FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。しみの光治療(フォトフェイシャルM22)×9回 50歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、しみの光治療について触れてみたいと思います。

患者さんは、いわゆるエイジング・スキンの状態でした。
長年の紫外線を受けられた影響で、両ほほ全体に色素沈着が大小様々にまた、色調の濃いもの薄いものがぱらぱらと認められます。

こう言った病変には、フォトフェイシャルが非常に効果的です。
月に一回のペースで合計9回受けて頂きました。

治療後の写真が、2枚目と4枚目の写真です。

 治療前  2013年9月25日 



                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2104-blg4.jpg





 治療前  2013年9月25日

IMG_5155-blg1.jpg

                           

 治療後  2016年1月23日

IMG_2102-blg2.jpg

いつものように改善ポイントを列挙してみたいと思います。

①両ほほにパラパラと認められたそばかす様のしみが消えたり薄くなったりしています。
②肌全体のトーンが明るく改善しています。
③ほほ骨辺りのハリが出て、小じわが改善しています。
④両ほほにあったうっすらとした肝斑が薄くなって、ほとんど分からなくなっています。
⑤毛穴が小さくなり、肌のキメが細かく改善しています。
→患者さんには、お化粧のノリが大変良くなりましたと、仰って頂けました。

と、言った感じでしょうか?

フォトフェイシャルは、一言で言いますと「素肌美人」を目指す治療です。
ファンデーション等のお化粧をせずとも、素肌で通用するお肌に改善させることが可能です。

治療が進みますと、口紅やアイライン等のポイントメイクだけで大丈夫になります。

治療後のケアが特に必要ない点もうれしいポイントです。
お仕事の合間に受けて頂けますし、かさぶた等もできません。

月に一回の施術で、知らず知らずのうちにしみが取れたり薄くなったりして行きます。
1クールが5回のコースとなります。

気に入っていただいた方は、この写真の方のように2クール、3クールと受けて頂く方も多くいらっしゃいます。

院長の僕も合計10回くらい受けています。
スタッフも大好きな治療ですので、皆が受けたいと言います。

その意味で、当院のフォトフェイシャルは「みんなのフォトフェイシャル」という位置付けになっています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。