FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。下口唇部にできた静脈湖に対するレーザー治療 Vbeam×1回 60歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、くちびるにできやすい静脈湖という血管腫について触れてみたいと思います。

患者さんは、60歳代前半の女性の方です。
下口唇部の真ん中辺りに直径1cmを超える大きなできものが認められます。

病態は血管腫で、病名は「静脈湖」というちょっと素敵な名前が付いています。
英語表記は、「venous lake」と言います。

治療としましては、従来、
①電気メスで焼灼したり、
②メスで切り取る手術を行ったり、
③炭酸ガス・レーザーで蒸散させたり
というような方法が取られることが多かったのですが、

最近では、赤あざ治療器の「Vbeam」を使用されることも多くなって来ているようです。

この方の場合、麻酔の注射を皮下に行った後、Vbeamレーザーを用いて念入りに照射しましたところ、
一回の治療でほぼ消えて無くなりました。

治療後11日目の状態が、2枚目の写真です。

 治療前  2013年1月30日



                              

 治療後  2013年2月10日

IMG_2523-blg2.jpg

レーザー治療後、たった10日あまりでこれほど綺麗に消えたことは、僕に取りましても衝撃的でございます!

病変の大きさが、直径1cm以上もある大層大きなものでしたか・・・。
レーザー治療が2~3回くらいは、必要だと、当初、見積もっておりました。

1回のレーザーで治療が完了してしまい、自分でもちょっとびっくりしております。

照射条件は、次のとおりです。
スポットサイズ:φ7mm
パルス幅:10ミリ秒
出力:15J/㎝2
DCD:30ミリ秒/20ミリ秒
ショット数:7ショット

いやはや、「Vbeam」の切れ味は最高ですね!

正常組織に対する熱損傷は、最小限で済んでいる模様です。
レーザー後、11日目で大きな病変が自然吸収されています。

治療後の表皮は、口紅を塗っていただいても大丈夫なほど回復していますから!
思わず、「拍手」ボタンを押したくなりますよね!

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。