FC2ブログ

ワキガ・多汗症治療について ~ミラドライ・アンケート調査結果を踏まえて~ 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、ミラドライのアンケート調査からワキガと多汗症の治療について考察してみたいと思います。

★ 23歳 女性 ミラドライ:術後2週間




★ 43歳 女性  ミラドライ:術後1ヶ月

SKM_C36817081218150_0002.jpg


★ 23歳 女性 ミラドライ:術後2週間

SKM_C36817081218150_0003.jpg


★ 18歳 女性  ミラドライ:術後2週間

SKM_C36817081218150_0004.jpg

当院が、ミラドライを使ってワキガと多汗症の治療を始めまして、丁度5年が経過しました。

その間、沢山の患者さんに受けていただきましたが、治療成績は年々良くなっているように感じております。
学会に参加したり、他の施設の先生の発表を拝聴したりしながら、施術効果をアップさせる工夫を絶えず取り入れて来ました。

その一端を挙げてみますと、

①施術前の麻酔注射の深さ調節を一定に行うようにしました。
→浅すぎず・深すぎず、アポクリン腺とエクリン腺が分布する層に集中的に麻酔薬の注入を行うように改善しました。

②麻酔の注射量を片ワキあたりをやや多目の80~100ml使用することにしました。
→安全性が高まると同時に、熱量を目的のエリアに集中的に届ける事ができるようになり治療効果がアップしました。

③施術範囲を腋毛の生えている範囲より少し広めにするようにしました。
→広範囲にミラドライを照射することで、汗の量も臭いの量もさらに減少したように思います。

④照射範囲の中央部分が最もアポクリン腺が多い部位ですので、ミラドライの照射量を2倍に増大させました。
→一番ターゲットが多く集まっている部分を念入りに照射することで、汗の量も臭いの量も優位に減少しました。

⑤仰向けに寝た場合、胸側に近いエリアは上腕神経の走行が皮下の浅い部位にあるため、この部分に関しては出力を落として
慎重に照射しなければなりませんが、安全な部位には最大パワーで照射することに致しました。
→熱量をターゲットに大量に送り込むことで、やはり治療効果が格段に良くなる事が実感されています。

といった感じです。

ところが、ミラドライを導入して以降、この5年間の間、ミラドライ一辺倒になっていたわけでは無いんですね。

患者さんは、どの治療を受けるにしろ結果が伴えば何だっていいはずです。

当院では、汗を抑えるプロバンサイン(抗コリン剤といいます。)という内服薬をお出しすることもしております。
漢方薬では、防己黄ぎ湯というお薬も汗を抑える効果があります。

外用剤としては、塩化アルミニウム塩というものがありまして、これは、制汗剤として非常に有名です。

それ以外にも、体臭を抑えるための日常生活上の注意点も点検させていただいております。

ギトギト脂の食事をあまり頻繁に摂らないようにして頂いたり、にんにくや唐辛子といった臭いが強かったり刺激が強い食べ物も
ほどほどにして下さいね、とお願いしております。

食べ物以外にも、ストレスや睡眠不足、入浴や歯磨きのケア、肌着や衣類のケア、靴下や靴のケア、足のケア、髪の毛のケアも大事です。

治療法、日常生活上の注意点は、まだまだありますが、要は、ミラドライが一番良い治療法で、それしかないということでは決して無いんですね。

やるべきことは沢山あります。

これまで、ミラドライのメリットは、メディアやホームページでさんざん謳われて来ていると思います。
これからは、機械ありきの治療の提案ではなく、患者さん本位の提案をもっともっとしていかないといけないと痛感しています。

先にも述べた通り、患者さんは臭いと汗が減るなら治療法は何だって良いのだと思います。

これからも、あらゆる治療方法を網羅的に見渡して、患者さんの希望される優先順位を良くお聞きしながら、最善の治療手段を患者さんと一緒に選んで行ければいいな、と思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR