スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。黒あざ(色素性母斑)のレーザー治療 (CO2レーザー+ノーマル・ルビーレーザー同日施行)×1回 10歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、黒あざ(色素性母斑)のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、10歳代後半の女性の方で、鼻背部に直径2cm大の黒あざが認められました。
メスで切り取る手術を行った場合には、手術後の傷痕がかなり目立つ部位ですので、患者さんには迷わずレーザー治療をお勧めしました。

使用した機械は、炭酸ガス・レーザーと短発振のルビー・レーザーの2機種です。

治療の手順ですが、注射による部分麻酔を行った後、まず炭酸ガス・レーザーで病変の盛り上がった部分を削って行きました。
黒味がある程度減った所で、次にルビー・レーザーを念入りにかけました。
この際、母斑細胞の塊りから血がうっすらと滲んできます。
血がにじんできても、ガーゼで血液を吸い取りながらさらにルビー・レーザーをしつこくかけます。

そもそも、このレーザー治療の目的は、母斑細胞と言う色素を多量に持ったあざの塊りを微細な瘢痕組織に置き換えることです。
正常皮膚に置き換えることは、原理上不可能なんですが、微細な瘢痕組織ですと正常皮膚と見間違うほど綺麗な仕上がりになるんですね。そこが、ねらい目です。

2枚目の写真を見ますと、赤味が若干残っていますが、時間の経過とともにもっと収まってくるはずです。

光の加減で凹んだように見えてますが、実際はほぼ平らに仕上げることができました!
 
 治療前  2015年7月15日



                        
 
 治療後  2016年6月18日

IMG_4571-blg2.jpg


黒あざのレーザー治療は、行っている施設はまだまだ少ないかと思いますが、有力な選択肢のひとつではないかと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。