スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。 赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療 左前腕部 Vbeam×2回 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
左の肘から手首にかけて、生まれつき赤あざが認められました。

単純性血管腫は、Vビーム(ロングパルス・ダイ・レーザー)が良く効きます。

この方には、エムラクリームという塗るタイプの麻酔クリームをレーザー前に1時間塗らせて頂きました。
エムラクリームをたっぷり病変部に盛り付ける形で多めに塗って、さらにサランラップをかけて密封させますと、
一時間の内に、麻酔薬が皮膚内に効果的に浸透していきます。

麻酔効果が高いと、レーザー治療の痛みが格段に楽になりますので、この前処置は非常に大切です。

麻酔効果が十分出ている状態で、いよいよVビーム・レーザーの照射となります。

 治療前  2015年2月2日



                       

 治療後  2015年8月21日

DSCN3729-blg2.jpg

2枚目の写真が、Vビーム・レーザーの照射を2回行ったあと3ヶ月後の写真です。

血管腫の赤みが8~9割程度取れているかと思います。

今後、この方の経過写真を順次ブログにアップしていきたいと考えております。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。