スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症例写真です。重症ニキビ(膿疱性ざそう)の治療 ロアキュテインの内服×3ヶ月 20才代後半の男性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

今回は、治療が難しい膿疱性のニキビ治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、20才代後半の男性の方です。
これまで、抗生剤の内服・外用治療・漢方治療・ケミカルピーリング・レーザー治療等ありとあらゆる治療を受けて来られた方です。

抗生剤の内服中は、少し改善効果があったのですが、止めるとすぐ大きな膿疱が再発してくると訴えておられました。

そこで、当院では、イソトレチノイン(ビタミンA誘導体:商品名 ロアキュテイン)の内服をすぐに開始致しました。

★ 治療前  2015年7月10日




                              

☆ 治療後  2015年9月30日

IMG_0659-blg2.jpg


★ 治療前  2015年7月10日

IMG_4537-blg3.jpg


                              

☆ 治療後  2015年9月30日

IMG_0657-blg4.jpg

治療3ヵ月後の状態が、2枚目と4枚目の写真となります。

膿疱型のニキビが、なりを潜めているかと思います。
同時に、ニキビ跡の凹凸も改善しキメ(肌理)が改善しています。

こう言ったにきびの重症の方には、ビタミンA誘導体の内服が著効します。
作用機序は、皮脂腺に働きかけて皮脂腺を萎縮させる作用があります。
その結果、皮脂の分泌量が10分の1~2程度まで減少し、過剰皮脂による毛穴の閉塞が改善されます。

ニキビ治療につきましては、この数年の間に沢山の外用剤が発売されています。
一例を挙げますと、
①酸素を吐き出し、嫌気性菌に効果が高い過酸化ベンゾイル(商品名:ベピオゲル)
②ベピオゲルと抗生剤のダラシンゲルを混合したデュアックゲル
③アダパレンというビタミンA誘導体様物質配合のディフェリンゲル
④ディフェリンゲルとベピオゲルを配合したエピデュオゲル
等が立て続けに発売となっています。

当院でも、時々こう言った薬剤を処方することがありますが、肌の傷んだ方にはどうしても積極的に使用する気になれないでいます・・・。

重症にきびの方に対しても、これらの薬剤で治し切るのは非常に困難だと考えております。

重症にきびに対する、ロアキュテインの位置づけは、さしずめ伝家の宝刀だと思っています。

肝機能異常や胎児に対する催奇形性の問題をクリアすれば、使用に際して不必要に恐がる薬ではないと思っています。

一方、軽症のニキビの方には処方すべきでもないと思っています。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ふくずみ形成外科・院長

Author:ふくずみ形成外科・院長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。