FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。扁平母斑(茶色アザ)のレーザー治療 Qスイッチ・ルビーレーザー治療×3回 20歳代前半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、扁平母斑(茶色アザ)のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20歳代前半の女性の方で、左下まぶたから左頬正面にかけてソバカス状の色素沈着が散在して認められます。
この色素沈着は、生まれつきあったご様子で、徐々に目立つ様になって来たと仰っておられました。
 
生まれつきの茶色アザは、扁平母斑もしくは太田母斑が考えられます。
この方は、扁平母斑を疑いましたが、正確には皮膚生検を行った上での判断となります。

局所麻酔の注射をアザの部分の皮下に打った後、Qスイッチ・ルビーレーザーの照射を行いました。
3~9ヶ月おきに、合計3回のレーザー治療を行いました。

治療後半年経過した状態が、2枚目の写真となります。

★ 治療前  2014年6月20日



                                 

☆ 治療後  2016年3月22日

IMG_3131-blg2.jpg

色素の再発は、ほとんど認められておりません。
今後、部分的な再発は可能性としてありますが、その時は、再発した部分のみに対して、追加のレーザー照射を行う予定です。

レーザー後の注意点としましては、とにかく遮光して頂く事がすごく大事だと思っています。
今は、ヘリオケアと言う名前の飲む日焼け止めがありますので、塗るタイプの日焼け止めに追加する形でご使用して頂くようご案内しております。

扁平母斑のレーザー治療につきましては、レーザー治療後の再発が必ずと言って良いほど起こって参りますので、
形成外科や皮膚科の他の先生方の中には、レーザー治療をしないほうが良いと患者さんに宣言される方がおられます。

でも、治療方法が無いとなると患者さんは、すごく落胆されますので、当院では、完全に消すことは難しいかもしれませんが、
レーザー治療を根気良く受けて頂ければ、受けただけの効果はありますよと、勇気付けることにしております。

ただし、レーザーを当てっぱなしにすることは良くなくて、遮光の問題やメラニン活性を抑える内服剤や外用剤の併用にも力を入れております。

この方の場合も、レーザー治療+厳重な遮光+内服剤+外用剤を併用して頂くことで、何とかここまで改善することができました。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。