スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。 tattooのレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー×6回 20歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、刺青のレーザー治療について触れてみたいと思います。
患者さんは、20歳代後半の女性の方で、左の肩甲骨の場所に比較的濃い刺青がありました。

1~2ヶ月間隔で、Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いまして、合計6回終了時点での状態が二枚目の写真となります。
色素沈着が病変部周囲に見られますが、これは最終的に消えて無くなるものですから、心配には及びません。

点状のとれ残りが一部にまだ残っていますので、今後は、この部分のみの治療となります。 

 治療前  2010年4月6日



                           

 治療経過  2016年5月10日

IMG_3927-blg2.jpg

比較的濃い色調の刺青だったのですが、一回ごとにレーザーを念入りに重ね打ち(2~3パス)しましたので、6回の治療でここまで薄くすることができました。

レーザーを一通り当てることを1パスといいます。
同じ日に、同じ面を2回当てることを2パスといいます。

1パス後は、ホワイトニングという表皮が白く浮き上がる現象が見られますので、少し時間を置いてホワイトニングがある程度収まってから2パス目の照射となります。

2パス目は、1パス目よりさらに強いパワーで無いと色素まで届きませんから、必然的にパワーを上げての照射となります。
パワーを上げますと、スポットサイズが小さくなりますので、治療する側としましてはたくさんのショット数を当てる必要が出てきます。
2パスが終了した時点で、ホワイトニングを起こした表皮の間から黒い色素が顔を出している部分がありましたら、その黒い部分にさらに3パス目をもっと強いパワーで照射します。

麻酔の注射を行ってからのレーザー治療となるのですが、麻酔の注射が結構痛みを伴いますから、麻酔効果が効いている間に出来るだけ治療効果を上げるために、レーザーを当てられるだけ、たくさんハイパワーで高密度に当てるように心掛けております。

その甲斐もあって、濃い刺青でも、以前より少ない治療回数でどんどん薄く出来るようになって来ています。

もちろん、同一箇所にあまり熱量を加えすぎますと、瘢痕化が生じて色抜けや傷跡の原因となりますので、一定の安全領域の範囲内で治療を行うことが大切です。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。