重度水虫) 石鹸水による洗浄・外用薬(内服無し)・コーンスライサーによる剥削 70歳代の男性患者さん 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、普段のレーザー治療では無く、趣を少し変えまして、足白癬(重度水虫)の治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、70歳代の男性の方で、角質増殖型の非常に重症感が漂う水虫が、両足の足底全体を覆っているような状態でした。

一方、これまでの治療で、ラミシールやイトリゾールの内服で肝機能異常を来された既往がありました。

当院が行える治療は、次の3つでした。
①肥厚した角質部分をコーンスライサーにて、1週~2週に一度のペースで削り取る処置をする。
②複数の抗真菌剤の外用剤を使用し、毎日朝夕の2回、念入りに患部に擦り込む処置を行う。
③毎日の入浴時に、洗面器に石鹸水を溜めて5分程度足をつけながらまったりとガーゼにて、こすり洗いを励行して頂く。

コーンスライサーで、角質部分を削る際は、点状出血がそこかしこに起こって、足全体が血まみれになることもしばしばでした。

 治療前   2014年12月9日



                                 

 治療後  2016年1月8日

DSCN6039-blg2.jpg

こういった、処置を1年と1か月に渡り、継続した結果、2枚目の写真にまで回復させることができました。

他院で治らないと言われ続けて来た患者さんでしたので、何とか完治させることが出来まして、患者さんともども僕も感無量と言った心持ちです。

患者さんは、お一人お一人にいろいろなご事情が背景におありです。
限られた治療法しかない場合でも、臨機応変にできる限りのことを行っていると、いつか日の目を見ると言いますか、改善させることができるのだなと、改めてそんな風に思っています。

逆に、毎回、痛い思いをしてまで一年以上もの長い期間、通い続けて頂いた患者さんの熱意と忍耐力に敬服せざるを得ません!

何事も、諦めたら駄目ですね!

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。